April 26, 2015

オートサロン? 


東京オートサロン  今年の? いやいや 来年 2016年です。

来年1月の2016年 オートサロンのお話です。

まだまだ8.9ヶ月先なんですが、出店するのであれば

もうそろそろ準備をしていかないと間に合いません。

早いなぁ あっという間だ。

出来れば気合入れたランドローバーが他の店でも出てきてくれれば

それはそれで競争理論で楽しいとは思いますが・・・・どうでしょう 無理かな〜。

カスタムできるとこは少ないかな・・・・口だけ番長は多そうだけど・・・・・な。



P4237137

現在弊社工場は、通常販売車整備などのかたわら、工場の端っこで、他の整備の邪魔にならないように

商品車のディスカバリー300Tdi の整備も行っております。

ついでに言えば、商品車の2NDレンジローバー 2.5DT の整備も行っています。

ディフェンダーの納車前のカスタムと既存ユーザー様からの継続車検や12ヶ月点検に

追われておりますが、商品車の整備も同時作業で行っております。

しかし、限界域には近いので、このあたりは課題でもあります。

P4237138


S__5767312

こちらも納車整備完成間際のディフェンダー

ヘッドライトはLEDヘッドライトに交換しております。

GW前納車が迫って来ました。

こちらのディフェンダーは都内に納車です。


来月もかなりの台数の納車が控えております。

GW前も明けも忙しい日々は続きます。

そんな中、ディフェンダーのフルオーダーできる期日も迫ってきました。

いよいよかって感じですね。

来年のオートサロンは、もう生産していないディフェンダーを出展するのか、しないのか。

いったい何を出展するんのだろう? そもそも出店するの?

しかるべきタイミングでご案内が出来ると思います。

何を出したらいいのか? 何を問いたいのか? 何が出せるのか?










  
Posted by peach512 at 20:29Free& 

April 25, 2015

ゲンロクとターゲット

GENROQ(ゲンロク) 2015年 06 月号 [雑誌]
GENROQ(ゲンロク) 2015年 06 月号 [雑誌] [雑誌]


ゲンロク 最新 6月号発売です。

ゲンロクとランドローバーとはあまり結びつきがありません。

ゲンロクという雑誌に、広告を出す骨のあるランドローバーショップも日本には今のところ

ありません。

広告費は削るものであって、紙の広告は縮小傾向にあるというのが、普通の中小零細会社の

基本的な考えです。

広告費を削って、経費下げる、利益を確保する。 

広告は無料のWEBを最大限利用する、これはこれで間違っていはいませんが、

そこに飛びつくお客には当然オタク系がコアとなることもあるでしょう。

ネットが重要であることは疑い余地はありませんが、

ネットは弊社にとっても重要ではありますが、あくまで自社のHP等の紹介の場とという位置であり

全てではありません。

ましてや、ネットの情報といわれる口コミ系の情報は、

いい加減なものや嘘やネガティブキャンペーンが多く大半を占め、まともな情報は一握りです。

そして、すごく重要な情報は絶対ネットでは出ません。 これは間違いない。


弊社はネットだけの層をターゲットコアとしていません。

弊社は重要なターゲットとして1,000円だして、

ゲンロクという自動車雑誌を購入する層を重要だと位置づけています。

つまりは、スーパーカー系に興味のある方ですね(笑)

企業にとってターゲットを絞るというのは重要です、

紙媒体を購入する層が弊社にとっては重要なのです、

また、わざわざ混んでいる中

正月早々、幕張まで足を運ぶ層が重要なんです。


変な宗教団体のような偏った考えの集まりにはまったくもって興味がありません。

しかし、あくまでそういう偏った集団も否定はしません、

でも興味がないし、何より弊社のターゲット(客層)ではないんですね。


ゲンロクなんかは、スポーツーカー(スーパーカー)に興味のある層に、間逆のディフェンダーを

薦めたいんです、紹介したいんです。

だから広告を掲載しています、広告も雑誌を作り手(編集部)に認められなければ、雑誌の中身や方向性と

違うものは掲載は許可されません。

信頼のないショップや悪評高きショップは、雑誌のイメージダウンにもつながるので、

当然ながら広告掲載は出来ません。

ましてや、昨日今日でた雑誌ではありませんから、

ゲンロクは1986年創刊 来年30年目を迎える

日本で一番売れている自動車雑誌です。

何より重要なのは、この雑誌を買ってみている層だと言うことです。

今月の広告 キャッチコピーはこちら。


S__5816324

ディフェンダー ラストコールのご案内

あと1,2ヶ月で新車フルオーダー締め切りとさせていただきます。

詳しい期限は来月号でご案内になるかな〜。


 





個人的に気なった記事はこちら、ぜひ読んでみてください。



S__5816325

 ベントレー いつかはベントレーですね。

 

S__5816323


これも気になるなぁ   EVはちと気になります。

一人オフセット推進派としては(笑)




  
Posted by peach512 at 20:30広告宣伝 | DEFENEDR

April 24, 2015

LEDランプ 4連灯設置 

P4217052


  強烈 LED 36W×4連発 ルーフキャリア装着です。

     なかなかこのような取付依頼は皆無、弊社も始めてのご依頼でした。

  むかしむかし、4駆といえばこういう感じでしたが・・・最近はめっきりこのような

  いわゆる四駆は見なくなりました。



  P4217050

 
  
