December 07, 2017

棚卸 Inventory

本日は棚卸の為 両店舗ともに休業とさせて頂きました。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

全社員で朝から行った棚卸は夜までかかりましたが、無事終えることが出来ました。


単なる数量チェック 在庫確認にあらず、品質・劣化確認等も同時行いました。

今回は中古品の管理も特に重点的に行いより正確な棚が把握できるように努めました。


2017-12-07-17-57-40


2ND レンジローバー ファブリックシート 1台分

なぜこんなものが出て来たのかなぁ笑

そんな中、デットストックなども多く見つかり

早速アウトレット市場に出品するものも多く見つかりました。

2017-12-07-12-38-55


ディフェンダーの純正シート(運転席・助手席・3rdシート)も在庫多数有り。

アウトレットコーナーに出品していきますのでお問い合わせください。


   
Posted by peach512 at 23:30Info&News 

December 06, 2017

The Bounen-kai

今年も恒例の東北巡業に行ってまいりました。

温泉街で行う1泊の忘年会なんて、今となってはここでしか味合うことができません。

弊社では毎年選抜メンバーで弾丸ツアーを組んでいますが、

今年は初参加1名を含む4名にて参加させていただきました。

場所はやはりここが最高 佐勘 というところです。(出禁かと思っていました笑)


 メインの一次会

カラオケの二次会

 部屋での三次会

これが基本のスケジュールですね、3次会のお開きがAM3時〜4時 といったところでしょうか。


2017-12-05-20-03-55

参加させていただいてから、毎回乾杯の音頭をご指名を賜っておりますが、

毎年これが最後と思っていますが(笑)今年もかんぱーいってさせて頂きました。


2017-12-05-19-28-41

やっぱり王道の忘年会はこれですね。 

温泉入って浴衣でいただく地元の名産と旬な食べ物 和食の極みです。

  The Bounen-kai  

2017-12-05-20-03-51


今年の苦労や嫌なことも忘れて楽しいひと時を過ごすことができました。

ありがとうございました。



弊社からは4名で参戦  3勝1敗で勝ち越すことが出来ました(笑)





   
Posted by peach512 at 15:12Free& 

December 03, 2017

年末年始の案内


すでにHP上ではご案内させていただいておりますが、

RANGERSの年末年始休業をおしらせします。

年内は29日(金)までの営業となります。


すでに年内の車検・点検等は締め切りをさせていただいておりますが、

ご相談、年明けのご予約等はサービスフロント(04−2937−1234)までお電話ください。

営業部(目黒店)での予約ご相談は行なっておりませんのでご注意ください。


年明けは1月は6日(土)までのお休みとなりますので、

年明けのスタートは7日(日)からとなります。

翌日月曜日は本来は定休日ですが、8日(月)成人の日は両店舗ともに営業となります。


年末年始休業

2017年12月30日(土)〜 2018年1月6日(土)   8日間  






営業日カレンダー
2017年12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
2018年1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3


  
Posted by peach512 at 19:15Info&News 

November 19, 2017

トランスファ ビスカス

トランスファビスカス

 レンジローバークラシックにおいて交換が必要になってきている

 個体が年間数台発生しております。

 原因は劣化と言えばそれまでですが、やはりオイル管理と

 使用頻度ではないでしょうか?

IMG_4073



 数年前から部品が供給終了というかなかなか手に入らない部品になってしまっている。

 いくら仕入れでもなくなるというシロモノ。

 当面中古部品等で凌いでいたわけだけど、ようやくここにきてリビルト対応ができるように

 なりました。 

 クラシックレンジローバーオーナーの皆様 ご安心ください!

 とは言え、高額な部品になります。

 このビスカスが壊れているまま使用していると、やがてトランスファやデフなどに、
 
 負荷がかかっていき、やがては壊れていきますので

 特に低速で操舵時の違和感を感じた場合は早めにご相談ください。


 

