May 18, 2018

ドアロッキングペグ

IMG_0753(1)
IMG_0752(1)


アルミ ロックノブ  正式にはドアロッキングペグ 

というものだが、ここを純正のプラスチック樹脂から

アルミに変更。

IMG_0750(1)

みてわかるが、クラシックとディフェンダーは共通である。

おそらくディフェンダーむけに出ている製品だとは思うけど

クラシックに装着。

アルミ(シルバー系)と、ブラック系の2種類。

ただしブラック系は、ちょっとわかり難いかな(笑)

IMG_0755(1)

ポイントということで、ここにさりげないアルミ製はなかなか

いいんじゃないかな。

ディフェンダーは全て交換 シルバーもブラックもお勧めするが、

クラシックは、シルバーで前席(左右)だけをお勧めとします。

理由は購入時に聞いてください、WEBサイトで販売中。







  
Posted by peach512 at 20:38DEFENEDR | CRR

May 11, 2018

ゴールデンアイレビュー

先日クラシックレンジローバーに装着した360度モニターカメラ 

アラウンドビュー 「ゴールデンアイ」 を装着したお客様から

装着後のレビューメールいただきましたので、一部抜粋してご紹介します。


IMG_0525(1)
IMG_0535(1)
IMG_0526(1)
IMG_0528(1)




●●様
お世話になります。

5/2より5/5の日程で青森へ行ってまいりました(走行距離1,800km)
GW後半は雨の天候ではありましたが、十分満喫することができました。

簡単ではありましがご報告いたします。

☆ゴールデンアイ
駐車場での出し入れではとても重宝しました。
狭い駐車場内で対面に駐車している車への接触を気遣い、小回りの不得意である
クラシックレンジで切り返しを繰り返しながら自車をコントロールする際、
前方の左右バンパーコーナーがアラウンドビュー画像によりはっきり確認できる
という安心感はとても大きいです。もちろんバックの際の車庫入れも問題ありません。

このカメラを一度使用してしまうと、もうカメラなしでは考えられなくなります。
友人からも絶賛でした。今回はGWの旅行に間に合わせていただき感謝しております。
ありがとうございました。

以前乗っていた2014年レンジスポーツにも純正でカメラは装備されておりましたが、
それぞれのカメラ映像が単独のため結局車両間隔がつかめず、ドライバーヘのサポート
としては不十分でした。
****************

詳細なレポートありがとうございました。

まだまだ発展途上の部分もあるので、今後もお客様のご意見をメーカーに反映させて

アップデイトしていきますのでご期待ください。


さて、このI様 ゴールデンウィーク中に青森まで行かれまして

そのときの写真もいただきました。

aomorimap

私は知りませんでしたが、階段国道なるところまで行かれたようです。


L1004934rg

津軽半島の竜飛岬にある有名な国道へ。
もちろんここからは下の国道まで階段による徒歩となる国道です。




なんとも摩訶不思議ですね(笑)

日本にも全国にはいろいろな観光スポットがあるんですね。

お気に入りのクルマで日本のいろいろなところを巡る旅もいいですね。


ありがとうございました。


  
Posted by peach512 at 11:39CRR | Free&

May 09, 2018

エンジンかからない ディフェンダー アラーム

ディフェンダー 2.2 TDCI エンジンかからない症例

が同様なことが原因で3件目なので、ご案内します。

たった3台 すでに3台 か別として、ここ1年前後で3台目。

キーレスでロックが開きます、

エンジンがかかりません。

一瞬スターターは回るときはありますが、すぐとまりクランキングしません。

明らかにセキュリティ(イモビライザー)が働いている感じの症状です。

メーカーのテクニカル情報を調べると、2016年3月16日付けでそのあたりの情報がでていました。

件名/苦情

リモートコントロールで車輌をロック解除できない、またはエンジンを始動できない


状況

リモートコントロールが車輌をロック解除しない、または車輌が動かずクランクしないと

お客様から指摘を受ける場合がある。

この問題は、車輌のバッテリー供給の接続解除と再接続で解決できる。


 
とあるが、バッテリーの電源供給を切るだけでは直りません(3台共に)