 クラシックレンジローバーののフォグランプ内の代替にも使用した

 36W LED × 4連発 

 P4217060

 明るさは言うまでもありません。

 いろいろなカスタムがディフェンダーにはあります。

 これもそのひとつ、むしろ昔はこっちが王道でした。

 弊社はコテコテの四駆ショップではありませんが、中にはべたな四駆も

 必要ですね。





  
Posted by peach512 at 12:39DEFENEDR 

April 23, 2015

ブレーキホース製作 .織鵐〜ポンプ

ブレーキホース  

クラシックレンジローバーのブレーキホースや燃料ホース(パイプ)は

かなりの割合で純正部品の供給が終了しております。

当たり前だといえば前田なんだが・・。


で、ともに作るしかないということになります。


S__5767310

よくあるのがここですね  タンク〜ポンプ間 の短めのホース。

実は左右でホースの直系が違うという特殊なホース。

そんなホースは普通ありません。

しかし、漏れがある以上、ブレーキも燃料もそのままでは絶対乗ることはできません。


P4217011


 対応しているものを利用します。

S__5767311


これでOK  

供給終了のホース関連は作っていくしかありませんね。

交換すればなんら問題ないんですから。

こういうことして乗り続けるのが醍醐味なんです。

次回は、フロントブレーキホース関連のご紹介をいたします。




  
Posted by peach512 at 17:06CRR | product development

April 22, 2015

納車 ディフェンダー110 サントリーニ

先月入港を果たしたディフェンダーが順番に納車を迎えております。

P4217044


弊社では関東圏ではもっとも少ないかな?千葉県です。

近いんですが、千葉県登録は少ないですね、なぜだろう・・・・。



DEFENDER110 STATION WAGON  SANTORINI Black Metallic

この仕様はおそらく日本に一番大量に上陸しているモデルになるのではないだろうか、

人気の仕様になります。

P4217018

ぱっと見た目のエクステリアはノーマルですが、

光触媒機能型ガラスプラスチックポリマーは施工済だし、

下回りも防錆アンダーコートなどは施工しています。

その他、オプション

デュアルフィニッシュアロイホイール(SVX)5本装着

HIDキセノンヘッドランプコンバージョン


こちらはお客様のご依頼になりまして、ミラー型のレーダーを装着しました。

ベースにする長の短いミラーは国産車のものを使用。

私の知るところでは、ミラー内蔵のレーダーか、ミラー内蔵の外部入力があるものは

あるのを知っていましたが、

私がクラシックレンジローバーでは、ミラに外部入力)がついているので

それにバックカメラをつないでおりますが、

ミラー + レーダー探知機 + 外部入力  というのは初めてです。

P4217029

こんな風に映し出されます。


バックカメラを位置は上部をセレクトしました。

P4217024


P4217041

少々お値段ははりますが、(ポータブルナビ買えちゃいますから笑)

便利であることは間違いありません。

難点はやはり、サンバイザーが降りきらないところでしょうか・・・。

P4217012


某ドイツメーカー ステーションワゴンからのお乗換えになりました、

誰もがうらやむディフェンダーライフ やはりスローライフがいいかなぁなんて感じますね、

こいつをみていると。

納車の際には、お子様たちも大喜びです、

ディフェンダーに乗ってたくさん思い出を作ってください。

そして、大人になったときに、運転できるといいですね。

そんな使い方が出来るのが今年67年の歴史に幕を閉じるディフェンダー※です。

S__6676502a


目的地までいち早く向かう乗り物ではありません、ディフェンダーは。

行く道中を楽しみながら向かえるクルマです、

そして万が一、道中に天気や天災などのよって

インフラが怪しくなっても、より確実に到着できるクルマと言ってもいいでしょう(笑)

何より安全に確実に。

ディフェンダーファイナルコール受付中

後悔しないためにも、最後のチャンスです。

S__6676505

ありがとうございました。





  
Posted by peach512 at 17:54DEFENEDR 

April 19, 2015

DEFENDER インテリアレザーカスタム

ファイナルコール中のDEFENDERですが、

カスタムの依頼も増えております。

ご紹介するのは、以前ご紹介したインテリアレザーの革巻きをご覧いただき

オーダーをいただきました。


今回は、カラーはダーク系のブルーをチョイス。

ステッチはパッションレッドにて施工しました。

6FullSizeRender

画像ですと、ダークブルーなのでわかりにくいのですが、


ノーマル(ただの黒の樹脂)と比べると、一目瞭然。

例えるなら、商用バンの内装と、ベントレーやオートバイオグラフィー内装の違いといって

過言ではありません(笑)


