September 29, 2019

水漏れ原因探求調査

クラシックレンジローバーの水侵入の調査を開始しました。

特殊なメースからも知れませんが、20年以上経過している個体で、その使用状況などは
様々なので一概には言えませんが、ここに紹介するのはかなり悪い個体です。
もう少し早い段階で対処すればよかったのですが、ここまで遅くなってしまったのは
よろしくありません。

早々に原因を探求し。結果を徴します!

RRC VG_190929_0072


先ず湿っぽさが感じだマット下からその調査は始まりました。


RRC VG_190929_0071RRC VG_190929_0070


完全に湿っております。

RRC VG_190929_0069
RRC VG_190929_0067RRC VG_190929_0065

RRC VG_190929_0068
RRC VG_190929_0066


RRC VG_190929_0064
RRC VG_190929_0062

古い配線もあるので、これを機にメンテナンス整理します。


RRC VG_190929_0061


フロアには大きな穴が開いていることが確認できます。


RRC VG_190929_0059
RRC VG_190929_0058



RRC VG_190929_0056


RRC VG_190929_0055








外側からみると何やら怪しい個所を発見。


RRC VG_190929_0053


ここまで大きく空いてしまったいる個体は珍しいです。

RRC VG_190929_0052


フロアは直せば問題ありませんが、問題は原因はどこにあるかです。

エアコンの水なのか、外からの水なのか。


RRC VG_190929_0049




RRC VG_190929_0042

RRC VG_190929_0047RRC VG_190929_0039

RRC VG_190929_0037RRC VG_190929_0027
RRC VG_190929_0026
RRC VG_190929_0025

RRC VG_190929_0036



RRC VG_190929_0025

RRC VG_190929_0024


RRC VG_190929_0019
RRC VG_190929_0015



水かけテスト等を行い、浸水個所をテスト試験として、


RRC VG_190929_0009

RRC VG_190929_0010

RRC VG_190929_0008
RRC VG_190929_0007RRC VG_190929_0004
RRC VG_190929_0003
RRC VG_190929_0002
RRC VG_190929_0001




1台でも多くの個体を残していかなければならない使命は今後も続きます。





Posted by peach512 at 15:51│CRR