June 24, 2018

補修

旧い車は補修などもまた楽しい作業となる。

特に走行的に支障がないものは特に時間の空いているときにやろうと

けっこうためておくのも嫌いじゃない。

クラシコのリア荷室とリアゲートロアの間の生地の破れをずっとそのままにしておいた。

IMG_1788


気持ちよくつながりました(笑)

破れていた画像がほしいとこでしたが・・・。

IMG_1793



あと2点気になる箇所がまだあります。



IMG_1820


シフトゲート周りの剥がれ浮きと、

それとカーペットの焦げ(溶け)が気になります。



IMG_1821


ここは気になるのでさっそく補修します。


また、クラシックの場合はバンパー(前後)も好みのバンパーにする

アイテムのひとつ。

バンパーの選択肢は下記のとおり。

1 ブラックバンパー新品に交換

2 ブラックバンパー新品をクロームメッキ加工

3 ブラックバンパーをメッキフィルムでラッピング

4 コーナーバンパーなしの70年代風に製作。

IMG_0892IMG_0894

IMG_0893IMG_0896






Posted by peach512 at 18:55│CRR | Bespoke