FullSizeRender


残念ながらというか、当然というかディフェンダーの内装はほとんど樹脂で構成されています。

もちろん、高級車並みに(以上?)フルレザーで仕上げることも物理的には可能ですが、

相当な費用もかかります。

そこである意味手軽にアップデイトできるのが、パートレザー加工です。


これはブラックレザー&ホワイトステッチ 施工例


P9171933
P9171932


こちらは2代目レンジャースデモカー インテリア

PA075864


PA075857


こちらはグローブボックスもつけているので、

PA075859

このように開きます。 便利なオプションだと思うんですけど。



そしてこちらが紹介済みのグリーンレザー

PB236109
PB236108

これは次期 レンジャース3代目デモカーに使用しようと考えています。

販売はしませんが、欲しい方は交渉してみてください。


そして今回の納車前のディフェンダーにご依頼をいただきました

紺革の赤ステッチも、かなり英国風な感じがします。

装着が待ち遠しいですね。

3FullSizeRender
4FullSizeRender
5FullSizeRender




7FullSizeRender


パートレザーというのはある意味フルレザーよりお洒落かもしれません。

運転している以上 インテリアは常に目にする部分です。

インテリアにもこだわりをもってカスタムをすることを本日はお勧めしたいと思います。

クルマに乗る喜びがきっと今以上に高揚することをお約束いたします。

それにしても、ただの黒の樹脂はこうやって比べると、

ノーマルは安っぽくみえちゃいますね・・・・。

これはやらざる得ないオプションになるかもしれませんね。



しかも、納車前のお客様や、すでに乗られているオーナーの方も安心、

ご依頼をいただければこちらで用意しているパーツで、ご希望通りのレザー&ステッチで

加工施工はいたしますので、完成したらあとは取り付けるだけ。

外したノーマル部品をそのままご返却していただければOKです。

ただし、納期はすべて手作業になりますので、工場(職人)確認後になりますので、

お時間は相応にいただきます。




  
Posted by peach512 at 11:20DEFENEDR | Bespoke

April 18, 2015

客ぶり

4月に入り、スギ花粉も去り(ヒノキアレルギーの方に申し訳ないが)、快適な日々の訪れとともに

クルマ選びの方々の問合せやご来店も活況を呈している今日この頃である。

お客様から言われるお言葉で、多く言われかつ印象に残る言葉として、

「やはり実際に話してみないとわかりませんね」という、お言葉を頂戴する。

つまりは、何らかの先入観や噂話、又は第三者による洗脳、

ネットで出てきた一方的な、ネガティブ情報などを基にしているんだと思いますが、

やはり、自らの足で動いて実際得た話とは違うんだということなんでしょうか。



多くのお客様をご対応させていただくと、とてもよい客ぶりを発揮されている方と、

そうでない方がいらっしゃいます。

客ぶりというのは、茶道の言葉になります。

よい客ぶりというのは、おもてなしをする主人側に対して、もてなしを受ける客側が、

主人を喜ばす所作や振る舞いをすることです。 これにより「おもてなし」が完成し、

主客とともに、和に満ちた時を過ごすことができるということ。



これは現代のお店とお客様にもあてはまるものだと思います。

いろいろなお客様をみていて、私が思うのは、よい客ぶりをされる方は結果得をし

そうでない方はいろいろな意味で結果、損をしているなぁと感じることがあります。


でも、おそらくよい客ぶりをされる方は、得とか損とかあまり考えてなく、

客ぶりの悪い方は、損をしたくないという少々貧乏くさい気持ちが、結局のところ

結果としては逆になっているのでは感じる次第です。



会社を出れば、当たり前ですが、私も弊社スタッフすべて、お客側となります。

日頃から意識はしていましたが、今後もよい客ぶりを振舞えるよう

感謝の気持ちをもっていきたいものです。


よい客ぶりを発揮する方法は難しくはありません。

お金を出すのは客側でも、商品を販売するお店があってこそ購入できるのですから、

ともに感謝し合うのが本来の姿でしょう。

ということです、当たり前ですが、俺は客だ!偉いんだというちょっとした勘違いが、

主人側と客側の信頼関係を失ってくるんだろうと思います。






日本で一番売れている歴史ある自動車雑誌 ゲンロク。

ゲンロクに出ているお店なら信頼できるなんていうお言葉を何度も頂戴しております。

私どもは(今のところ)スーパーカーは扱っていませんが、ゲンロクに登場している

異色なカスタムショップです。



  
Posted by peach512 at 13:50Free& 

April 15, 2015

ディフェンダーTdci用オイル交換キット発売

全国各地のディフェンダーオーナーの皆様 お待たせいたしました。

ようやく完成いたしました。

ディフェンダーTdci 2.2&2.4 エンジンオイル交換キット【通販用】

こちらでご注文いただければ全国発送いたします。


通常、12ヶ月点検や車検などでご入庫いただける方はいいのですが、

全国津々浦々 ご納車させていただいているディフェンダー日頃のメンテナンス オイル交換に

関して今までは現地にてご調達いただき、最寄の工場でのオイル交換を行っていただいておりました。

購入いただいた方からと、いろいろとご相談を受けていたのも事実。

たかがオイル交換、されどオイル交換。

シンプルだけど、重要なメンテナンスの根幹に関して、オイル販売はまだかまだかとも言われておりました。

正直1リットルタンクだと割高になってしまい、そのあたりが調整に苦しんだと聞いております。

photo_eng_spn

今回セレクトしたオイルはこちら(工場で行うディフェンダーTdciオイルも統一しました)になります。

オイルに関しては1リットルボトルをご用意しました。

自分やることを想定していますので、オイルジョッキなんかありません。

よって、オイルが入れやすい、量りやすい 1リットルボトルです。

これをちょっと多めに8本(実際は7.2リッター位)8リッター。

余ったオイルは何かに使っていただいてもいいですし、点検時少し減ったなと思ったら補充してもOKですね。


これに、オイルエレメント(各モデル用 2種類あり) と、初回パック限定でドレインプラグも付属しております。

そして、こちらのキットのウリはそれだけではありません、

なんとフラッシング剤の実質サービスとなっている点でしょうか。


photo_oil_etf
エンジン内を隅々まできれいにする

ETF

エンジン チューンナップ アンド フラッシュ こちらを2本 実売4,320円相当が同梱されております。

主な効果
エンジン内部の洗浄、潤滑性の向上、内部の腐蝕防止、エンジンの耐久性向上。
適合車種
あらゆる4サイクルガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンに最適です。
(2サイクルエンジンには使用できません。)
使用方法
エンジンオイル交換前にオイル3〜6」に対し1本をエンジンに注入して、10分以上のアイドリング、または50〜300km位、通常走行してからオイル交換を行って下さい。