  
Posted by peach512 at 13:01CRR 

November 18, 2017

便利な時代

IMG_4185

話題のハンバーガー SHAKE SHACKを会社にいながらにして食す。

にくにくしい肉食バーガー。 チーズもこってり。

IMG_4184

便利な時代と言うべきか、私は悩んでしまう。

自分で並ばなくとも、並んでもらってデリバリーをしてもらう。

30分並んで並んで買うかと言われれば、並ばないし並べないけど、

一度は食べてみたいと思う。

IMG_4186


友人が勤務している会社がこのようなサービスを提供している。

お試しクーポンをもらったので試したみたけど

ほんとに便利になった、なり過ぎた。


クルマも同じかな、便利になり過ぎた感があることに、

昭和の時代から運転している身にとってはちょっとした違和感。

IMG_4187

  
Posted by peach512 at 16:08Free& 

November 16, 2017

第8回ゴルフコンペ RANGERS CLASSIC

今年もやってきましたゴルフコンペ。

第8回レンジャースクラシック  日本カントリークラブ 2018年11月16日(木)

IMG_4136




今年は地元埼玉での開催です。

参考


第一回  彩の森カントリークラブ    埼玉県  関越   2010年11月23日(火)勤労感謝の日

第二回  玉川カントリークラブ     埼玉県  関越   2011年11月3日(木) 文化の日

第三回  東富士カントリークラブ    静岡県  東名   2012年10月8日(月)体育の日

第四回  新武蔵丘カントリークラブ   埼玉県  圏央   2013年10月23日(水)
 
第五回  玉川カントリークラブ     埼玉県  関越   2014年11月8日(土)
 
第六回  飯能くすのきカントリークラブ 埼玉県  圏央   2015年11月18日(水)

第7回  ムーンレイク ゴルフクラブ  千葉県  圏央道   2016年11月5日(土)   







圧倒的にクラシックレンジローバーオーナーが多いのも特徴ですね。

詳細はまたご報告いたしますが、ご参加いただきました皆様

本当にありがとうございました。

連続参加の方、今年初参加の方、皆勤賞の方、

お忙しい中ほんとうにありがとうございました。


608



605

763

771


606

776


それではまた報告します。

613

  
Posted by peach512 at 22:30Info&News | イベント

第8回ゴルフコンペ RANGERS CLASSIC


762
645
647
648

642


757

759



761


649
650
651
652
654
656
658
661
662
663
664
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
693
695
696
699
701
703
704
706
708
709
710
711
712
713
715
716
718
719
720
722
723
724
726
727
741
742
749
750



