February 28, 2015

システムの不具合

ブログの不具合が発生しております。

投稿記事の一部しか掲載されていません。

  
Posted by peach512 at 19:22

February 27, 2015

カスタムを愉しもう オフロード



弊社でディフェンダーをご購入いただいた方のカスタムラッシュがとまりません。


やはりディフェンダーとは素材なんでしょう。

素材は大事ですが、素材のポテンシャルを引き立てるのは、

やはりどう料理するかです。

そんな風に例えているので、今月号のゲンロクの広告はちょっとした

問いかけになりました。


S__5177347


吊るしでお乗りただいている方には申し訳ないんですが、カスタムをモットウとうしている

ショップだから、そしてお客様のカスタム依頼で成り立っているので許してください。

そこが決定的に一般的なディーラーさんやブローカー屋さんと違うところですかね。

クルマを愉しむ、ランドローバーを愉しむ、ディフェンダーを愉しむ方のショップでありたいんです。

GENROQ(ゲンロク) 2015年 04 月号
GENROQ(ゲンロク) 2015年 04 月号 [雑誌]


P2276617

こちらはバンパーとウインチを装着しております。

まだ施工途中なので正式なご紹介は次回ということで

当然ながら鉄板アイテム J&Lのオリジナルアンダーガードも追加で装着となりました。

これをつけないで山など道なき道を走るのははまさに、ノーガードで相手のパンチをもらうようなもの(笑)

きちんと無事に帰りたいのであれば、ステアリングロッドは守ってください、重要ですから当たり前ですが。

P2276618


またこちらのJ&Lのアンダーガードは理由あっての、

縦スリットとなっております、単なるデザインではないところがポイント。

実際、雪山や走っている方はその理由が身にしみてご理解いただけるとのことです。





こちらは別のお客様のディフェンダー110   すでにかなりカスタムしているディフェンダーですが今回は

オーナーのご依頼によりスペアタイヤキャリアを装着いたしました。

P2286620

なかなか気がつきにくいところだと思いますが、

同時にリアバンパーもきれいにマッドブラックにて全塗装しております。

白っぽくなってしまうノーマル鉄バンパーもこれで綺麗になりました。

これもオーナー様のこだわりなんですね。

P2286626

ノーマルより重そう(18インチ太タイヤ)なタイヤなので、

このスペアタイヤキャリアはドアヒンジの負担を大幅に

軽減してくれそうです。

  
Posted by peach512 at 20:33広告宣伝 | DEFENEDR

February 26, 2015

リンカーングリーン【Lincoln green】

リンカーングリーン【Lincoln green】

色名の一つ。イギリスのリンカーンで織られるラシャ織りのような灰みがかった濃い緑色。藍あいと黄の2つの染料で染めた。16世紀から用いられてきた伝統的な色名である。オリーブグリーンよりも少し濃く、くすんでいる。
リンカーンはイングランド中部のウィザム川に沿った古都。