これに、自宅で廃油処理も出来る交換ポイ捨てパック(2個)もついております。


S__5677131



こちらは、DEFENDER '13 前期モデル フィルタータイプ




S__5677130

DEFENDER '13 後期以降 カートリッジタイプ


基本的に通信販売専用キットになります。

お買い求めはこちらからお願いします。

今後、Td5 300Tdi などを含めて、レンジローバーなどの車種もラインナップする予定です。










  
Posted by peach512 at 16:42サービス一般 | Info&News

April 12, 2015

車検&カスタム(防錆対策)

ディフェンダーの継続車検  初回の車検3年目のを迎えるディフェンダーが

弊社には多くございます。

折角預ける車検時に、プチカスタムを同時に行うケースが多くなってきました。

この傾向は昔は2NDレンジローバーなどに多かったのですが、最近はディフェンダーですね。

今回初の車検を行ったディフェンダーのオーナーも基本的な車検整備以外に

いくつかの作業依頼をいただきましたので、参考までにご紹介します。

P4106962

まずは、サイドランナーとサイドプロテクターのマッドブラック塗装

ステップの塗装は、長い目で見ると一部塗装が剥がれたりることもありますが、

それは消耗品と割りきり、エクステリアのこだわりを優先です。



そしてこちらのオーナー様 

お住まいは海の近く 趣味はサーフィンということもこともありまして、

防錆対策を今回行いました。


一つ目は、人気アイテムになりつつある前後バンパーのステンレスボルト

ただし、付属のキャップをしてしまっているのであまり目立ちませんので、

魅せるにはキャップを取ってください(笑)

P4106964

フロントバンパーステンレスボルト(4本)キャップ付

P4106966

リアバンパーステンレスボルト(4本)キャップ付


リアバンパーアンダーワークランプ取付

リバースに連動させ、後進時の視認性を確保し安全性をあげています。


そして2つ目は大人気商品ステンレスボルトの上級版の ステンレスボルトフルキット  

高額ですがやはり人気で、入荷分が完売です。

細かい部分 ライトペゼルや各レンズ類の小さいネジまでステンレスに変更です。

P4016868
P4016869
P4016870
P4016871
P4016873
P4016874
P4016872
P4016875
P4016876
P4016867


そして極めつけの防錆アイテムがこちら

電子防錆システム ラストアレスター

塗装の輝きを守る

ラストアレスターは微弱電流を塗装表面に流すことにより、車体の硬度を上げて強化することが可能です。酸性雨や汚れに含まれる化学物質などの外敵からの侵食を防ぎ、車体の輝きを長期的に保ちます。

サビの進行を遅らせる

ラストアレスターは塗装の傷やミクロのピンホールに、アノード(電極)から微弱電流を流します。雨や結露時にできる水膜を通して微弱電流が車体の表面に流れることにより、金属に電子を補充してサビの発生を遅らせます。




S__5554183

通常 弊社では4ch を採用しています。

いわゆる川で転がる石にコケは生えないっていう理論です。

S__5554187


本体はバッテリー横に設置して、常に車体に微弱電子を流し続けます。


これで防錆対策は間違いないものになりました。


そして仕上げは、ネームプレートのブラッシュアップ。

P4106970

ステッカーから、金属製のプレートをリベット取り付けへ

オーナー様のこだわりが感じ取れます。


最後は、レンジャースお勧めの添加剤の投入をいたして、

すべて作業は完了です。


4月になりまして、非常に多くのご来店をいただいておりましてありがとうございます。

特にディフェンダーに関してはラストコールとなっていますので、

お客様もちょっと慌しくなってきた感じがします。

価値あるクルマとはいえ、込みこみ800万円近くするクルマですので、

どこか1箇所で判断するのでなく、納得するまで見てまわってもいいかなと思います。

弊社の場合は、むしろ他店を回っていただいた後でご来店いただいて一向に構いません。

むしろその方がありがたいかなぁ。 

あと自分なりのカスタムを行いたい方は、ぜひ弊社でご相談ください。

なんて言ったって、東京オートサロン2年連続出展している会社ですから(笑)


逆に言うば、一箇所だと変に洗脳させられてしまい、正しい判断を下せないのかもしれません。

比べてください、なぜ高いのか?なぜ安いのか? 理由があるはずですから 必ず。

比べて欲しいなぁ 会社もそうだけど、対応する人間の人間性も・・・・。

そして自分自身で正しい納得のいく判断を下せばいいのかなと思います。










  
Posted by peach512 at 16:15DEFENEDR | サービス一般

April 11, 2015

モーターヘッド 発売

モーターヘッドVol.15 2015年 05 月号 (GENROQ(ゲンロク) 増刊)
モーターヘッドVol.15 2015年 05 月号 (GENROQ(ゲンロク) 増刊) [雑誌]



モーターヘッド 2015年春号 15号 最新号4月10日発売しました。


中味は相変わらずイっちゃってますが、読んでいて感心することばかり。

こういういい意味でぶっ飛び雑誌があるからこそ、

クルマっていろいろな意味で幅広いなと思います。

選択肢がたくさんあることはいいことだと思いますね、

ネット掲示板のようななんちゃらかんちゃらってところで、

オタク君同士の情報交換もまたよし、 個人的にはNo Than you だけど、

それもひとつのクルマの愉しみかただと思うし。

モーターヘッドみたいな極端な方向への愉しみ方をみると、

おそらくこの方向にいっている方々が一番クルマを愉しんでいるなと理解できます(笑)

