January 19, 2020

新製品開発中

久々の投稿。

SNSに主戦場が移った今、もはやこのブログの意味はあるのだろうか。

過去数年にわたりRANGERSの情報などを発信してきたけど、

そろそろお役目ごめんとなる日もそう遠くないだろう。

と思う。

なんで、弊社のFacebookなどにだせないような、私見や私情などを織り交ぜて

もうしばらくだけ放置させいただければと思います。

閲覧数もだいぶ減ったので、あまり気にせず書いていこうと思います。

クレームは受け付けません。

IMG_3499

新製品開発中。

まだ非公開ながらもここだけのはなし。

詳しくはまだ申し上げられないけど、ちょっとした自身の欲望から

ちょっとおもしろいものを作っております。

いろいろなプロトタイプがありますが、


IMG_3500

そろそろ最終決定になるのではないかと思います。


IMG_3501

本当にすばらいしいものを作れる人が日本にはおります。

発表まで今しばらくお待ちください。

  

Posted by peach512 at 17:51

March 08, 2019

自論

多くのクラシックの整備や修理メンテナンスを現在も変わりなくご依頼を頂いております、
大変ありがたいことと感謝しております。

IMG_7027


RANGERSで扱うクラシックをはじめ多くの旧車と呼ばるクルマは私どもショップだけが、
メンテナンスすれば良いと言う車ではないと私は考えております。

オーナーと共にメンテナンス、そして仕上げていく、育てていく過程もまた大切であり、
愉しんでほしいと思っております。

その為にはオーナーの方々にの御協力は必然ですし、時にはご迷惑をかける事もあると思いますが、
そのある種の覚悟と言うと大袈裟ですが、その辺りを心得て共にこの素晴らしきクルマを育てていければ大変嬉しい限りです。

ちょっと意地悪な言い方をすれば、その許容が持てないなぁと言う場合は、どうぞディーラーにて新車をご購入を頂ければと思います。



これだけ長くこういう商売をしていると、いろいろなお客様やクルマとの出会いがあります。
旧車系言うと、率直な感想を申しますと、その許容と言うか覚悟のある方ほどクルマの調子が良いと言うか、不具合があまり出てこないという現象が多い気がします。

先日ある不具合で御入庫頂いたあるクラシックのオーナーはなぜか終始笑顔でした。

お話を聞くと、悪いところが見つかってよかった早く直してやりたいだよねぇって仰ってました。

実はちょっと前に修理したばかりで、またお預かりしたわけですが、
怪訝な顔一つせず、なぜか余裕の笑顔が溢れてました。

こうやって手がかかるとたまらなく愛おしくなるだよと。

そしてまた良くなって帰ってくる、嬉しいよと。

なんという余裕さ、感服いたしました。

そんな感じで私自身もクラシックのオーナーになり10年が過ぎました。
もうすぐ200,000Kに手が届くところまできています。

他に楽で速くて快適なクルマはたくさんあれど、どうしてもクラシックに乗ると
かわいく思ってしまう。

物理的にも精神的にも余裕がないとオーナーに相応しくないというか、
クラシックのオーナーは余裕のあるかたがやはり多い方が気がします。

とは言え快適性を軽んずむ気持ちはありません、今後とも進歩するように
新たな部品の開発や発掘は続けて参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。


  
Posted by peach512 at 19:20

July 08, 2018

2018 FIFA World Cup Russia

ワールドカップ がいよいよというところ。

日本が負けたところで、一旦ということもあったが

ベスト8からのゲームはやはり観ていて面白い。

人間が行うスポーツは何が起こるかわからないアナログ的な面白要素がたまらない。

社内で行っている優勝チーム予想ゲーム(私は不参加)では、

予想チームが残っているスタッフは1名のみ 他は全員はすでに敗退(笑)

始まる前はそれほど興味を持っていなかったが、やはり4年に1度というのは

オリンピック同様重みがある。

でも4年は長いなぁ せめて3年とかにならないのかなぁ(笑)

