September 22, 2017

ABSポンプ 修理◆by クラシック

P9148969


ABSポンプの部品の供給がなくなたので、部品交換でなおしていくことなりました。

まず壊れている箇所の特定

定期的にブレーキフルードを交換していても、26年目を迎えれば経年劣化しても

文句は言えまい。

ましてや、フルード交換を怠っている個体はもっと早い段階で壊れたのではないだろうか。


P9078889



基本的にはO/H 清掃ですね。

ガスケットやらも交換

内部は汚れなどもある。


しかし、モーター新品交換が現段階では最善の策。

それを丁寧に組上げる。 

プレッシャースイッチが単独壊れている場合もあるが、今回はモーター(ポンプ)が

壊れていること判明してた。

これを海外から調達、通常取引しているサプライヤーはすでに供給終了なので、

単独部品を取り寄せる。

初めての作業なので丁寧に組上げて装着。


P9108945


見事に復活  直りました。



P9148974

ODOも、210,000Kをオーバーしていますが、

まだまだいけます、クラシックレンジローバー。


P9299063

プラグコードも今回純正から、みたび社外製に交換。

この辺りは試行錯誤というか、どこがいいというより、そのときのタイミングで

当たりはずれがあるのかもしれない。


P9148973



P9299062



いまだ数台の修理マチのクラシックレンジローバーがあります。


こういった作業がこれからも増えることはあっても減ることはないでしょう。

クラシックレンジローバー ABSポンプ 修理 




Posted by peach512 at 12:47│CRR