February 10, 2018

モノの価値

モノの価値は人によってそれぞれ違うと思う。

ある人にとっては、価値の無い(低い)不要なものでも、

ある人にとっては、価値のある(高い)ものだったりする。

その価値を認める(欲する)人の数だったりで、価格というのは決まってくる要素がある。

世の中には、実際の価値以上に評価され取引されているモノもあれば、

実際の価値以下の価格で取引されているモノもある。

ある人によってはゴミでも、あるひとにとっては宝だったりする。

扱う商品に本来の価値を見出し、または他では付けられない付加価値をつけて、

商いをさせていただいている。


IMG_5180(1)


私どもはメーカーではないので、クルマそのものは作ることは出来ない。

でも、そのクルマに付加価値をつけることは出来る。

その付加価値を不変につけさせていただいているひとつにレンジローバークラシックなる

クルマがある。


IMG_5170(1)

このクルマに高い価値があるのは、弊社ではなく世界中同一の事実である。

しかし、その付加価値はどこでも付けられるかというと、それはNOだろう。

そんなこともわからないで、手を出すと火傷をする。

それは、レンジローバーに限った話ではない、どのメーカーにも存在する。

その付加価値をつける(それはブランドであったり、実務的な作業・整備なども含めて)ことは

実は一番難しい問題で、そうかんたんに出来ることではない。

弊社とて、散々商売にはならない問題を長年抱え続けて、今がある。

年数にして15年以上はこつこつ続けてきて、ようやくこの分野では

ちょっとは名がというレベルである。


IMG_5139(1)

そんな続けもしないで、後出しじゃんけんみたいなことを言われても心外である。

そんなことが最近あった。

しかし、わかっているのである  本人も。

それを素直に認めたくないだけじゃないのかなと最後は納得した。

商売だけを考えれば、途中で投げ出した方が正解だったと私も思う。

でも、うちは投げながった、というより厳密には投げ出せなかった。

どうしてか? それはひとつの答えではないが、

自分自身がずっと旧い車のオーナーであったからではないかと思う。

周りは最新モデルなどに乗り換えていたころに、私はひたすら旧い車を乗り続け、

整備し続けた。

最新モデルのクルマを買うお金がなかったからだけかもしれないけど(笑)

結果的には、今の会社の財産ともいえるものを手に入れつつあるのかもしれない。

今月もそんな旧い車の取材をいただいた。

IMG_5134(1)


アルパインホワイト&フジホワイト  


共に弊社で仕上げたレンジローバー・クラシック






IMG_4953(1)

Posted by peach512 at 14:58│Bespoke | CRR