July 01, 2017

インタークーラーホースブラケット ディフェンダー

夏場のディフェンダーの問題点の一つが

インタークーラーホース。

紆余曲折あったのか否かは、部品変更や付帯部品が増えていったことを見れば明らか。


最終的には、’16モデルの最終型についている状態 部品がメーカーの行き着いた結論だとすると

他のモデルはその形にする必要があると思われます。

^C1C3C5808CB272F091pimgpsh_fullsize_distr


このようにホース(IN・OUT)だけ換えても、抜本的な解決にはなりません。

また、どこかが干渉し損傷(漏れる)原因となります。

このホースと共に、干渉させない(であろう)ブラケットの装着が必要になってくる。

このホースも、モデルにより種類が複数ある。

FullSizeRender


先日緊急入庫のディフェンダーも実はホースの損傷が原因。

しかも、通常今まではほぼIN側のホースの損傷だったが、

今回はOUT側のホースの損傷。

珍しい案件でした。

ちなみにこのブラケットは、あくまでIN側のホースに対しての部品になります。


このブラケットが装着していないディフェンダーが多くあります。

メーカーではリコールはかかっていません、あくまで影響のある車両に向けた改良品であるのに・・。

高速走行の多い方、長時間連続ドライブされる方、それなりに飛ばす方に影響がでている

傾向もあります。

各ホース、そしてこの最終版ブラケット ともにWEB上にて販売をしております。

早速関西からもご注文が入りました。

今後取付必須アイテムになっていくのかな。

http://item.rakuten.co.jp/autofit/10005886/




Posted by peach512 at 17:21│DEFENEDR