  
Posted by peach512 at 22:00Info&News | イベント

第8回ゴルフコンペ RANGERS CLASSIC

皆様 ラウンド前の練習に余念がありません。

614

617
618
619

621

622
625
627
628
630
631
632
633


636


さ ぼちぼちスタートとなります。

続く。


  
Posted by peach512 at 20:03Info&News | イベント

November 15, 2017

センターコンソールリッド レザー

ディフェンダー インテリアのレザー加工はチープなインテリアのイメージを

ガラッと変えてくれるパワーをもっている。


IMG_4173


ディフェンダー ATモデルへ換装した大き目のセンターコンソールにつく

ボックスの蓋である。  たいした収納力はないが、アームレスト代わりの蓋は

厚みがあるけど、安いプラスチック製なのでチープ感は否めない。

ここでお客様のご依頼で革を貼ってみました。

IMG_4170


ブラックレザーにブラックステッチなので派手さは無いけど、

落ち着くほど馴染みます。

IMG_4160

IMG_4161


ちょっとかたちが湾曲している蓋なのですが、綺麗にレザー加工できます。

よくわからない形状の取っ手(ノブ)部分はあえてレザーを回避しております。

これで多少柔らかさもでて、しっくりハーフレザーシートにも馴染みます。

作業工期をいただきますので、蓋だけ持ちこもれてもいいし、

車検などの整備期間中のご依頼でも対応できるかもしれません。

もちろん、レザーやステッチのカラーは50色カラーからビスポーク可能です。



  
Posted by peach512 at 16:56DEFENEDR | Bespoke

November 07, 2017

エンジンECU 

今年もあと2ヶ月を切ってきました。

月並みですが、時間の経過はまさしく音速のようなスピードで過ぎ去っていきます。

つい先日のことが、もう何年前ってことがよくあります。

今年の春先のことが数年前に感じたり、数年前のことが数ヶ月前だったりと

頭なの中がやばいです。

毎月車検整備や修理依頼いただきサービス工場でのミーティングを行うと、

さまざまな点検のご依頼や故障不具合などを聞くわけですが、

以前にもあったね、という案件がほとんどですが、その以前の記憶がなかなか出てきません。

しっかり、トラブルシュートの結果をまとめておかないと、成長はありませんね。

IMG_3986

今回は原因不明のエンジンのかかりの悪さ、かかってしまえば調子がいいエンジンも、

エンジン始動がいつも悪い。

かかってしまえば問題ないのもあるので、修理もついつい延びてしまったようだが、

点火系・燃料系・空気系・電気系も問題なし。

そうなると昔の引き出しから引っ張り出してきたのが、エンジンコンピューター。

さっそくECUを外して、別のテスト用のECUを装着して、症状を確かめてみると

まったくエンジンのかかるの悪さはなくなる。

元に戻すとかかりが悪い。

そうなるとECUが犯人となる、専門のコンピューター修理をする業者さんに修理依頼。

数日後、修理後のECUが届き装着。

1週間程度何度も何度もかかりのテストを行うが、症状は出ない。

これで一旦納車してお客様に様子をみてもらうことになりました。

こんなことをしても、乗り続けていくのがクラシックなんです。

  
Posted by peach512 at 14:18CRR | サービス一般

November 03, 2017

クラシックス 




先日発売したクラシックス

弊社からは2台のクラシックレンジローバーを掲載させていただきました。

写真が綺麗なのでぜひ保存版としてもお勧めです。

  • ムック: 103ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2017/10/31)
  • 言語: 日本語

Vintage Car Buyers Guide CLASSIX (ヴィンテージカー・バイヤーズガイド・クラシックス)はスペシャルショップにおける販売車両だけを取り上げたバイヤーズガイドです。

スタジオで撮影したかのような美しい画像と、モデル概要、個体概要の記述を掲載し、さらに日本国内だけに留まらず、世界の皆さんに楽しんで頂けるように、日本語に加え、英語での2言語表記としています。

世界的にも貴重になりつつあるヴィンテージカーの世界をどうぞご堪能ください。

なお、本書には豪華オールカラー28ページの2018年度版カレンダーが綴込み付録となっています。


【掲載車両】
1971 Porsche 911E Targa|ポルシェ・911Eタルガ
1965 Jaguar E-Type Series1|ジャガー・Eタイプ・シリーズ1
1986 Ferrari 328 GTB|フェラーリ・328GTB
1967 Chevrolet Corvette Stingray Convertible|シボレー・コルベット・スティングレイ・コンバーチブル
1951 Volkswagen Type1 Split Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1961 Porsche 356 B Cabriolet|ポルシェ・356Bカブリオレ
1971 Mazda Cosmo Sports|マツダ・コスモスポーツ
1970 Mercedes-Benz 280SL|メルセデスベンツ・280SL
1964 BMW 3200CS|BMW・3200CS
1966 Toyota Sports 800|トヨタ・スポーツ800
1959 Volkswagen Karmann Ghia|フォルクスワーゲン・カルマンギア
1973 Porsche 911S|ポルシェ・911S
1954 Volkswagen Type1 Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1994 Land Rover Range Rover Vanden Plas|ランドローバー・レンジローバー・バンデンプラ
1967 Mercedes-Benz 250SEC|メルセデスベンツ・250SEC
1994 Jaguar XJS V12|ジャガーXJS V12
1972 Porsche 911T Targa|ポルシェ・911Tタルガ
1969 Citroen DS 21|シトロエン・DS21
1958 Volkswagen Type1 Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1962 Jaguar E-Type Series1|ジャガー・Eタイプ・シリーズ1
1991 Land Rover Range Rover Bespoke A|ランドローバー・レンジローバー
1986 Citroen CX25 GTi|シトロエン・CX25・GTi

IMG_3781

IMG_3784




  
Posted by peach512 at 15:00CRR | Info&News

November 01, 2017

快適ディフェンダー装備

PB079354PB079355


アドベンチャー  フロントリクライニング加工。

フロント 運転席&助手席 共にリクライニング機構を装着しました。


PB079356


フロントシート 実はドライビング時の調整程度のリクライニングしかしません

ディフェンダーは。

ちょっと休みたいなぁ 休憩したいなぁと思っても

ディフェンダーはフロントシートがノーマルでは倒れません。

ここでリクライニング機構を追加したいという方も多くいらっしゃいます。


普通のクルマじゃないディフェンダーに普通のクルマのような装備を装着。




続いて2点目


PA319311



こちらはもディフェンダーの快適オプションであるオートクルーズを装着。

最近こちらのオートクルーズ装着増えています。

もちろん、アダプティブではありませんが(笑)