3台共に少しずつ症状は違うが、原因は同じであった。

要は、アラームモジュールのエラーである。

メーカーでは、新しいアップデイトされたアラームモジュールに交換しろとある。

品番も新しくなっているので、まぁ交換することがメーカー推奨なのだろう。

現状交換までしなくとも、あることをすれば改善はされますが、

長期的にみればやはり交換が無難であろう。

ちなみに、キャリブレーションは必要な場合があります。

対象はデーター上では2014〜最終までのディフェンダーとあるが、

2013年モデルでも同様の症状はでているので、この品番の搭載モデルはすべてじゃないかなと

個人的には思います。

交換前の対策としては、定期的なキーレスの電池交換をお勧めする。








  
Posted by peach512 at 17:20DEFENEDR | サービス一般

May 03, 2018

車載消火器のススメ

モータースポーツでは義務となっているが、

普段乗るクルマにもいざというときのために、車載消火器のおススメする。

火災の大きな要因は初動の重要さ。

火が広がる前に消火活動ができるか否か。

クルマ事故の場合は2次災害等で自動車火災などのニュースをよく目にする。

正直初期で火を消すことができれば、その後の被害の拡大は防げます。

また、自車でなくとも、他車の消化やその他の消火活動にもクルマに消火器が

あるというだけで安心にもある。

まさに転ばぬ先の杖である。


今回おススメするのは、もちろんイギリスメーカーの消火器。

モータースポーツでの使用を目的に開発製造された専用消火器。

軽量アルミボトル採用 ブラケット金属バンドも付属している。

消化剤は水溶性を採用しているので、パウダーと違い 放射後の処理や清掃が簡単。

また使用しても詰め替えが可能。

ライフライン消火器

lifeline_img_top-650x433


車種により取付位置は検討中だが、


d79dfc90609b63ac0de3e937bb8083fa-650x433
AFFF100H_Photo_CAR-magazine650x450-650x433

モータースポーツでは助手席シートの前が一般的だが。


、ディフェンダーは一発で決定(笑)


IMG_0036(1)


ここしかありません(笑)  運転席からでも降りてすぐに取ることができます。

右ハンドルはリアシート右下ですが、左ハンドルはもちろん左側に。

IMG_0035(1)



問題はクラシックレンジローバー。

出来れば足元がいいんだが、邪魔にはなりたくない。

いろいろ検討中。


IMG_0037(1)


ディフェンダー助手席足元だとここになる。



クラシックレンジローバー、その他2NDRR,3rdRRなどはまだ位置決めを


調査中なので、取り付け位置は決まっておりません。


IMG_0034(1)

見える位置だとここだが、おそらくこの下の純正のウーハーが入っているあたりが

いいのではないかと思っている。

荷物の出し入れのあるところは避けたいので。

そうなると邪魔にならない、普段使用していないスペースと考えると

ここかなぁ。

もちろん支障がない位置であれば、ご希望の場所でいいと思うけど。


今後早急に場所とブラケットを作って販売していこうと思います。



まずさは普段使用する自分のクルマに装着しようと思う。

なお、弊社では英国LIFLINE社の日本の正規輸入販売店からの供給となります。




  
Posted by peach512 at 17:06サービス一般 | Free&

May 02, 2018

ルボラン







自動車雑誌 掲載のご案内。

ルボラン6月号(4月26日発売)

撮影協力をさせていただきましたので、

ぜひご覧ください。


IMG_0607(2)


IMG_0608(2)




  
Posted by peach512 at 17:20Info&News | 広告宣伝

April 30, 2018

MOMO

弊社のデモカーであるディフェンダー・クラシックにはMOMOが装着されている。

ディフェンダーだったり、クラシコは出来ることなら

純正の汎用ステアリングではなく、いわゆる社外製のステアリングに変えた方が、

正直いいと思います、きっと納得する。  と思う。


ステアリングは、まさにクルマを操作する重要な部分。

一番繊細な手を基本的に常時接触している部分。


IMG_0500

RANGERSディフェンダーには、レトロを装着。(35,000円税抜)