今回のモーターヘッドの取材紹介記事をチラ見せ。

S__5652487

ジャグワーですよ いま話題のXFスポーツブレイクの紹介です。

ドイツ御三家のミディアムツーリングワゴンは、街中にうじゃうじゃ走っています。

他人と同じものだと安心する日本人特有の方は別として、

そうでない考えの日本人、他人と同じは嫌だって言う方は

このワゴンしかございません。

何ていったって、日本のジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社さんが

輸入してないんですから・・・。  もったいない。  だからディーラーさんでは残念ながら買えません。


本国では主流ですよ。

しかも弊社が輸入販売するのは、国内販売しているXF ガソリン車ではございません。

本国では主流のディーゼルエンジンモデルをセレクトしております。

もちろんご希望であればこれまた国内にはない

5.0リッター V8    も輸入販売可能です。

XFR-S SPORTBRAKE 

canvas


しかし、このスポーツワゴン 見事なまでなプロポーション。

相当にカッコいいですね。

新車販売受付中

JAGUAR XF SPORTSBRAKE 2.2 DIESEL TURBO 

6,880,000円(税別)〜  





  
Posted by peach512 at 15:40広告宣伝 

April 10, 2015

偽者と本物


先月の話、

ちょっと変わった車両や1000万円以上する高額車両には、

冷やかしと思われる問合せは思いのほか多い。

これは弊社に限ったことではなく、数千万円の高級車やスポーツカーなどを扱っている

車屋さんでは日常茶飯事といってもいいくらいのことなんだが。


しかし、中には冷やかしではなく、悪質な詐欺まがいなことをことをする暇人もいる。

先月は弊社は、2件被害にあった。

すべて自称なので、確信ではないが、  

北海道と岡山県 に住んでいる輩からが、金持ちを装い問い合わせてきた。

おかげで弊社営業スタッフは貴重な時間かなり割いて対応してしまった。

あまりの悪質な対応にその詳しい手口は公開できないが、そういう人間は言うことがだいたい

決まっている。


とにかく自慢話が多く長い・・・・。  どんだけ俺はすごいんだっていうことをアピールする。

まぁこの時点であたまわりーなこいつと思うわけだが・・・・。 

100%する行動は・・・・度を越える自慢話。 

それもえげつない自慢話  かわいそうな人間なのでそのまま聞いてやるようにしていますが・・・。




今月は気持ちを入れ替えて月初に高麗神社に参拝に行って参りました。


S__5627926


へんな祟りにとりつたれた気分だったので、晴れて悪霊退散の祈願をしてきました。

S__5627927

4月は気持ちよく営業活動したいものですと思った入た矢先


現在弊社でもっとも高額なプライスタグをつけている車両

U00014889503_002L

東京オートサロンに2年連続で出品して、すでにいくらかかっているか計算できないほどの

フルカスタムカー ディフェンダー110 

プライスはずばり12,600,000円(税込)。

掲載して数日でかなりにお問合せなどをいただいておりますが、

やはりご来店いただける方はほんの一握り。

そして、その方はほぼその場で購入の意思をいただきました。


そういう方というには、当たり前ですが自慢話など一切しません。

クルマの価値観やバックグランドをお話しするだけです。

対応してわかるのですが、ニセモノはそれを疑い、ホンモノは信頼していただける。

なんなんでしょうこの差は。

U00014889503_9_002


しかも驚くにはさらにこのクルマに課したカスタムもあります。

更なるビスポークオーダーもいただきました。

本物は違います。  

人間におけるホンモノとニセモノの区別はある程度つけるようにならないといけません。

ご成約ありがとうございました。

ちょっと先になりますが、納車が大変楽しみです。










http://item.rakuten.co.jp/autofit/10004270/
  
Posted by peach512 at 21:49DEFENEDR 

April 09, 2015

トランスピード最新号 

tranSpeed(トランスピード) 2015年 05 月号 [雑誌]
tranSpeed(トランスピード) 2015年 05 月号 [雑誌] [雑誌]


早いものでもう5月号のご紹介になる。

先月創刊されてこれがまだ2号目のトランスピード

こういう雑誌を見る人っては、個人的な見解だが自分で決断できる人間(オトコ)だと感じる。

ネットで口コミや掲示板などで一喜一憂している人間より、

私は人間的に好きなんだよなぁ。


石橋を叩いても渡らないような、びくびくしている小市民を悪い言うつもりはないが、

その心配性はあなたの人生にプラスになっているのか?

過度な心配性は、人生にとってマイナスにしかならないと最近確信してきた。

トランスピードじゃないけどけ、アクセルを踏める男というのはカッコいい。

だからといって私自身、積極的にアクセルを踏んできたわけではない・・・・。

ただ、多少のリスクや損はあってもトータル的にみるとアクセルを踏んでいるオトコのほうが

得をし、でかくなっているという事実が私の知り限りある。 これは事実だ。

いつまでだっても、せこくてちまちましている心配性は、結局は何の得もしていない。

おそらく、損をしたくないから慎重になっているんだが、結果逆である。

おもしろいもんだなぁ。

私はアクセルを踏める男になりたい。

そんなことを思いながらトランスピードを一気読みしてしまった(笑)


筋肉をつけるには筋肉をいかにいじめるか、痛めつけるかが重要だ。


攻撃されて萎縮する人間もいれば、いじめられればいじめられるほど、強くなれる人間もいる。

私は間違いなく後者だ。

平和ボケしてのほおーんと生きるくらいなら、どんどんいじめられて強くなりたい

なんか燃えるんだよねぁ そういう方が。


トランスピード  中味はまたこれおもしろい。

巨匠ポーズをとっているのは誰でしょう。

ぜひ本を買ってご覧ください(笑)





