June 08, 2010

ABSモデュールユニット

ランドローバーの中での不思議ちゃんといったら怒られるかな

ディスカバリー2 


私はオーナーとしてこの車と向き合ったことはないけど、

当時足として乗っていたディスカバリー1から乗り比べた時に

まったく別の乗り物だと感じたのを覚えている。

これはドイツ車だと思ったなぁ D1と比べると

見た目は似ているのに・・・・・。

D1もD2 クルマ好きでない人はおそらく見分けはつかないだろう。


今はレンジャースの社用車としてもディスカバリー2は活躍している。

厳密にはいろいろなトラブルの発生を確認しているといっても

いいだろう。

先月になるが、整備中のディスカバリー2がちょうど3台ほど

あったが、たまたま必然? 同じような箇所にエラーが出た。

ABSモデュラーエラーである。

よりによって3台が3台ともである。

エラーの発生する警告音の頻度の差はあるが、

いずれもここがエラーとのテスターの結果である。

もちろんエンジン一旦切れば、何事も無かったかな用にしばらくは走ります。

その内に、「ボーッン」と警告音がなりランプが点灯します。

ブレーキに関するところなので、当然ながらそのままというわけにはいきません。


なんでこんなに壊れるのかと思ったが、調べていくと徐々に

なるほど そういうわけだったかと納得してこないこともない。

ブレーキフルードが徐々に浸透し、基盤系を狂わしているのではないかと

推測されます。

てなわけで交換しか道がありません。

DSC02374


















DSC02375


















しかしこのパーツ10万円以上します、

交換にはエア抜きに専用のテスターも必要ですので、

必然的にディーラーか専門店での作業になります。

ここを直していないディスカバリー2が世にはかなりの

潜在台数があると確信しました。

ディスカバリー2購入の方は要チェックです。











この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/peach512/51662911