P2196435


ランドローバーお得意の地名カラーになります。

というカラーだそうです。このかつて2ドアのレンジローバーに採用されているカラーを現代に蘇らせました。

弊社では2-3台目でしょうか、非常にイギリス車らしい素敵なグリーンです。

納車の模様はFBにて紹介済みです。

こういう手の込んだ車両は年間でも1台、2台しか弊社も製作できません。

実に半年間ほどお時間がかかったことも言わなくてはなりません、とても半年間の軌跡をご紹介できないですが



P2196434

P2196430


しかしこの車両は、インテリアにも相当に手が込んでおります。

それはまた次回私の視点でご紹介いたします。

こんなすばらしいクラシックレンジローバーを仕立てる方が、

日本にいることに感謝です。

まだ、すべてご紹介しきれておりませんが、かかった費用は軽く現行レンジローバースポーツが

購入できるくらいはとご紹介しておきましょう。


  
Posted by peach512 at 12:44CRR | Bespoke

February 21, 2015

エンジンスターター 取付キャンペーン

雪国では必需品といわれるエンスタこと エンジンスターター

都会(?)ではある意味、贅沢品の類になるエンスタ。

しかし、雪国ではエンスタなくしてクルマは乗れない、スタッドレスタイヤと同様に

冬はなくてはならないアイテムとなっている。

なんといっても、エンスタでエンジンをかけておかないと、ドアが凍っていて乗ることが出来ないなんてことも。

また、凍りついたドアのウエザーストリップ(ゴム)がすぐにだめになってしまうなんてことになる。

user53425_pic5154_1294664279

このエンスタ 雪国ではないところだと乗る前に暖めたり、冷やしたりと

贅沢かつアイドリングを長くしてしてしまう感が否めないが(笑)、一度使うと手放せなくなる

という便利アイテムであることも忘れてはならない。

国産車なんかだとある意味ポン付けにちかいが、輸入車に装着となると施工できるところも

少ないうえに、自分の車に装着できると思っていないオーナーも結構多いとききます。


弊社でも以前からご依頼あった場合のみの

取付サービスを行っていましたが、 せっかくの機会なので

このたエンスタキャンペーン記念として(下記3車種)のみ

各限定1台のみ合計5台のみ、

エンジンスターター装着を特別料金にて提供させていただきます。

Land-Rover-Defender-Winter-Edition-от-Kahn-1

・ディフェンダー Tdci(PUMA)'07-15
・レンジローバークラシック
・レンジローバーセカンド P38
・レンジローバー3rd   L322
・ディスカバリー3/4 またはレンジローバースポーツ1

maxresdefault

各モデル限定1台 合計5台のみ、部品代(エンジンスターター2Wayタイプ)+工賃 =100,000円(税別)で

ご提供させていただきます。 ※エンジンスターターの会社銘柄等は弊社にて指定品となります。

そして4台目以降は、通常サービス料金として、150,000円(予価)とさせていただく予定です。

エンジンスターターを取り付けようかなとお考えのかたはこの機会にぜひお問合せください。


詳しくはお問合せはこちらまでお問合せください。





  
Posted by peach512 at 16:09サービス一般 

February 20, 2015

YRD シフトエキステンション本革巻仕様LTD

意外な(?)ヒット商品になった、YRD ディフェンダーTdci用 シフトエクステンション

シフトノブに汎用品を装着できるようにした設計と、

ブラックアルマイト加工のボディと、ショートストローク化、長さが変えられる機構など

いろいろな要因はあるが、増産するか否か決めていないので

欲しい方は早めのご注文が吉である。

img61780037

標準セット  ブラックアルマイトボディにブラックのシフトノブ

img61780044

純正の商用車のシフトエクステンションから、一気男のギアと化します(笑)


このたびこのエクステンションキットにリミテッドエディションを発売しようかと思います。

P1306356

なんとボディに本革を巻いてステッチをいれたレザー仕様バージョン

もちろん革のカラーやステッチのカラーも選べます。

P1306357

アルミボディとか一味変わった雰囲気をディフェンダーのインテリアに

加えてみてはいかがでしょうか。

マニュアル車である以上、常に触れそしてギアチェンジという作業をする道具。

こだわってみてはいかがでしょうか。

クルマがどんどん便利になる一方ですが、絶対マニュアル車は残すべきと私は考えます。

人間がアナログである以上、ここだけは趣味のクルマであればなおさら、マニュアル車の

設定をなくしてはならないと感じますが、どうなることでしょう。

ツインクラッチとかになっていくんでしょうかね・・・・。 おもしろくもない・・・・。

速い便利だけのクルマにみんななったら、それこつまらなくなるのではないかと危惧しています。



  
Posted by peach512 at 12:56DEFENEDR | product development

February 19, 2015

ダブルチップステンレススチールエキゾーストシステムマフラー

J&L ダブルチップステンレススチールエキゾーストシステムマフラー90

こんなマフラー普通つくらないでしょうと思えるくらい、手間暇ががかかっているステンレスマフラー


2014061320


本場イギリスで作っているんじゃないですよ、ここ日本で日本の会社が日本の工場で


製作しているクオリティの高いマフラーです。


正直大量販売が見込まれるマフラーではありません


よって安くても30万〜40万円してもおかしくないと思うのは私だけでしょうか、


それがついたプラスタグは160,000円(110用は180,000円)・・・・・


このプライスタグをつけた人は誰でしょう・・・商業的な価格ではない気がします


しかも、Made in Japan ですよ。


爆安 もってけドロボーのような価格のディフェンダー90 Tdci 用 スポーツマフラーです。


2014061318


ディフェンダーオーナーの方 買わない理由がありますか?


あったら教えてください(笑) もちろん予算以外で


増産はしないかもしれませんよ  職人が商売を考え得ない(?)