古きよき時代のステアリングホイールを現代の技術で再現しました。裏グリップ付の360mmグリップは31mm×29mmの適度な楕円形状で、上質に鞣されたレザーの縫い目はグレイのステッチで仕上げてあります。DISH長は43mm(一般的なモデルは37mm)なので多くの車種に取り付けることが可能です。RETROごしに見える車窓からの景色をゆったりとお楽しみください。


hl-02_super_grand_prix_w400


お勧めはこちらの新製品 MOMOから

ヘリテイジライン スーパーグランプリ 39,000円

スポーク部分がこちらはポリッシュ仕上げ

普通のシルバーでよければ、

hl-01_grand_prix_w400
hl-01_grand_prix_image03
hl-01_grand_prix_image02

ヘリテイジライン グランプリ 36,000円 もあります。




こちらに装着したのはスーパーグランプリ

旧き良き時代のステアリングです。

今となっては装着できる車種はほんの一部ですが・・・。
IMG_0599(1)



とにかく、驚いたのはウッドの出来栄え 

触ったときからよかったが、素手でも滑ることなくきちんとしたグリップ力。

むしろレザーよりもグリップする気がします。

常に触っていたくなるステアリングです。


弊社ではナルディ装着の方が多いですが、MOMOもお勧めです。







  
Posted by peach512 at 22:30CRR | DEFENEDR

April 29, 2018

360度モニタリング ゴールデンアイ CRR

人気を博してきた360度カメラにて周囲を確認できるアラウンドモニター。

装着車輌が日に日に増えております。

そして、アップデイトも随時本国とおこなっておりまして、使い易く改善をしている

真っ最中です。

装着してからのご意見はなんなりとフィードバックしていただければと思います。


IMG_0534(1)
IMG_0535(1)


今回はクラシックレンジローバー 2台目への取付。

モニター画像はスポーツになってますが、こちらは近々のアップデイトで

クラシックレンジローバーの画像になりますのでご容赦願います。

IMG_0525(1)


IMG_0524(1)

今回はフロントは右側にオフセット (前回は左側でした)

IMG_0527(1)IMG_0526(1)

IMG_0531(1)
IMG_0528(1)


こちらの4つのカメラがVR画像を作ります。


お勧めなのは本体にあるUSBスロットル



IMG_0533(1)

今回はUSBポートをラインで外に出してあります。

ここにUSBメモリーを入れていただければ、ドライブレコーダー&セキュリティカメラとなります。

もちろん動画は、そのままナビモニターで確認ができますが、USBですので

パソコンで確認することも可能です。

走行中の動画は綺麗に取れておりますので次回ご紹介します。

IMG_0516



  
Posted by peach512 at 19:40CRR | BRL(オリジナル製品)

April 28, 2018

360度モニタリング ゴールデンアイ DEF

今回はディフェンダーに360度アラウンドカメラ  ‘ゴールデンアイ‘の取付。

IMG_0499(1)




ちなみに、こちらの社外製 後付けのアラウンドカメラはまだ発展途中で、

さまざまなアップデイトを日々繰り返しております。

実際に使用しながら、日本人好みの設定に随時バージョンをあげております。

とりわけ、モニターに映る車輌のデータもまだすべて揃っておらず、

今後、ディフェンダー、クラシックレンジローバー、など増やしていく予定です。

ディフェンダーは、まだカメラの付け方が確定ではなく、今後変更等バージョンを

あげていきます。

アップデイトは簡単にUSBにて行える予定です。

日本語のマニュアルも製作中です、すでにモニター上の設定は日本語になっています。


IMG_0497
IMG_0496(1)
IMG_0495(1)
IMG_0494(1)



取付は通常 現状のモニター(カーナビ)に映しておりますが、

日常的に使用して思ったのは、やはり別モニターで映った方が便利ということ。

この360度ビューを100%使うには、専用モニターが便利です。

しかし、実際には追加モニターはなかなかスペース問題と景観の問題でハードルがあります。



IMG_0503(1)


IMG_0502(1)


フロントはナンバーステーに専用ブラケットにて取付。


IMG_0506(1)

サイド両側に関しては、まだ取付方法模索中ということですので、

最終段階のものではありません。

配線を中に通すことになると思います。

IMG_0504(1)

IMG_0509(1)

リアに関してはかなり苦労しています、背面スペアを背負っているクルマは

映り込みがあるのでそれより下方向に設置。

今回はステーをつけての設置 こちらもクルマ毎に変えていく予定。

IMG_0500
IMG_0494(1)



