November 07, 2017

エンジンECU 

今年もあと2ヶ月を切ってきました。

月並みですが、時間の経過はまさしく音速のようなスピードで過ぎ去っていきます。

つい先日のことが、もう何年前ってことがよくあります。

今年の春先のことが数年前に感じたり、数年前のことが数ヶ月前だったりと

頭なの中がやばいです。

毎月車検整備や修理依頼いただきサービス工場でのミーティングを行うと、

さまざまな点検のご依頼や故障不具合などを聞くわけですが、

以前にもあったね、という案件がほとんどですが、その以前の記憶がなかなか出てきません。

しっかり、トラブルシュートの結果をまとめておかないと、成長はありませんね。

IMG_3986

今回は原因不明のエンジンのかかりの悪さ、かかってしまえば調子がいいエンジンも、

エンジン始動がいつも悪い。

かかってしまえば問題ないのもあるので、修理もついつい延びてしまったようだが、

点火系・燃料系・空気系・電気系も問題なし。

そうなると昔の引き出しから引っ張り出してきたのが、エンジンコンピューター。

さっそくECUを外して、別のテスト用のECUを装着して、症状を確かめてみると

まったくエンジンのかかるの悪さはなくなる。

元に戻すとかかりが悪い。

そうなるとECUが犯人となる、専門のコンピューター修理をする業者さんに修理依頼。

数日後、修理後のECUが届き装着。

1週間程度何度も何度もかかりのテストを行うが、症状は出ない。

これで一旦納車してお客様に様子をみてもらうことになりました。

こんなことをしても、乗り続けていくのがクラシックなんです。