弊社で真っ先に名乗りを上げた方は、ランクル70とディフェンダー90を所有するオーナー。


P1286332


sh_fullsize_distr

このダブルチップマフラー  出口の部分の仕上げ方は3種類ほどあります。


シンプルな2本のフィニッシャーが丸出しのシンプルタイプ


マッドガード付フラップ無しの、プロトタイプ


マッドガード+フラップ(フラップも2種類)のフルバージョンタイプ


もちろん、フルバージョンタイプを目指して開発しましたが、思いもほか


シンプルタイプとプロタイプがかっこいいことが判明したので


3つほどの選択があるのではないかと考える次第です。



^9B855B942F5ze_distr


もちろんディフェンダー110用も発売しておりますので110オーナーも


ご検討ください。


現在大好評なのため  生産が間に合わず2ヶ月ほどお待ちいただいております。



ダブルチップステンレススチールエキゾーストシステムマフラー90用

ダブルチップステンレススチールエキゾーストシステムマフラー110用



専用マッドガード(フルバージョンタイプ)




  
Posted by peach512 at 16:04DEFENEDR 

February 14, 2015

'48〜変えない

1948年 シリーズ1 登場以来

今年で67年目を迎えるディフェンダー(ランドローバー)

なぜ67年も原型が変わらないで作ってこられたのだろうか。

67年とは言わないけど、商業目的をある意味あきらめて

せめて15年〜20年位は同じクルマを作り続けられないだろうか?

すべてとは言わないけど、そんなクルマが1割2割あってもいいんじゃないかなと思ってしまう。

1948年−2015年  ひとつの歴史が幕を閉じます。

P2036376


ランドローバー ディフェンダー

アップデイトはいいんです、毎年してくれて

でも基本コンセプトだけでなく、車体やボディは変わらず作り続けることはできないのかなと

感じてしまう。

P2046404

また1台 納車になったディフェンダー110

このあと、たかが数十台程度しか輸入販売できないが、

1台でも多く日本の大地を踏ませるため、今日も数件の商談をさせていただきました。


変えないということは、信頼にもつながっている。

もしかしたら、最新のぽっとでの新型のクルマより、

ある意味深い信頼のあるクルマではないだろうか。

ディフェンダーを今 買うというのは信頼を買うということではないだろうか。

そんな気がする。

なんで旧い車っていいんだろう。

新しいクルマに乗ると逆にそう思えてくるのは、なぜだろう(笑)

やっぱり家電感覚なのかなぁ いまどきのクルマは・・・・。


変えること必然だけど、変えないってことを貫くのはなかなか出来ないことだと思う。







  
Posted by peach512 at 20:10DEFENEDR 

February 13, 2015

アウトレットコーナー

掘り出し物やお買い得商品があるかもしれないアウトレットコーナーを

このたびリニュアールいたしました。

まだまだ掲載パーツは全体の予定の5%程度ですので今後毎日更新していきますので

ぜひご覧ください。

RANGERS アウトレットパーツ

あっと驚く商品や部品が出来るかもしれません。

1点モノのパーツもどんどん販売しちゃいます。

売れたものはどんどんWEBから消しこみもおこなっていきますので要チェックです。

トップページからもリンクを近々はります。

商品の個別紹介はフェイスブックで行っております。


ab359e25



  
Posted by peach512 at 20:47広告宣伝 

February 12, 2015

クラシックレンジローバー 納車

クラシックレンジローバー納車編

あまりご紹介をあえてしていないクラシックレンジローバー。

このクルマは中途半端な売り方を弊社では基本的にしておりません。

10550849_818005248279675_3789533331073120019_n

エプソムグリーンのボディにルーフをアルパインホワイトのツートンに仕上がりました。

こんなおしゃれな乗り方をする方は、当然おしゃれなオーナーです。

世界の都市 東京ならではないでしょうか。

10417739_818005174946349_7644850609811104789_n


10978535_818005374946329_1990850386080596929_n
10993955_818005434946323_9191975733179356648_n