いいんです ちゃんと前向いてハンドル握っていれば(笑)

人間の従来備わっている感覚をこれ以上殺ぐような無駄な便利機構はつけないでもらいない。

ただし、完全自動運転クルマができるまでは続くんだろうなぁ。


これも、普通のクルマじゃないディフェンダーに、普通のクルマのような装備装着。

高速走行多様の方にはたしかに便利ですね。



続いて3点目


2017-11-12-12-38-482017-11-12-12-38-56


こちらも画像は悪いが(撮影者 Mr森谷) 快適装備をディフェンダーに装着

オートライトシステム  

普通のクルマにはいまどき付いている装備を、普通のクルマじゃないディフェンダーに装着。




ひとりひとりのディフェンダー

みな自分の乗り易いように改善しています。

本来クルマってそんな乗り物(おもちゃ)だと思うんだけどなぁ


  
Posted by peach512 at 11:28DEFENEDR | BRL(オリジナル製品)

October 31, 2017

アルミグラブハンドル ディフェンダー


P9309074


ディフェンダーのナンバー灯のLED交換はバルブ交換ですませてましたが、

今一度光のあたりかたに不満があったので、

専用のナンバーブラケットごと交換します。

これも随分昔からある部品ですが、ずっと眠っていました(笑)


P9309075


TDCI PUMA ディフェンダーには取り付けには若干加工。


PA019076



PA019077


バルブより光の出方がきれいなことは間違いないです。

ついでに、眠っている部品を取りつけました。

PA019091


このアルミのハンドルはお勧めです。

ただし、全部交換となると110は6個  90は4個 使いますが・・・。

インテリアがなんか安っぽい チープと感じるのはプラスチック・樹脂パーツが多いためです。

ポイントでレザーやアルミ製品を使うことで、インテリアのイメージは

大きく変わります。


やはりインテリアは重要であり、カスタムの基本中の基本になりますね。

アルミ製グラブハンドルはこちら  ちなみにあまり目立たないブラックもあります。


  
Posted by peach512 at 12:33DEFENEDR | BRL(オリジナル製品)

October 30, 2017

オイル漏れ L322 3rdレンジローバー



PA089161


オイル管理が悪いと間違いなくオイル漏れが発生します。

オイル管理がよければさほど漏れることはないとわたしは確信しています。

こちらの3rdレンジローバー いわゆる前期モデルはオイル漏れが発覚。

アンダーカバーがついているので、地面にもたれないので気がつきませんでした。

PA089162
PA089163
PA089164
PA089165
PA089166
PA089167
PA089168


なかなかの漏れ具合

しかし、カバーのおかげでまったく気がつかず。

オイル交換時に発覚しました。

しかし、規定距離以上走りましたが、オイルランプは点灯せず、

オイルの消費もそれほどでもない。

PA089170


しかし、しばらくはオイルの漏れる量の点検と、ストップリーク(オイル漏れ止め剤)を

いれて様子を見ることにします。
PA089175

評判のオイルストップリーク

3000-4000K後のオイル交換で再点検します。


とにかく、内燃機関はオイル交換が重要なので、

面倒でも定期的にオイル交換はしてください。




  
Posted by peach512 at 12:21サービス一般 | L322

October 29, 2017

ヒーターディフレクター ディフェンダー

これから寒くなる季節 ディフェンダーに防寒対策をしました。

かなり以前から発売されていましたが、いろいろ試そうと言うことになった次第です。


東京で必要なのかと聞かれると、いささか疑問ですが、

どんなものかという興味範囲で取り付けた次第。

いらねーなとなるのか、極寒地方では必須になるのかわかりませんが。


PA019092

要は暖かい空気をそのまま足元にもっていこうっていうカバーです。

こういう細かいものを作るのが好きなショップがUKにはあるんですね。

PA019093


PA019089
PA019083
PA019082


複雑な形していますね、 よく造りました。

あっぱれです。

弊社では積極的に販売はしませんが、欲しい方がいれば担当者にご相談ください。

レギュラーメニューになるか否かは、効果次第です。


  
Posted by peach512 at 12:08DEFENEDR | BRL(オリジナル製品)

