June 16, 2019

ATクーラーホースbyディフェンダー

DSC_3011

ディフェンダー AT モデル。





弊社でもゆうに20-30台程の管理車両がございますが、

先日このうちの一人のお客様のディフェンダー110 ATモデルの方が

高速道路でオイル漏れでレッカー搬送されてきました。

原因はATクーラーホースからのオイル漏れでした。

ここの部品は、純正ホースではありません。


DSC_0655


問題の漏れ箇所は経年劣化であることがわかりました。

しかしボンネット開けて見れる位置にはありませんので、

正直漏れなどがないと点検時に判明することは難しいと考えます。

こちらのホース 英国へのオーダーも考えましたが、


DSC01042
DSC01041

問題は金属パイプとゴム部のカシメ部分とゴムの劣化。

カシメ部が樹脂というのもあり、少々耐久性に問題があるのかも知れないので

今回は国内製作することにしました。

DSC01043



ABF8A9BA-2687-4121-8EBB-922ED6FC3531


以前のものをベースに劣化のあるゴム部とパイプのジョイント部を新たに製作。


A3E4BAF1-193D-4C9B-A683-F6AFAD93AF70

こちらのバージョンは明らかに以前のもにょり耐久性が増しております。

すでに車検整備や12か月点検の入庫のATでぃふぇんだーのオーナーには

漏れる前の交換を推奨しておりまして、すでに3.4台交換済みです。

とは言はまだ、数十台走っておりますので、ATが漏れる前に交換をお勧めします。