このスタイルは不変ですね。

なかなかこれより美しいスタイルのクルマはそうそうないと思います。

かつてルーブルに展示されただけはありますね。

安心の後期型を選択、 きれいにサイバーナビがインストールされております。

10934042_818005674946299_3069719077232936103_n

弊社は今後はクラシックレンジローバーのビスポークプランの価格を

見直しいたします。

おそらく大半は500万円以上のプライスタグがつく予定ですので、

価格重視でお求めの方は、弊社ではご対応できかねますのでご理解ご了承ください。

まさに選ばれた方にのみ、ハイクオリティのクラシックレンジローバーをご提供いたします。

こうなると、販売 月1台が限界かなぁ〜。

それもやむなしということです。

10989373_818005614946305_4557787246871482540_n
 

  
Posted by peach512 at 22:49CRR 

February 11, 2015

HIDとLED 


HID  vs  LED

LEDの台頭もあるが、この戦いの行く末はどうなるのだろうか。

ヘッドライトやフォグランプ等に関しては、明るさという点では、まだHIDのリードといったところでしょうか。

というのが、LEDも日々進化(明るく)しているが、実はきっちりHIDも進化を遂げているのが事実である。


弊社が、フォグランプで採用しているHIDは、

XPU HID バラスト(安定器)


XPUというのはアメリカのチップメーカーです。

性能も世界トップクラスときいております。 さてその実力は・・・。

といっても、ある程度一定期間使用しないとなかなか実力の全容はわからないが・・・。


S__4956162


特長

2つのXPU チップで生成されています。自動で表面のカプセル化をし、不完全な破片は1‰以下です。高知能チップが、その他の自動パーツと比較して圧倒的に高性能であ り、車のノーマルな作動に全く影響を及ぼしません。ライトは、0.1秒で点灯します。XPUバラストは、低電圧で、安定した照明を提供し、自動で、電力を 9V以下に調節します。XPUチップは、72個の電気的な機能を保有しており、72アイテムによって改良されたバラストが完成しました。HIDバラスト は、水中でも-40℃ to +105℃の間で作動します。

適用範囲
HID バラストは、キセノン電球と共に、使用すると最高のパフォーマンスを実現します。



弊社の場合、基本はヘッドライトH4 は、最強タッグコンビである


CNLIGHT HID + HYLUX  という組み合わせで販売させていただいております。


これは文句なく明るく、耐久性もある。



しかし今回のフォグランプのHIDは、 オール CNLIGHT での交換をしてみました。



P38 レンジローバー 


フォグは後期用のフォグをいれているので、バルブはH1である。


実は4〜5年ほど前に実はHIDにコンバートしているんです、


今回片側が切れてしまい、点検していたところ、点灯している側も


ちらつきが出てきてしまったので、最新HIDをモニタリングとして交換することにしました。




S__4956163


こちらが、新旧バラスト比較


時代は進化しています、大きさも全然違います。


もちろん性能も大きく進化しているようです。

日々毎日通勤で夜間走行をするわたしにとって、ヘッドライトの明るさはとても重要。

慣れの問題もありますが、暗いヘッドライトは運転するだけでストレスがたまります。

=安全に支障をきたします。

よってヘッドライトの明るさには拘りがあります。

いや、フォグにも拘りがあります(笑)

数万円でナイトドライブが快適になるのであれば、そこには投資するタイプです。

たしかに、新しめクルマであれば新車時からHIDなどで問題ないかもしれないが

(フォグは相変わらずハロゲンが多いけどね)

ハロゲンバルブ装着モデルの取り扱いが多い弊社にとっては、ほとんどの方が

納車時など整備時に、HIDやキセノン等のオプションを選んでおりますにで

それなりに販売個数は毎月安定している上に、過去のデータもあります。



交換用バルブとしては、LEDバルブはポン換えできるポイントが大きいので消費者向きといえる。

一方、工場としては取付工賃をきちんととれるHIDのほうがいいのかもしれない(笑)