October 28, 2017

バラスト内蔵HIDバルブ

IMG_3695


バラスト内蔵型HIDバルブ (画像はH11)

メリットは、LEDバルブと同じような取り付けが出来ること。

つまりは簡単取付が可能という点

であれば、LEDバルブいいんじゃないのって話になるんだけど

LEDバルブに勝っている点として、圧倒的に明るいという点です。

H4バルブは以外の種類でラインナップですが、

この手のバルブはフォグなんかに使用されることが多いかと思いますが、

LEDにしても白味はでても、明るさという点では満足できないという点を

克服した商品ということで部品卸元から入荷しました。


IMG_3696


さっそく近々取り付けてみたいと思います。

これで圧倒的に明るければ採用しますし、そうでもなければ不採用となります。


  

October 27, 2017

フェールポンプ クラシックス

IMG_3607


クラシックレンジローバーに限らないけど、旧車といわれる類のクルマで

エンジンがかからないーいっていう原因の一定比率を誇るのが

この燃料ポンプ。

こいつには、今ままで何十回泣かされたことだろうか?

以前は交換サイクルだけを気にしていたが、どうもそうでないことが

多くの案件から発覚。

その中で、出来るだけ長期動かさないときは燃料を満タンにして、

いわゆる浸からせておくことが長期間持たせる秘訣ということも言っておりますが、


IMG_3608



今回はもう少し突っ込んで、原因から再分析を行った結果。

改良をすべきではないかと言う仮説をたてることにした。

まず、ポンプが動かなくなる原因のひとつ、いわゆるショートである。


IMG_3604


内部が焦げているのがわかりますね、 ちなみにこのポンプ

まだ交換して2年経過しておりません。

でも死にました・・・・・・。

IMG_3605
IMG_3606



ポンプ側の配線が焦げております、燃料メーター側の配線はなんともありません。

ここでわかるのは、熱を持ち過ぎてしまっているということ。

ここの配線やけに細いんですね。

ポンプからガソリン内の配線はぶっといんですが、

タンクからでてカプラーまでの配線がそれまでの配線と比べると細いんですね。

続きはまた明日。





  
Posted by peach512 at 19:42サービス一般 | CRR

October 25, 2017

日産ナバラ NAVARA 国内販売 NP300

トヨタのハイラックスの発売したところから一気にお問い合わせが増えた日産ナバラ NAVARA NP300

弊社にも連日のお問い合わせのトップはこの日産 ナバラ NP300 となっております。

ここにきてご成約も多くなってきました。




P1126403



このお問い合わせの中で多くのお客様から聞かれることで、

間違っていることがあります。


P1126444


それはこのクルマの仕様・生産国です。

弊社が輸入販売している日産 ナバラ NP300 はタイ生産 アジア向けのナバラではなく、

イギリスUKで販売しているスペイン産のモデルになります。

確かに、初めはタイで生産を開始し、輸出し始めたのは事実ですが、

このクルマはグローバルモデル 世界180ヶ国以上での販売を目的に生産されています。


どこで作っているか関係あるのか否か。

これは難しい質問と思いきや、けっこうかんたんに私はお答えします。

違いますね、やはり顧客が住んでいるところにはさまざまですが、

国民性によっても大きく変わります、求めてくるレベルも必然的に変わってくると思います。

そんなことを裏付ける記事を日産のグローバルHPでみつけました。

それは、バルセロナ工場でのナバラの生産を開始したときの日産のコメントです。

https://newsroom.nissan-europe.com/uk/en-gb/media/pressreleases/138381/all-new-nissan-navara-production-in-spain-heralds-new-era-for-pick-up-quality1

P1126460



_GP14274_R


The new NP300 Navara was engineered for Europe in Nissan’s Technical Centre (NTCE) in Barcelona, where the team developed the new 2.3 litre dCi engine and adapted noise and vibration, steering, suspension and brakes for European customers.

