May 22, 2011

ディスカバリー兇離灰ぅ襯汽

画像 066

コイルサスコンバージョンキット

なぜ2本かって?

ディスカバリー供.螢⇒僂世らです。

オーナーは悩まれた結果 リアはコイルでいくことにいたしました。

どんな選択が正しとか間違いとはないかと思います。


ランドローバーを長く乗り続けてもらいたい。

強いて言えば、長く乗ることを前提とした整備は正しくて、

そうでない整備は良くないといってもいいかな。


その為(長く乗るため)には出来うるパーツ提供やサービス提供はさせていただきます。



午後 サービスからの報告によると

近々かなり珍しいランドローバーが修理で入庫するようです。

インポーター輸入のいわゆる正規輸入モデル (好きじゃないけどこの言葉)

ではなく、欧州からの並行輸入モデルとなるようです。

当然ながらディーゼルエンジンであることは、言うまでもありません。



ディーゼルといえば、1週間ほど通勤で使用した300Tdi が便利でした。

いかにもって感じのエンジンフィーリング

これがとにかく心にしみちゃう・・・・・。

燃費は余裕で10K越えだし、

とにかく車すきからしたら、世の中の能書きや綺麗ごとはいいから

もっともっとクルマに乗りたいんです。

自分のできる範囲で経済的に許される範囲で、法律で許されている範囲で

クルマを思いっきり楽しんで欲しいと思います。

画像 008

こちらがディーゼルエンジンお薦めオイル

プロのオイルスペシャリストにランドローバーの一押しオイルです。


ディーゼルエンジンに適している油を調査の上

フィーリングと燃費はもちろん

数万キロを走破したエンジン内部が一番綺麗な油です。

オイルはどこも同じではありません。

かといって、一番いい! とか言うのも実はないんじゃないかなと思います。

フィーリングとエンジンをあけた時の

内部の色とか焼き具合とかそういうもので各社で判断しているんではないでしょうか。

私はフィーリング重視

そして何より 定期的なオイル交換  これが一番です。















この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/peach512/51758765