USBポートにメモリーを差し込めば、全4カメラ(前後左右)の画像を

ドライブレコーダーとして記録可能。

しかも、設定にてエンジン停止後の映像も

30分・1時間・3時間・5時間・12時間・等 記録時間を設定できます。

こちらの画像はまた公開します。

ということで、現状のお車からドライブレコーダーとバックカメラは不要になります。









  
Posted by peach512 at 18:40DEFENEDR | BRL(オリジナル製品)

April 27, 2018

メッキフィルムシート施工※参考

クラシックレンジローバーのメッキバンパーが供給終了になって

もう何年になるのか、その後はブラックバンパーをメッキ加工してくれる工場に

だして施工をしてもらっておりました。

しかし、その加工をする工場はどんどん減り続けているようで、あの大きさをメッキ加工

する工場は日本全国でもかなり減っているのではないだろうか。

さまざまな問題はあると思うけど、時代とともに変化をしていかなくてはならないのも

いたしかたないところ。

そんなところに、メッキのシートを施工するという選択肢が増えるかもしれません。

早速、ご依頼をうけサンプルを行うことにしました。

IMG_0476


こちらは作業中 


IMG_0477



IMG_0480


まだメニューとして販売するか否かは仕上がり次第ですが、

これであれば、メッキ加工する費用の半額以下、そして何より施工期間通常だと

数週間 へたすれば1ヶ月以上かかっていたものが、たった1日ということになります。

画像はあえて粗いものがアップしておりますが、仕上がりが楽しみです。

クラシックレンジローバー ブラックバンパー装着のオーナーの皆様

お待たせしました。

もうすぐです。





  
Posted by peach512 at 11:51CRR | BRL(オリジナル製品)

April 25, 2018

レンジローバー (L405)左ハンドル


2013年に輸入したレンジローバーがこのたびお乗換えの為 入庫する予定です。

5.0 V8 SUPERCHAGED  
Autobiography

当時 お客様からフルオーダーをいだきドイツ ランドローバーディーラーに発注させていただいたモデルです。

なぜドイツかというと、左ハンドルが必須だった為です。

5年経過して、このたびお乗換えの為、弊社にご入庫することになりました。

やはり、こういう貴重な車輌は、お戻しいただいたほうが弊社にとっても喜ばしいことですし、

何より仕入れからの生い立ちが把握できているので、次のオーナー販売するに関しても安心して

お届けできることにつながります。

まだ入庫まではお時間がかかりますが、貴重な左ハンドル オートバイオグラフィーを

お探しの方にはなかなか訪れないチャンスです。


e942343b-sd7428216-s


a3e910d6-se13fd3fc-s



しかも、純正ナビはダッシュボードに移設して、社外サイバーナビをインストールしております。

日本国内で乗られるのであれば、ベストな選択です。

通常はこれだけでも、50万円以上の費用がかかりますので、お買い得感はあります。

ご入庫まで今しばらくお待ちください。

ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。


  
Posted by peach512 at 14:26All New Range Rover 

April 22, 2018

モーターファンフェスタ2018

モーターファンフェスタ2018  IN フジスピードウェイ

今年も開催しました。

1回目から足を運んでおりますので、今年で4回目の出店となります。

IMG_0284(1)


屋外版オートサロンとでもいいましょうか。

富士スピードウェイ全部貸切でおこなう一大イベントとなっております。


なんとなく雰囲気は毎回同じような感じですが、とにかくにも屋外イベントの命は天気

この日は快晴で天気もよく、まさにかっぱれという

この手のイベントは、あまり難しいことを考えずに、とにかく楽しいことを考えて

いろいろなものに興味を示して過ごせればいいという信念の元

楽しく1日を過ごしてきました。

以下はスタッフの撮影した画像ですのでご覧ください。


P4210044
P4210045
P4210047
P4210050
P4210051
P4210053
P4210054
P4210056
P4210057
P4210058
P4210060
P4210062
P4210065
P4210067
P4210068
P4210071
P4210073
P4210074
P4210076
P4210078
P4210079
P4210080
P4210092
P4210094
P4210098
P4210101
P4210106
P4210107
P4210108
P4210109
P4210110
P4210114
P4210115
P4210116
P4210117
P4210119
P4210121
P4210122
P4210123
P4210124
P4210125
P4210127
P4210130
P4210129
P4210132
P4210133
P4210134
P4210137
P4210139
P4210140
P4210142
P4210143
P4210144
P4210146
P4210147
P4210150
P4210151
P4210153
P4210152
P4210155
  