新しいNP300 Navaraはバルセロナの日産の技術的なセンター(NTCE)のヨーロッパのために設計されました、そこで、チームは新しい2.3リットルのdCiエンジンを開発して、雑音と振動、ステアリング、停止とブレーキをヨーロッパの顧客に適応させました。


自動車先進国と言えば言わずもがなヨーロッパです。

やはり欧州には欧州産でないと、細かいスペックに現れないチューニングなども施されていることは

いうまでもありません。

同じ排気量と同じ出力ですが、エンジンも欧州ナバラはツインターボです。

そしてアジアでは日本は欧州と型を並べる自動車先進国、

他のアジア地域とは国民性も違い、まぁクルマにはうるさい(肥えている)ユーザーだと思います。

だからタイ産ナバラの輸入を選択しないで、UKナバラの輸入と言うわけです。

まぁこのあたり能書きはまだ次回機会があれば。

timthumb


_GP14412_R
_GP14301_R


ぜひこちらこちらもご覧ください。

NAVARAチャンネル開設


https://www.youtube.com/channel/UC2YGJDxkKxQyL-IvUcdymUQ

https://www.facebook.com/nv400
  
Posted by peach512 at 16:11広告宣伝 | NP300 NAVARA

October 12, 2017

bespeak〜「何かについて語る」

IMG_2628


時間とお金がある人にはぜひお勧めしたいインテリアのビスポーク。

すべて手作業となるので、それなりの時間は要するが、一度行うと

愛着度ははんぱないカスタムのひとつ。


IMG_2629


こういう部分をやりだすと限度は無いけど、満足度は高い。

わずか数年で乗り換えるユーザーには向かないけど、長く乗られるオーナーは、

やはりインテリアを好みの仕様にしている方が多い。


IMG_2630


数千万円する超高級車には、この手の作業が熟練された職人によって施されているのだろう。

そういうクルマを買えば、たかしかに最高のインテリアに出えるが、やはり売っている状態なので

自分以外の人間もお金さえ払えばかんたんに手に入るインテリアになる。

やはりそうされていないクルマを自分の意思で施す醍醐味と言うのが、ポイントだと思う。

IMG_2632


弊社は旧いレンジローバーを扱っているか、当時のオリジナリティにはあまりこだわっていない。

そこは好みである。

なぜなら、弊社の販売車は日常使いを基本としているからである。

ガレージや展示の為に販売しているわけではないので、改善すべきところはどんどん改善していく、

最新のナビも装着するし、エクステリアカラーはもちろん、インテリアカラーやデザインまで

変えるケースがうちでは一般的。

オリジナルのままの車体は、メーカーの保管庫やショールームに飾られるべきであって

普段使いをメインとするには、そのこだわりは弊社は必要ないと判断しています。

IMG_2631


商売抜きで、いや商売に余裕があればこういうクルマも作っていきたいと思う。

そこを出来るか否かですね。


  
Posted by peach512 at 14:24Bespoke 

October 08, 2017

技術のクラシックレンジローバーパーツ

クラシックレンジローバーのエアコンに関する部品。

そのほとんど全てが供給終了となっている。

しかし、クルマはまだまだ存在し、乗り続けなければならない。

無い部品は作るしかない。

IMG_3383

IMG_3385

エアコンコンデンサー  コアはもとよりさまざまな箇所を修復して完成しております。

こちらの部品はRANGERSで販売する車両に使用いたします。

最近はコンデンサーの漏れなども多くなってきています。


IMG_3386

こちらは定番になりつつあるエバポレーター。

以前は英国内を探しまくっておりましたが、さすがに英国内にもないと言ってもいいでしょう。

ぜんぜん見つかりません。

IMG_3387

こちらはもう何機目でしょうか、 かなりの個数を製作しております。

おそらく壊れない限りオーナーは

見かけることはないでしょうが、こういう見えない箇所にも費用はかかっております。


こんなことをしていかないと、安心して四半世紀以上前のクルマに乗る事は出来ません。

レンジローバークラシック もはや四半世紀前後のクルマが多くを占めてきました。

その価値は下がるどころか、あがることしかないと断言してもいいのでしょう。

もはや今後はさらに上がり続けていくと、某車のように手が届かないクルマになってしまうのでしょうか。


私どもは1台でも多くのクラシックを残す為に何をすべきか、出来るのか?

そんなことを考えるようになってきました。




  
Posted by peach512 at 18:12CRR | BRL(オリジナル製品)