  
Posted by peach512 at 21:03広告宣伝 

April 07, 2015

ディフェンダー 納車準備 HAVANA 

P4046930


ちょっと珍しいカラーコンビネーション

Havana(Metalic) Fuji-White の組み合わせです。

過去にハバナ単色という車両は数台納めておりますが、

ハバナとホワイトのツートンは初めてです

このハバナというカラー 見る位置や天気等によってかなり印象が変わります。

おそらく当初、レンジローバーなどから採用された高級カラー(プレミアム)ですが、

いわゆる高級車ではない、ディフェンダーにも見事マッチしております。

P4046928

こちらは関西圏の方への納車の車両になります。

P4046926

弊社は関西方面には非常に多く納めさせていただいております、

なんていうんでしょう、お客様とウマが合うといいましょうか、

非常に物事をハッキリおっしゃっていただけますし、決断も正直

他の地方の方と比べると、気持ちがいいくらい早いです(笑)

その上、距離的には離れてはいますが、納車後も非常にいいお付き合いをさせて

いただいている方が非常に多いんです。


また、関西方面ではご紹介できるショップも数箇所存在し、

どこぞのケツの●の小さい一部店員と違って、お客様に対して

不安がらせることはなく、非常に寛容で、いいフォローをしていただいております。

これはお客様とお話して私が感じた正直な感想です。


この差は何だろうかと考えたとき、いろいろな要素はあるかとは思いますが、

やはり最終的には、人間性の問題なんだろうなと思いました。

二枚舌の輩がはびこるこのこのご時勢、やはり最後は人間性 寛容性 

人としての器の問題なんでしょう。


自分との違い、他人の価値観を受け入れられない人間というのは、よーく顔見れば

わかるかもしれませんね。


P4046934




余談ですが、私が実際に子供に受けさせている教育理念の一部をご紹介します。(抜粋)



人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。





  
Posted by peach512 at 13:28DEFENEDR 

April 03, 2015

オプション取付 ディフェンダー90 12ヶ月点検

今年は12ヶ月点検の入庫ラッシュが毎月とまらない。

実はこれには理由があるのだが・・・・ここでは書きません(笑)

そんな中でディフェンダーの12ヶ月点検も戦略的な価格設定もあり(笑)