果たしてこの抗争? まだまだ決着はつきそうもない  l共存共栄でいくのか

どちらかが引き離すのか・・・。


  
Posted by peach512 at 20:25サービス一般 | LED

February 08, 2015

ディフェンダーファイナルオーダー カウントダウン

P2036370

ディフェンダー 

お問合せや見積もりが行き交う毎日です。

そのときはもうすやってきます。

P2036377


ディフェンダー とうとう終わるということなんだが、

正直売り手側にまだ実感がない、何を悠長クラブなこといっているだろうかと

叱られそうである。

平和ボケもいい加減にしないといけない。


ディフェンダーが歴史に幕を下ろすんだというのに悩んでいる暇はないはずないはずなのだが・・・。

現在、これほど潜在ニーズのあるクルマは他にないはず。


弊社の営業力が弱いのか勉強不足なのか、お問合せいただく方に対して

すべてご納得いただくような対応が出来ていないように感じる。

よく言えばバカ丁寧過ぎる、 悪く言えば的を得ていないような気がする。

もっとも営業力はあまりいらないクルマであるディフェンダー。

もっとシンプルに考えてもらいたいクルマである。 

P2036381

お問合せいただいた方の疑問点や、かゆいところにほんとに

手が届いているのか? そんなことを考えたくなる今日この頃である。



売れるクルマはある、いまならまだ120% 確実にお届けできるディフェンダー。

この確立は今後どんどん落ちていくのだろう。

ディフェンダーが手に入る確立を今後はご案内していきます。

2015年2月8日現在  120%

P2036387

といっても、間違いなくオーダーが終わってから、ほしいんだという

お問合せも確実にあるのは明らかなことは想定済みです。



  
Posted by peach512 at 20:30DEFENEDR | Info&News

February 07, 2015

ゲンロクとディフェンダー 最終受付カウントダウン

GENROQ (ゲンロク) 2015年 03月号
GENROQ (ゲンロク) 2015年 03月号 [雑誌]


ご紹介が遅れております、後手後手に回っているので反省。

相変わらず非現実的なクルマの記事をみていると楽しくなります。

弊社どもの広告は、とても現実的なクルマの広告です。

今月から基本毎月変わっていくゲンロク見開き広告をご覧ください。

S__4743173

ちょっと雰囲気をかえてみました。

今月のキャッチコピーは

S__4743172


自分好みの1台に仕立てて・・・・・。

この言葉の意味するところは、ご存知ですね。

カスタマイズということです、ディフェンダーのオリジナルパーツの開発をこれほど

している会社は弊社のブリティッシュレーベルさん以外日本にないでしょう(笑)

つまり、出来れば自分仕様に仕立てて乗っていただきたいというのが私どものご提案です。

吊るしや限定モデルにこだわるのであれば、私どもはそれほど適正なショップではないかもしれません。



さて、ディフェンダーの新車オーダー締め切りが刻一刻と迫っております。

さすがにここまでくると弊社もディフェンダー以外の車両販売をいったん中止して

ディフェンダー販売一本に集中しようかと検討中です。

規模やスタッフの労力を考えると、今はディフェンダー一本で集中してセールス活動を

行い、1台でも多く日本の大地を踏ませることこそが、重要だと思ってきました。

日本においては正規輸入されていないため、インポーターの正規価格が決まっておらず

各輸入販売店が独自の価格設定をしているのがディフェンダーです。

よく質問されますが、なぜ値段が違うのかとか、多く質問をうけますが、

ハッキリ言いましょう、クルマはどこで買っても同じです。

英国ランドローバー.comが作っております。

日本におけるポスト新長期排ガスクリアする基準も同じです。

違いはありません。

価格設定はその会社の方針によって決まっております。

買えるところで買ってくださいというのが本音です(笑)