Posted by peach512 at 23:30イベント | 広告宣伝

April 10, 2018

便乗商法

4月にはいってか買取査定依頼を頂いております。

年度末である3月が本来では多いのではないかと思うんですが、

なぜか今年は4月にはってからが多い気がします。

クラシックは全国から、ディフェンダーも遠方から 

いずれも弊社の販売車輌ではないので、日本は広いなぁと感じながら日々査定をしておりますが、

正直出来るだけ高い値段がさせないものかといろいろ考えております。

やはり中古市場での高値安定は、乗る人にも安心感を与えます。

オークション相場では買取専業店と同じですし、勝てません。


IMG_6763




30年近く前のクルマに乗るのはそれなりのリスクもあります。

ちょっとがんばったよくらいのメンテナンスから安心感は生まれません。

部品を交換してもまた同じ箇所が壊れます。

なぜかは、場数を踏まないと理解できないことも多々あります。

それでも、多くの現役オーナーを抱える弊社には取扱いはもちろん

それをフォロー(車検・12点検・修理)していることによる、

圧倒的な情報のアドバンテージがあります、これは弊社の財産です。


しかし、最近クラシコにおいては便乗商法ではないかと思う個体も多くみられます。

その値段本当に適正? 意味があるプライスのクラシックをご購入ください。

今年の8月オートモービルカウンシルの出店が決まりました、

第一回の2016年から3年連続での出店となります。

ここに出てきているお店はおそらく客観的に認められている会社ショップだと

私は思います。

日本においてはまだ歴史は浅いですが、これから5年10年20年と、旧い車をリスペクト・

大切にするする文化や社会を日本も作っていかなきゃあかんと思います。

便乗しているだけのショップでは、たとえ欲しいクルマがあっても、高いお金をだして

買うのはいかがなものかと私は考えます。















  
Posted by peach512 at 18:09Free& | CRR

April 08, 2018

UKモデル 受注オーダーモデル

在庫のUKディーゼルモデルもほぼなくなってきました。

定期的な輸入販売のサイクルを構築したのですが、

どうしても現段階では不定期な輸入となります。


その代わり、英国モデルの中古車のオーダーは定期的に行うようになってきております。

当店での人気の並行輸入モデルはこちら。 

1位 3rdレンジローバー 4.4 TDV8    '10〜'12

2位 ディスカバリー3  2.7 TDV6 AT モデル '05〜'09

3位 ディスカバリー3  2.7 TDV6 MT モデル '05〜'09 
    ディスカバリー4  2,7 TDV6 MT モデル '09

となっております。


IMG_0109(1)

 こちらは3rdレンジローバー 中期モデル 3.0 TD6 

 この時代のディーゼルはやはりらしさを感じます。


IMG_0087

ヘリテイジエディション こちらは本国では高額な金額で推移しております。






  
Posted by peach512 at 17:33ダイレクトインポート 

April 07, 2018

ステアリング巻き直しの巧妙

IMG_5678(1)

ステアリング革巻

3rdレンジローバー

ノーマルは若干細めということもあり、ステアリングヒーターエレメントも活用したい

ということで、最近は上から巻くことが多くなった3rdレンジのステアリング。

厚みもでて、しかもステアリングヒーターも熱過ぎず

かえって上から巻いたほうがよくなったステアリング。


IMG_5680(1)



IMG_5681


革の劣化を進んできているので巻き直しはもはや定番メニューとなりました。


  
Posted by peach512 at 16:49サービス一般 

わざわざ行きたくなるお店

ちょっと気になる雑誌のご紹介。

フイナム・アンプラグド

http://unplugged.houyhnhnm.jp/

今回は7号目となる季刊誌なのかな。

当初たんなるおしゃれな雑誌かと思っていたら、そこには編集者たちの熱い思いが

凝縮していました。


2018 春夏号の特集記事は、

わざわざ行きたいお店。

スマホを捨てよ、店に行こう。

ときたもんだ(笑)