毎月数多くの入庫をいただております。

その点検のついでにということで、カスタムやオプション付けなども多く依頼いただいております。

紹介するのはディフェンダー90 廃盤色になった貴重カラー タマールブルー  いいカラーです。

P4016897

今回は、まずルーフキャリアの取付  90といえどもルーフ全体に載せるキャリアは大きく

相当な積載量の確保を保証します。

P4016898

ルーフキャリアとくれれば、そのアクセスのためのラダーが必要です。

P4016894

下側から足をかけやすい、見た目にもGoodな、アクセスのしやすいリアラダーをセレクト。

同時にランプガード機能も備わっているので、まさに一石二鳥な商品です。

もちろん左右のバランスもあるので、右側にもランプガードを装着します。


P40168967

当然ながらフロントにもランプガードを装着  やはりバランスは重要です。

DSC_2874


そして、今回はこのスパルタン差をさらに増幅させるために、純正のアロイホイールから

社外製のブラックスチールホイールに変更。

ソリッドブルーにホワイトスカイルーフ  地面はブラックという

3色でのコントラストがキーポイントです。

P4016900


DSC_2866

入庫前とはだいぶイメージが変わりました、ワイルド感が増したというか、

よりディフェンダーらしくなったというべきか、

まだまだディフェンダーのカスタムが永遠に続きますね。


  
Posted by peach512 at 13:44DEFENEDR | Bespoke

April 02, 2015

納車 ディフェンダー110 AT Bespoke

11098000_844322202314646_5055748195954594697_o


納車となりました'15ディフェンダー110  

弊社はノーマルでは納めません、カスタムされる向けのショップですから。

11071758_844322285647971_8055911614204405075_o

10697204_844322495647950_9007707232130986345_o

ステアリングはウッドをチョイスされております。

ナビはインダッシュタイプに、本体は助手席側にビルトイン1DINキットを使用して

綺麗に収まっております。

そしてオートマチック仕様となっております。

11084237_844322405647959_2172931749486757592_o

このまさに、ディフェンダーカスタムのお手本のような決まりモノに仕上げたオーナー様

ありがとうございました。

10622857_844321945648005_1328857602733187161_n


ご家族でディフェンダーライフをご堪能ください。

ディフェンダーバックアップ体制は整っておりますので、

安心してお乗りいただければと思います。

その辺の売り切り屋さんとはわけが違いますので。

10485945_844322448981288_8582054811926624492_o

すべてはございませんが、

弊社で納車させていただいたお客様の中でご承諾をいただけた方の

写真を掲載させていただいております。

皆様いい笑顔で登場されております。

他のお店やショップさんなどで納車時でもいいんですが、お客様がクルマと一緒に

笑顔で写っている写真は見たことがありません・・・・。  私が探していないだけかもしれませんが・・・・。

そんな写真1枚で、どんな会社 どんな店 お客様との距離は関係はなんてことまでは

わかりませんが、何かは感じていただけると思います。

そんな写真1枚でも、私たちは非常に重要なことだと思っております。

お客様の顔が見える  これってなかなか難しい問題ですが

ショップなどを探されている方には、参考になるんではないかと思います。




  
Posted by peach512 at 21:56Bespoke | DEFENEDR

April 01, 2015

納車  クラシックレンジローバー 

10359007_839903299423203_7237341324902211319_o

これは久々の納車時のパフォーマンスです。

念願のクラシックレンジローバーオーナーとなり喜びの証でしょうか。

詳しくはフェイスブックにてご覧ください。

11080843_839903319423201_672591680969827110_o


  
Posted by peach512 at 21:37

March 31, 2015

継続検査 続々ディフェンダー車検

継続検査  一般的には車検っていったほうがわかり易いでしょう。

毎月弊社は既存のお客様の車検整備を行っておりますが、

特に今年はディフェンダーが多い年になります、 昨年の5倍以上となる見込みです。

つまりは新規登録で販売して3年目ってことですね、

3年前くらいから多く納車してきたことがわかります。あっという間の3年ですね。


普段このブログでもあまり車検に関しては触れることがないんですけど、

今日は今月車検がきたディフェンダーをご紹介します。

'12 ディフェンダー110 今月車検を迎えました。

日本全国で車検は受けることは可能ですが、

1回目の車検ということもあるし、やはり弊社の管理ユーザー様でしたので、

多少遠方からではございましたが、弊社にご入庫いただきました。

P4016866


今回の整備内容は3年目とはいえ特に大きな整備は必要ありませんでした。

基本整備一式 
ブレーキフルード交換
エンジンオイル・エレメント交換
クーラント補充
クラッチフルード交換
バーダルCRDI添加剤

P4016879


継続検査のため陸運局に行って参りました。

特に何の問題もなく、継続検査は1発OKでした。

当たり前だのお話ですが、弊社で販売している車両の車検は弊社が責任をもって車検を取得いたします。

もちろん、弊社以外でも問題はございませんが、このご時勢、景気もあまりよろしくない

世の中いろいろな方がいらっしゃいます。

整備工場の方のスキルや知識も千差万別、うなるほどの技術力や知識をもっち心の広いエンジニアがいる

工場もあれば、他人への文句だけは一人前のケツの穴の小さい人間のいるへっぽこ工場などいろいろです。

どこを選択するのはオーナーの自由ですが、私がわずか20年弱の業界経験から言わせていただくと、

お客さんを困らせたり、不安がらせるような説明などをすることはパスしたほうが賢明でしょう。

事実無根な話を持ち出し、お客に必要ない部品や過剰な整備を売るなんてのは、

狂気の沙汰としか言いようがありません。

そういう輩や会社にそのうち天罰が下るでしょう、それが私の考えです。

残念ながらまだまだこの世の中にはいるんですね、そういう輩が。 

文句あるなら正々堂々正面玄関からどうぞ、いつでも買いますよ、私は。

独眼流も元気ですからね(笑)



話が脱線しましたが、今回はオーナーは車検整備の中味より、

実はカスタムの作業のご依頼のほうが多くいただきました。

3年目といえどもまだまだ行えるカスタムはまさに無限大・・・。

そんなクルマをかっちゃんたんです笑

こちららはまだ施工前ですのでまたご紹介いたします。


  
Posted by peach512 at 19:24DEFENEDR 

March 30, 2015

リンカーングリーン インテリア

P2196435


リンカーングリーンのクラシックレンジローバー インテリア編


先日納めさせていただいたリンカーングリーンに塗装したビスポークDプラン

のクラシックレンジローバー

インテリアをお見せいたします。


P2196439


レザーはすべて張替しております。

オーナーの意向で、今回はやや厚めの型押し仕上げ革を使用。

型押しはナチュラルさを表現できる自然なシボを使用し、

ソフトな感触に仕上げております。

ボリューム感とまろやかな弾力性をご堪能ください。

画像ではちょっとわかりにくいですが、イエローががったベージュです。


P2196442



P2196440

足元の敷くフロアカーペットも新規オーダーにて作りました。

キャメル × ステッチグリーンになります。



実はその下のフロアに貼り付けるカーペットも実はすべて新品の

カーペットを貼っております。

P2196441
P2196443

ここのカーペットも新しく新調しております。



P2196445
P2196446

  
Posted by peach512 at 10:30CRR | Bespoke

March 29, 2015

村社会

tranSpeed 2015年4月号
tranSpeed 2015年4月号 [雑誌]