今買わなければ、今後さらに高いプレミアム価格を払ってでしか、手に入らなくなるのは

わかりきっていることです。

今であれば下記の価格で弊社では手に入れることが出来ます。

ディフェンダー110

B type   6,180,000円

SE type 6,780,000円

ディフェンダー90

B type   5,880,000円

SE type 6,480,000円

※税抜

価格を全国紙にだすのも、問合せをいただいた方だけに個別にお伝えするのも会社の方針なので

何がよい悪いはありません。


大事なのは決断すること。

いましかないですね  

誤解を恐れず言いましょう

ここで決断できない方は

生産終了後に、買えなくなってから、後悔するタイプではないでしょうか。


今回はばかりは急いでください。

なお、生産終了後、高額なプレミアム価格で購入できる方は急がなくてもよろしいかと思います。

生産終了後は100% 付加価値税に近い金額が

日本でも価格にのっての販売になることは間違いないでしょう(笑)。










  
Posted by peach512 at 21:30DEFENEDR | 広告宣伝

February 06, 2015

JKラングラー KHAN


JKラングラー 2.8CRD クリーンディーゼルエンジン

アメリカといえばガソリン車にイメージだけど、

欧州 ユーロラングラーは

やはり力強い2.8リットルの太いトルクのコモンレールが当たり前。





2013年6月 登録  新車にて英国よりダイレクトインポート。

いまや円安でドノーマルのラングラー 4ドア 2.8CRD Sahara ですら

車体で£30,000 約630万円オーバーするのにもかかわらず

本物のKHANモ JK Wrangler が税込658万円とはかなりリーズナブルな価格設定。

まさに長くの乗り続けられる  日本に1台のKHAN Jeep Wrangler になります。


個人的には大変気に入っているエンジンとインテリアのラングラー

使い勝手を考えてこのたびリアシート リクライニングキットを装着してしまいました。


P1296340


ノーマルはまさに絶壁  これではちょっと駅までがいっぱいでしょう。

ディフェンダー同様 6:4にてリクライニングが可能。

P1296341

せめてこれくらいはないと長距離はつらいです。

P1296342

これなら寝れますね〜。

P1296343


快適仕様にアップデイトされた KHAN JK WRANGLER 

日本にたった1台(おそらく)のカーン ラングラー クリーンディーゼル

お問い合わせは下記までお願いいたします。

info@wranglers.jp

ラングラーズ 担当 篠原 山口



  
Posted by peach512 at 18:26WRANGLERS | 広告宣伝

February 05, 2015

ディフェンダー スタッドレス 

ディフェンダー+スタッドレス といえば、雪道ではまさに無敵の組み合わせ

PUMA ディフェンダーTdci に最強スタッドレスを装着となれば

まずはメーカー装着標準タイヤのサイズ

235/85R16 という日本においては特殊なサイズはスタッドレスタイヤを

選ぶ際にはサイズを変えなければならない。

(一般的に国内で流通販売されているこのサイズのスタッドレスタイヤは現在ありません)

見た目を重視するのか、なるべくタイヤの外形サイズに近づけるのか・・・。

プラス 日本市場に流通しているサイズで探さなければなりません。

ディフェンダー 純正タイヤサイズ

235/85R16     外径 806弌

外径から逆算すると、インチを変えなければ

285/70R16     外径 805弌 1  はどんぴしゃですが、

さすがに285は太いという印象になります、すえぎりすると

フロントは多少当たることもございます。

ぶっとい感を少し和らげるに

275/75R16     外径  819弌  13

275/70R16     外径  791弌 -15弌

といったところが多い感じです。

本当は細目(菊池くん)を狙いたいところですが・・・・。

P2046404

見た目はこんな感じになります、明らかに太めですね。

P2046402


純正ブーストアルミホイール



  
Posted by peach512 at 19:07DEFENEDR 

February 01, 2015

レンジャース 2代目 110デモカー 販売そして納車







レンジャース2代目の2013年 ディフェンダー110のデモカーである。

車両含め総額1000万円以上は楽々かかっている

計算すると売りたくなくなるので計算したくない。

この車両が弊社にもたらしてくれた影響は少なくない。

今年の2015年 東京オートサロンにも2年連続出展したカスタムカーである。

ここまでやった車を販売するというのはなかなか気持ち的に整理が出来ない部分もある。


しかし、ディフェンダーが最後ということもあるので、90でデモカーを最後作ってみようかという

私の安易な考えで売りに出してしまった。

売れればうれしいんだが、売れなくて残ってもいいかなと思っていた、正直。

大々的に宣伝はしなかったんですが、

実はこの販売のお話は昨年、売り出して数日で数件の問い合わせがありました。

1件目のご商談で嫁ぎ先が決まりました。

あっという間の出来事でした。


DSC_1035


このカラーリングとフェイス 昔のディフェンダーとは明らかに一線を画すために

現代のディフェンダーの形を追い求め作成しました。

昔のディフェンダーフリークからは、なんやこれといわれることを求めて作りました。


DSC_1062

エクステリアはフルLEDといっていいくらい

こだわって純正 社外 オリジナルとこだわって仕上げました。

10860932_812934455453421_4066176687292486075_o

なんとオーナーは美人女性オーナー! 