まさに、中小零細ショップが生きる道がここにあると直感。

今後クルマ特に新車も、ぽちっと買うことが一般化する時代が来る中で

わざわざ店に足を運んでもらうには、やはり理由が必要。


ネットで価格を比較して最安値でぽちっと買う、家電や本やCD/DVD 食料品などでは

当たり前の購入パターン  家電なんかはシュールーミング そのうちクルマをそうなるな。

でも、リアルショップは滅びない。

行くに値する価値があるリアルショップが生き残る時代に突入した。


中味はもう少し吟味してまたご紹介しよう。




今回取材のご依頼をいただきまして、ご協力をさせていただきました。


FullSizeRender



  
Posted by peach512 at 12:19Info&News | 広告宣伝

March 15, 2018

ヴィンテージマーケット



3月13日発売

おもしろい雑誌が出ました。

最近の市場の動向がよくわかります。

もちろんクルマもあり、そこには十数台のクルマが登場します。

一部抜粋

Ferrari Dino 206/246

Chevrolet Corvette "C2"

Ford Mustang 1967/68 Fastback

Dadge Challenger 1970

1932 Ford "DEUCE"

AMC/Jeep  Wagoneer

Volks Wagen Type "Beetle"

Mercedes-Benz SL "W113"

Porsche 911"Narrow"

Nissan Skyline GT-R

Nissan Firlady Z 1969-1978

そして我らが Range Rover Classic も鳳で登場です。


IMG_5978


もちろん価格は高騰 UP  

今後はまだ高騰すると傾向にあります。

しかしそこには、正しいコメント(注意書き)にも注目(笑)

IMG_5979


ぜひ手にとってご覧ください。



  
Posted by peach512 at 11:21Info&News | CRR

March 13, 2018

稲妻フェスティバル2018

先日お台場で行った雑誌ライトニングでお馴染みのイベント

稲妻フェスティバル2018に昨年の11月に引き続いて参加して来ました。

279773 (編集済み)


当日の様子はすでにフェイスブックなどでご紹介されていると思いますので

そちらをご覧ください。

クルマのイベントではないので、主役はアパレル、ついでにクルマといった立ち位置でしょうか。

屋外で行うイベントは天気がよければ大成功といったくらいの気持ちで今年も挑みました。


ついでとは言っても、展示している車両の数はざっと20台くらいは展示されていました。

弊社はKAHN ディフェンダー90(スペシャル)と NISSAN NP300 NAVARA 

を展示させていただきました。

IMG_5873 (編集済み)

IMG_5929(1)


昨年秋にも出店させてもらったのでどういうものかはわかっておりましたが、

前回開催から3ヶ月半程度しか経過していおりません。

年に一回のイベントだと思ったのに・・・・オリンピックやらで

この場所も使えなくなるのかなぁ・・・。

IMG_5932(1)


今回は、隣のブースで東北の雄 弊社のUK日産モデルの輸入元でもあるMLCも

展示をしました。

気なるのはこのトレーラー MOTLA(モトラー)と呼ぶそうです。

軽規格で作られているので、なんと牽引免許不要というシロモノ。

こういうものが日本においてももっと増えると、車はもっともっと楽しくなるなぁ


29136541_1709189429161248_4756621278968807424_nIMG_4275

IMG_4278



IMG_4314 (編集済み)



空前のキャンピングカーブームといわれている昨今、

これからまさにパーソナルなトレーラーが増えていけばいいなと思います。

わたしもやはりトレーラーハウスを引っぱり走りたいと思っております。

自分の思いをカタチにするフルオーダーの軽トレーラーと名打っております。

僕の場合は作るとしたら、やっぱりキャンピング仕様かなぁ 部屋にしたいかなぁ。

そんなものが現実的に作れるところまできているんですねぇ。

価格も198万円〜というリーズナブルな設定。

IMG_5882(1)
IMG_5885 (編集済み)


ぜひ日本のバカンスをトレーラーをひいて楽しむ時が来るときを

目指していきたいと思うイベントでした。


  
Posted by peach512 at 17:35広告宣伝 | イベント

March 10, 2018

アルミホイール

IMG_5732(1)

クラシックレンジローバー用のアルミホイール。

もはや新品で購入することができないシロモノ。


IMG_5733(1)



その他、いろいろな車種のアルミホイールのお問い合わせをいただきますが、

やはり皆さん探しているのは、かつて売っていたけど、今は売っていないものばかり(笑)

しかし、クラシック・ディフェンダー・ディスカバリー1 のアルミはいいデザインが

多いのは気のせいなのか? 