先日発刊されたトランスピードという雑誌。

ランドローバーではなくて、ジャグワーを紹介する舞台として

取材や広告などをご協力させていただいておりました。

世界的には売れているジャグアーも、日本においてはまだまだマイナーな部類のクルマ。

DSC_2591

DSC_2579


長年携わったランドローバーの世界を一歩離れたところから

みると見えなかったものがみてくる。

弊社はどちらかといえば、ランドローバーというクルマを決してランドローバーの主戦場でない

雑誌やイベントに広告活動をおこなっている。



そのひとつが全国誌であるゲンロクであり、トランスピードなのかもしれない。

ゲンロク掲載のショップとそうでないショップとでは、読者に対しても信頼感が違うと感じます。

ここではランドローバー車はマイノリティ 異端児かもしれない。

でも、そこにランドローバーというクルマを他のメジャー輸入ブランドの中で紹介してきました。




そしてこちらは今回で5号目のランドローバー専門誌

ランドローバーライフ

すべてランドローバーに携わるモノの記事やショップ広告が集まった媒体である。




今回は、弊社もクラシックレンジローバーを3台も取材としてご紹介していただいております。

こちらの雑誌は、ランドローバーという世界に入るビギナーに向けた入門雑誌という感じが

個人的にはいたします。

発刊まもないのでそれはそれで正しい方向なのだと思います。

そういう内容の役割や意義はあると思いますが、やはり会社(ショップ)にはターゲットというものに対して

広告をだして費用対効果を図るという側面があります。

その観点から考えると、今回の号に関してだけではないけど、ちょっと弊社の方向とは・・・・。

違和感を感じずにはいられない。

いろいろな調整は必要だとは思うけど、ちょっと考えたいなというのが本音ですね。



冷静に周りを見渡してみて残念だけど、

本当に残念だけど、ランドローバー車を扱うショップの世界はある種の村社会ということを実感する

多々あります、こいいった印象はずっと前からあったんですがね 実は・・・。


他のブランド、メルセデス・ベンツやBMW、ポルシェなどのメジャーブランドや

やや特徴的(笑)なアメ車なんかの世界とと比べると恐ろしいくらいの、典型的な村社会ですね(笑)。 

おそらく一部のほんのわずかな人たちだとは思うんですけど、なんでだろうなぁ

ランドローバーの世界があまりにも小さかったからなのな、その小さく狭い社会という中には

昔からの殿様や大名が決まっていて、後からきた者には服従を誓わせるのだろうか??

ちゃんちゃらおかしな話ではあるが、そういうことがないとも言い切れないなぁ。

最近はこの社会にも新興勢力が入ってきていい意味で調子こいているので

それはそれで頑張ってもらいたいと思うのが本音である。


うちは、そういう中では中堅なのかもしれないけど、僕の性格上、ムラ社会では生きていく気がしない(笑)



ムラ社会の特徴

  • 長による支配、ボスと子分の上下関係が厳然と存在する。
  • 所属する「村」の掟や価値観・しきたりが絶対であり、少数派や多様性の存在自体を認めない。
  • 出る杭は打たれる。長い物には巻かれ、流れには棹を差すべし。寄らば大樹の陰。義理と人情。横並び。
  • 排他主義に基く仲間意識が存在するという。
  • 自分逹が理解できない『他所者』の存在を許さない。
  • 白か黒か、善か悪かといった二極論を好む。これが「異端者は自分たちを見下している/敵意を抱いている/自分より劣る存在である」といった思い込みを生みやすい。
  • 弱いと規定したものに対しては、陰湿且つ徹底的に圧迫を加える。
  • 構成員は陰口を好む。
  • 噂話に対しては、真実かどうかを追求するより、噂を既成事実にしようとする。




これを読んで、あまりの当てはまり方に、笑いが止まらない。

自分の感覚としてはこういう感覚はまったくないが、私の勝手なイメージでは

昭和20後半-30年代生まれの方が多いのかなぁ またはその世代に感化された人間。


しかしこのムラ社会発想は一般のお客様にはあまり関係ないものだと思っていたが、

どうやらそういうことでもないことが最近わかってきました。

早くこのランドローバーのムラ社会が崩壊して、他の輸入車ブランドのように

ある意味普通(健全)社会になることを切に願うばかりです。

私から言わせてもらえれば、ケツの穴の小さい輩がおるんだね・・・。

といっている矢先、弊社のお客様で地方に納車させていただいた方から連絡有り、

近所のショップで大変良くしていただいているとのこと。

そのショップはランドローバーにも長けている有名なショップ。

もちろんそういうショップもあれば、そうじゃない陰湿なショップもあるということ

お伝えしておこう。


DSC_2526

ジャグワーの日本における社会はどうだろうか?

ランドローバーよりさらに小さな社会だと思うが(笑)・・・・。

あまりにも小さくて逆にWell come なのかもしれないかな(笑)



今はランドローバーとジャグワーは同じ会社である。

ジャグワーを取扱えない元ランドローバーディーラーは淘汰されていっているようだ。

それがいいのか良くないのかはわからないけど、

逆にランドローバー専門ショップであった弊社がジャグワーを取り扱いを始めたのだから

おもしろい話だなぁ。











  
Posted by peach512 at 18:50Free& 

March 18, 2015

ディフェンダー90 ”AINTREE GREEN” 

それぞれのディフェンダー90編

今回もオーナーのカスタムに応じたディフェンダーを作らせて頂きました。

いろいろなクルマを作ることは大変に楽しい、そんな気がするディフェンダーが出来上がりました。

と、いってもまだこの先もあるようですが・・・。

P3176801

グリーンメタリックとマッドシルバーでのコンビでの90になります。

社外製のバンパーにスーパーウインチを装着しておりますが、

このウインチが曲者でして、当たってしまうんですフロントグリルに。

この仕上がりをご覧ください。

P3176800

きれいにグリルをカットしているのがお分かりでしょうか。

P3176799

微妙なカットを施しております。

P3176798


11053134_836990123047854_6996787128150215791_o


オーナーはとある有名な会社の社長です。

ご存知の方もいらっしゃるのでは思います。

10645125_836989156381284_7823533760212658259_n

愛車のレンジローバースポーツに、増車ということでディフェンダー90を

お買い上げいただきました。

11081289_836989316381268_8804782730647715838_n

よーくみるとこまかいところもすべてオーナーのご指示の元

製作しております。

これがカスタムのひとつだと思います。

こういうクルマを選ぶ(作る)人が増えれば、日本ももっと楽しくなるような

気がします。

まだまだご紹介したい部分はたくさんありますが、また次回にいたします。

11081401_836989186381281_4661772110666160020_n


このディフェンダーもしかしたら、5月に行われるランドローバーのフェスでご覧なれるかもしれません。

こちらのご案内もまた今度いたします。

  
Posted by peach512 at 20:32DEFENEDR | 納車編