と思いきや、ハンドルを握るのはご主人様です。

私たちの思い入れの強いディフェンダーを末永くかわいがってください。

万が一手放さすときは必ず戻ってきてください(笑)

嫁ぎ先は都内ではく、ちょっと離れておりますが、

メンテナンスなどはおつきさせていただきますのでよろしくお願いいたします。












  
Posted by peach512 at 20:24DEFENEDR | 納車編

January 31, 2015

ディフェンダーTdci 燃料フィルターについて

燃料フィルターのお話


ガソリン/ディーゼル車に限らず燃料フィルター

燃料フィルターは燃料を供給する配管系統の途中にあって、

意図せず混入している粒子などを取り除く機能を果たす。

ランドローバー車も金属製カートリッジ内に詰められたろ紙である。

とまぁ 定義というか役割はこういうことなんだが、

とあるディフェンダー2.2Tdci エンジンの燃料フィルターの交換のご紹介である。

こちらは、5,000K程度走行後の燃料フィルターの中身である。

※非分解のため、壊しております。

DSC00307

見事なほど真っ黒である。 

見た目のごみなどは詰まってないように見える。

交換サイクルは通常は2年とか4年とか言われるが、たった5,000K程度でこれである。

人情的には交換したくなる汚れである。

エンジン的には特に問題なく気持ちよく回る状態にあるので特に燃料フィルターが

汚れているとは思うことはない。

まぁ見る人がみれば、こんなもんでしょうという感じだろう。

問題はこれではなく、下記の画像である。


DSC00305


左側が今回交換した燃料フィルター

右側は別の車両の燃料フィルター  見た目の色的には・・・きれい。

走行距離もさらに少ないが問題がある。


この燃料フィルターろ過部をよくみると

P1236299

汚れはたいしたことないが、カスらしきみたいなものが多い。

P1236300

指で触れると、粘り気のあるヘドロのようなものが取れる。


P1236302

このヘドロのようなものの正体はわからない。

でも5,000K走行の車両のフィルターにはこのようなどろっとした物質はなかった。

この汚れは何なのか? 


