August 02, 2018

見放されたディフェンダーメンテナンス



ここ数年 ご新規のメンテナンスで多いのがディフェンダー(tdci)。

他社様で購入されたディフェンダー しかもうちはディフェンダーといっても

ほぼTdci 専門みたいなものなので、以前のものは販売量も少ない関係もあり、

基本的には業販を行うようにしている。

そんなわけで2007年に登場したディフェンダーも10年近く経過しているモデル

でてきている。

今回のトラブルはお決まり?のインタークーラーホースの損傷。

過去にも何度か取り上げておりますが・・・。


聞けば過去に3回も交換した経緯があるという。

モデルは2013年 3回も? ちょっと初めてのケースかもしれない。

購入したところではメンテナンスはすでにうけていないという、

自分で見つけた修理工場で直してもらっていたようだが、今回のトラブルでお手上げということで、

今後はメンテナンスは別のところにいってくれといわれたようだ。

いわゆる専門店ではない一般的な修理工場のようだが、

弊社では今回お客様が大変お困りのようだったので、入庫まではしばしお待ちいただいたが

修理をお受けした。

過去3回交換したというのがどうも腑に落ちない。

車輌を点検するとホース2本のうち、長い方の1本は社外製のシリコンホースに交換されておりました。

漏れはないので、点検は短い方のホースへ。


DSC09703

ありました、亀裂が。


IMG_2652(1)


しかし、どこかに接触した様子はありません、ある程度の膨張を考慮しても

干渉したとは思えませんでした。

しかし、こちらのホースは過去交換歴がないようにもみえます。

おそらく交換していたのは、ロングホースの方ではないかなと・・・。

ということで、純正品でホース交換。

しかし、ホースの品番は変わり、形状もご覧のとおり変わっています。


IMG_2649(1)
IMG_2648(1)


Rがきつくなってますね、どうしてでしょう。

改良されたんですね。

2013年モデルが比較的多い気がします。

ロング&ショートの2本 対策(改良)品になっていると思いますが、

どうやらこの対策が一度ではないということがわかってきました。

そこまでの消耗品ではないかとは思いますが、これで改善されればと思います。











Posted by peach512 at 20:19│DEFENEDR