今朝で4強が揃った。

あと、全部で4試合ほど、寝不足の日々ももうすぐ終わる。

2910573_large-lnd




r3rnd0rfmripwhfzjzgr
m71ilohectdealx0hdma


  
Posted by peach512 at 16:54

May 11, 2018

ゴールデンアイレビュー

先日クラシックレンジローバーに装着した360度モニターカメラ 

アラウンドビュー 「ゴールデンアイ」 を装着したお客様から

装着後のレビューメールいただきましたので、一部抜粋してご紹介します。


IMG_0525(1)
IMG_0535(1)
IMG_0526(1)
IMG_0528(1)




●●様
お世話になります。

5/2より5/5の日程で青森へ行ってまいりました(走行距離1,800km)
GW後半は雨の天候ではありましたが、十分満喫することができました。

簡単ではありましがご報告いたします。

☆ゴールデンアイ
駐車場での出し入れではとても重宝しました。
狭い駐車場内で対面に駐車している車への接触を気遣い、小回りの不得意である
クラシックレンジで切り返しを繰り返しながら自車をコントロールする際、
前方の左右バンパーコーナーがアラウンドビュー画像によりはっきり確認できる
という安心感はとても大きいです。もちろんバックの際の車庫入れも問題ありません。

このカメラを一度使用してしまうと、もうカメラなしでは考えられなくなります。
友人からも絶賛でした。今回はGWの旅行に間に合わせていただき感謝しております。
ありがとうございました。

以前乗っていた2014年レンジスポーツにも純正でカメラは装備されておりましたが、
それぞれのカメラ映像が単独のため結局車両間隔がつかめず、ドライバーヘのサポート
としては不十分でした。
****************

詳細なレポートありがとうございました。

まだまだ発展途上の部分もあるので、今後もお客様のご意見をメーカーに反映させて

アップデイトしていきますのでご期待ください。


さて、このI様 ゴールデンウィーク中に青森まで行かれまして

そのときの写真もいただきました。

aomorimap

私は知りませんでしたが、階段国道なるところまで行かれたようです。


L1004934rg

津軽半島の竜飛岬にある有名な国道へ。
もちろんここからは下の国道まで階段による徒歩となる国道です。




なんとも摩訶不思議ですね(笑)

日本にも全国にはいろいろな観光スポットがあるんですね。

お気に入りのクルマで日本のいろいろなところを巡る旅もいいですね。


ありがとうございました。


  
Posted by peach512 at 11:39

May 03, 2018

車載消火器のススメ

モータースポーツでは義務となっているが、

普段乗るクルマにもいざというときのために、車載消火器のおススメする。

火災の大きな要因は初動の重要さ。

火が広がる前に消火活動ができるか否か。

クルマ事故の場合は2次災害等で自動車火災などのニュースをよく目にする。

正直初期で火を消すことができれば、その後の被害の拡大は防げます。

また、自車でなくとも、他車の消化やその他の消火活動にもクルマに消火器が

あるというだけで安心にもある。

まさに転ばぬ先の杖である。


今回おススメするのは、もちろんイギリスメーカーの消火器。

モータースポーツでの使用を目的に開発製造された専用消火器。

軽量アルミボトル採用 ブラケット金属バンドも付属している。

消化剤は水溶性を採用しているので、パウダーと違い 放射後の処理や清掃が簡単。

また使用しても詰め替えが可能。

ライフライン消火器

lifeline_img_top-650x433


車種により取付位置は検討中だが、


d79dfc90609b63ac0de3e937bb8083fa-650x433
AFFF100H_Photo_CAR-magazine650x450-650x433

モータースポーツでは助手席シートの前が一般的だが。


、ディフェンダーは一発で決定(笑)


IMG_0036(1)


ここしかありません(笑)  運転席からでも降りてすぐに取ることができます。

右ハンドルはリアシート右下ですが、左ハンドルはもちろん左側に。

IMG_0035(1)



問題はクラシックレンジローバー。

出来れば足元がいいんだが、邪魔にはなりたくない。

いろいろ検討中。


IMG_0037(1)


ディフェンダー助手席足元だとここになる。



クラシックレンジローバー、その他2NDRR,3rdRRなどはまだ位置決めを


調査中なので、取り付け位置は決まっておりません。


IMG_0034(1)