16インチがなせる業なのか?



  
Posted by peach512 at 17:02CRR 

March 09, 2018

ゴールデンアイ 360度アラウンドビュー(社外後付)

いよいよデリバリーがスタートしました。

後付360度アラウンドビューシステム  その名も「ゴールデン・アイ」

1号車は、レンジローバーイヴォークに装着しました。

ナビ本体は、カロッツェリア サイバーナビとの組み合わせ。

結論から言うと、カロはなかなかセッティングが難しいようです。

かなり苦労しました。 詳しくは後述します。

IMG_5844(1)

通常モード 左の上からの画像は固定に設定。

右側の画像は、フロントカメラと切替可能。


IMG_5809(1)


IMG_5814




カメラは前後左右の4つ  

この4つのカメラで全長で言うと9Mの長さまで対応可能。

1520416899837


IMG_5845

左右 ウインカー連動もかんたんに設定可能。

ウインカーをだすと、その方向のアングルを映します。

アングルは4つの中から切替で可能。

動画はフェイスブックをご覧ください。


IMG_5844(1)



今後、ディフェンダー、レンジローバー3rd、レンジローバークラシックと

続々と装着をしていき、いろいろな部分をアップデイトしていきたいと思います。

いろいろなメーカーから、こういった商品がでているようですが、

大半はコピーメーカーが非常に多いとのこと。

やはりクオリティの高いものを提供できるメーカーがそれほどないというのが実情のようです。

バックカメラから、360度アラウンドビューカメラに、アフターマーケット市場も

今後は変わっていくのでしょうか。


次回はディフェンダー編+パナソニック ストラーダ編をご紹介したいと思います。




  
Posted by peach512 at 16:21Evoque | ナビ・AV関連

February 15, 2018

アラウンドビューモニター



いわずも知れた現在多くのメーカー自動車に採用されている安全技術のひとつ

アラウンドビューモニター  通称 アラウンドビュー と言う名は日産の名称。

空から見ているような視点でクルマの周囲が確認できるモニター

アラウンドビューモニターは、クルマの真上から見ているかのような映像によって、周囲の状況を知ることで、駐車を容易に行うための支援技術です。クルマの真横や斜め後ろなど、クルマのまわりには目の届きにくいところがあります。けれどもこの装置があれば、見えにくい障害物であっても気付くことができるのです。



ちなみに他社メーカーの呼称はこんな感じです。

この当初出始めのころには、新車(新型モデル)にしか装着していなかった最新技術が時はたち、

中古車など社外製を後付できることが、一般的に可能になりました。

厳密には数年前からだったが、いろいろアップデイトを繰り返し、日本語対応などいろいろな

条件が揃ってきて、ようやく弊社としてもオプションとして追加できる段階になりました。


社外として世に出れば、得てしてナビ同様、社外製のほうがいろいろな要望に応えられるのは明白。

新車装着以上の便利な機能や、こうなったらいいなにお応えできるもになります。

現在装着のナビ等の画面に入れることも可能ですし、最近は別途専用のモニターで見ることも可能です。



詳しいことはまた次回にいたしますが、問題がひとつ発生しました。

それは、名称です。

上記は各メーカーの呼称になりますが、技術的にはどのメーカーも採用されてきたことによって

ばらばらな名前は今後統一されるのか? 否か。

現状はまだ商標的な名称としては結論は出ていないようだが、さてなんて呼んだらいいのでしょうか?

商品を提供する上において、名称は必要です。

社内では社外アラウンドビューとか、後付アラウンドビューとか呼んでますが、

果たしてどういう名前の商品名になるのでしょうか?


FullSizeRender



近々 装着予定

レンジローバーイヴォーク

レンジローバークラシック

ディフェンダー


いずれバックカメラのように、当たり前になっていくのでしょうか。

安全で便利なものなので、価格にもよりますが一気に普及するんじゃないかなと思います。


お楽しみに。










  
Posted by peach512 at 15:32サービス一般