March 24, 2017

TDV6 METROPOLIS Limited Edition

本場イギリスから、日本正規未輸入のディスカバリー3 TDV6 2.7 がようやく到着しました。

コンテナ船で各国を回り最終到着地である、日本に到着するのはほんまに時間かかります。

image

1台1台 ちまちまと輸入しては販売しているわけですが、それだけに1台1台に思い入れはあります。

こちらのグレードは、日本未発売 メトロポリス リミテッドエディション 300台限定 ジャバブラック

ベースとなっているのは、最上級グレードHSE つまりHSEの上のグレードになります。

見た目と内装がちょっと豪華になっている仕様のようです。

Stainless steel side protection tubes  ステンレススチールサイドプロテクションチューブ

 Chrome finish mirror caps        
クローム仕上げミラーキャップ

Privacy glass and 19" alloy wheels to complement the bright and contemporary interior.

プライバシーガラス、19インチアロイホイール

 Rear DVD system with 10" screen and premium satellite navigation system

リア10インチ DVDシステム

Harman/kardon LOGIC7R 14-speaker audio system supported by an in-dash six CD changer together with steering wheel mounted controls and rear seat headphone modules.

harman / kardonLOGIC7R14スピーカーオーディオシステムステアリングに取り付けられたコントロールと後部座席のヘッドフォンモジュール。

と、一部をご紹介しましたが、一番の売りはTDV6 ディスカバリーはディーゼルエンジンをもって

ディスカバリーらしさが堪能できます。

これを整備費用含めて、300万台〜400万前半台で車両を提供できればと思い、

このモデルを狙い撃ちしています。

なぜ300万〜400万円の価格帯なのか?

もちろん、この上の500-600万という価格帯もあるんだんどもけんども、

この価格帯が、絶妙な遊べるクルマの価格帯かなぁって(笑)

使い倒せて遊べるディスカバリー3 ディーゼル このデザインがレンジローバーではないディスカバリーという

デザインで気に入っている方は多くいる気がします、私もその一人ですが。

所詮は年間十数台程度しか販売できませんが、元々ディスカバリーは遊んで何ぼのクルマ、

レンジローバーとはそこがちょっと違う気がします。

ルーフキャリアつけるもよし、バンパーガードつけるよし、ヒッチメンバーつけて、トレーラーなど

ひっぱるもよし、 とにかくアウトドアに飛び出せディスカバリーじゃないでしょうか。


1image


3image4image
67image

8image9image

10image