P1236298


ディーゼルエンジンを得意としている知り合いのエンジニアに聞いたら、

これはちょっと見たことない汚れだと言う、 エンジンは調子が悪いとしたら

ここが原因といわれてもおかしくないくらいの状態だという。

一方でこれくらいは普通だよというエンジニアもいる。

汚れているのは誰が見ても明らかだが、その認識が違う。

私は直感的にひどいなぁと思うだけで専門の知識がない。

ただ、明らかに言えることはこのフィルターの装着してた車両のエンジンは調子が悪かったこと。

ここからはあくまでの予想になるが、

粗悪燃料(またはそれに準じる燃料)の可能性が考えられる。



もう一度 燃料フィルターの概念の説明を引用する。



自動車用の燃料フィルターは内燃式エンジンの燃料供給装置の重要な機能部品である。


濾過されていない燃料は例えば、燃料タンクへの給油の際に混入する微小なごみや、


タンクに何かが衝突した際に剥がれ落ちるタンク内の塗料片、


鋼製タンクにおいては燃料に混入する水分が原因の錆など、多様な異物を含むことがある。


電動式燃料ポンプを持つ車両では、燃料ポンプのカーボンブラシや


銅製コンミテーターの摩耗粉が混入する場合もある。



燃料が気化装置に入る前にこれらの物質が取り除かれないと、混入した微粒子による摩耗作用

によって、現代の各種燃料噴射装置で使用される精密部品である、

燃料ポンプとインジェクターが故障を引き起こす可能性がある。

ガソリン直噴エンジンやディーゼルエンジンなど、燃料ポンプが高圧なほど、

この傾向はさらに顕著なものとなる。

燃料フィルターは定期的に維持点検を行う必要がある。


通常 は新品への交換が基本である。もしも燃料フィルターが定期的に交換されていない場合は、


詰まって燃料の流量が減少や燃圧の低下を引き起こし、エンジンが正 常に動作し続けるのに十分な燃料を供給できなくなる。


結果的にはエンジンの性能低下の大きな原因となる。


ターボチャージャーやスーパーチャージャーなどの過給機が搭載されたエンジンの場合、


最大過給圧時の燃圧が不足することでエンジンブローの直接的な要因にもなりうる。


燃料フィルターはどの様な例外的な場合であっても燃料系統への異物の混入回避を最優先とするため、


オイルフィルターに見られる様な濾紙が完全に詰まった際のバイパスバルブに相当する機構が


用意されていない。


その為、濾紙の完全な詰まりが発生した際にはエンストを起こし、


その後もエンジンの再始動が不可能な状態となる。


それ以前の段階として、燃料流量がピークとなる高速道路などでの全開走行時に顕著なパワーダウン


始まり、最終的にはアイドリングすらもしない程に燃料流量が低下していく。




という説明がされている。

やはりエンジンの調子と燃料フィルターは関係があると思わざる得ない。

出来ればそれほど高額な部品ではないので、車検毎に交換しても損はない部品かと思います。

汚れが見えないだけに、早め早めの交換が理想です。

























  
Posted by peach512 at 18:30DEFENEDR | サービス一般

January 30, 2015

例の事故のその後


痛々しいレンジローバーが登場します。

  
Posted by peach512 at 18:49Free& 

January 29, 2015

クラシックレンジローバー

  
Posted by peach512 at 13:09

January 28, 2015

ディフェンダー110 納車 フジホワイト

10922389_807915439288656_3051202279960817690_o



大変お待たせしましたディフェンダー110 ステーションワゴン 納車となりました。

納車までお時間がかかってしまって大変申し訳ございませんでした。

ご来店が夜になってしまいましたが、夜でもフジホワイトが眩し過ぎます!

10949696_807915182622015_2825398449746444297_o


細部までこだわっているディフェンダーに仕上がっております。

しかし、これでもまだカスタムは道半ば・・カスタムに終わりがないのが

ディフェンダーというクルマ。

10733453_807915985955268_7400112238651695270_o
10924679_807916115955255_5280907355386319270_o
10865818_807915779288622_7909055410695544839_o


弊社はやはりどノーマルで収めるクルマは圧倒的に少ないですね、

やはり特徴があるんでしょうか。

逆に言えば、どノーマル(吊るし)で乗られる方はあまり弊社を選ばない!?

または、吊るしで乗ろうと思ったけどあまりに豊富なオプションに悩んでしまい

カスタムする羽目になった!?

真偽のほどはわかりませんが、後から後から増えるオプションが多いのが事実であります。


でも、吊るしが大好きなかたもいるし、カスタムが好きな方もいるのが正常ですから

ノーマルを味わってもいいんですがね(笑) それで納得できる方は・・・・・。

吊るしカーのメリットは納期が早いってことかな笑

10914929_807916342621899_6184022532928704639_o


では最後にオーナー写真をもう1枚。

とても仲のいい新婚さんでいらっしゃいます。

10945083_807915085955358_8243309198943752265_o

オーナーはドクターでいらっしゃます。

今後とも末永くお幸せに、そしてよろしくお願いいたします

  
Posted by peach512 at 22:00DEFENEDR | 納車編

January 27, 2015

ホイールガリ傷 修理 リペア

最近多くご依頼をいただいているアルミホイールのガリ傷のリペア。

何気にけっこう傷はいっているアルミホイールは多いです。

RANGERSデモカーも今回タイヤ交換を機にアルミホイールのリムの傷を直すことにしました。


P1146232


P1146234
P1146236


こんな感じで4本中 3本がガリガリ君となっておりました。

リペアの方法は大きく分けて2つあります。

いわゆる板金方式の、専用のパテで補修して直すパターンと、

リム部を1周きれいに削って直すパターンです。

傷の深さや程度によって補修方法は異なりますが、弊社で圧倒的に多いのは

削って直すパターン。


厳密にはミリ単位でリム部の高さが変わりますが、通常はまずわからないですね。

それになんといってもきれいに直ります。

もちろん価格的もお財布にやさしいし(笑)納期もタイミングにもよりますが

概ね1週間程度というのも魅力です。


持込での修理受付も可能ですが、車検や点検や修理の際に同時にできますので

担当者にご相談ください。  

リムの切削 仕上げ 塗装  すべての作業含みます。

P1286330


ちょうどタイヤも丸4年も使用したので、交換いたしました。

クラシックレンジローバーに関しては純正ホイールは貴重な存在です。

弊社多くの方が純正アルミを装着されております。

これほど純正アルミ装着率が高いクルマも珍しい気もしますが、

クラシックレンジローバー用のスチールホイールや、社外製のアルミホイールも多数選ぶことが

できますので新しいホイールに履き替えたい方も合わせてご相談ください

私のクラシックは現在オリジナルアルミホイールを装着しております。

画像は・・・・・・ないのでまた次回。







  
Posted by peach512 at 19:52サービス一般