見える位置だとここだが、おそらくこの下の純正のウーハーが入っているあたりが

いいのではないかと思っている。

荷物の出し入れのあるところは避けたいので。

そうなると邪魔にならない、普段使用していないスペースと考えると

ここかなぁ。

もちろん支障がない位置であれば、ご希望の場所でいいと思うけど。


今後早急に場所とブラケットを作って販売していこうと思います。



まずさは普段使用する自分のクルマに装着しようと思う。

なお、弊社では英国LIFLINE社の日本の正規輸入販売店からの供給となります。




  
Posted by peach512 at 17:06

April 10, 2018

便乗商法

4月にはいってか買取査定依頼を頂いております。

年度末である3月が本来では多いのではないかと思うんですが、

なぜか今年は4月にはってからが多い気がします。

クラシックは全国から、ディフェンダーも遠方から 

いずれも弊社の販売車輌ではないので、日本は広いなぁと感じながら日々査定をしておりますが、

正直出来るだけ高い値段がさせないものかといろいろ考えております。

やはり中古市場での高値安定は、乗る人にも安心感を与えます。

オークション相場では買取専業店と同じですし、勝てません。


IMG_6763




30年近く前のクルマに乗るのはそれなりのリスクもあります。

ちょっとがんばったよくらいのメンテナンスから安心感は生まれません。

部品を交換してもまた同じ箇所が壊れます。

なぜかは、場数を踏まないと理解できないことも多々あります。

それでも、多くの現役オーナーを抱える弊社には取扱いはもちろん

それをフォロー(車検・12点検・修理)していることによる、

圧倒的な情報のアドバンテージがあります、これは弊社の財産です。


しかし、最近クラシコにおいては便乗商法ではないかと思う個体も多くみられます。

その値段本当に適正? 意味があるプライスのクラシックをご購入ください。

今年の8月オートモービルカウンシルの出店が決まりました、

第一回の2016年から3年連続での出店となります。

ここに出てきているお店はおそらく客観的に認められている会社ショップだと

私は思います。

日本においてはまだ歴史は浅いですが、これから5年10年20年と、旧い車をリスペクト・

大切にするする文化や社会を日本も作っていかなきゃあかんと思います。

便乗しているだけのショップでは、たとえ欲しいクルマがあっても、高いお金をだして

買うのはいかがなものかと私は考えます。















  
Posted by peach512 at 18:09

December 06, 2017

The Bounen-kai

今年も恒例の東北巡業に行ってまいりました。

温泉街で行う1泊の忘年会なんて、今となってはここでしか味合うことができません。

弊社では毎年選抜メンバーで弾丸ツアーを組んでいますが、

今年は初参加1名を含む4名にて参加させていただきました。

場所はやはりここが最高 佐勘 というところです。(出禁かと思っていました笑)


 メインの一次会

カラオケの二次会

 部屋での三次会

これが基本のスケジュールですね、3次会のお開きがAM3時〜4時 といったところでしょうか。


2017-12-05-20-03-55

参加させていただいてから、毎回乾杯の音頭をご指名を賜っておりますが、

毎年これが最後と思っていますが(笑)今年もかんぱーいってさせて頂きました。


2017-12-05-19-28-41

やっぱり王道の忘年会はこれですね。 

温泉入って浴衣でいただく地元の名産と旬な食べ物 和食の極みです。

  The Bounen-kai  

2017-12-05-20-03-51


今年の苦労や嫌なことも忘れて楽しいひと時を過ごすことができました。

ありがとうございました。



弊社からは4名で参戦  3勝1敗で勝ち越すことが出来ました(笑)





   
Posted by peach512 at 15:12

November 18, 2017

便利な時代

IMG_4185

話題のハンバーガー SHAKE SHACKを会社にいながらにして食す。

にくにくしい肉食バーガー。 チーズもこってり。

IMG_4184

便利な時代と言うべきか、私は悩んでしまう。

自分で並ばなくとも、並んでもらってデリバリーをしてもらう。

30分並んで並んで買うかと言われれば、並ばないし並べないけど、

一度は食べてみたいと思う。

IMG_4186


友人が勤務している会社がこのようなサービスを提供している。

お試しクーポンをもらったので試したみたけど

ほんとに便利になった、なり過ぎた。


クルマも同じかな、便利になり過ぎた感があることに、

昭和の時代から運転している身にとってはちょっとした違和感。

IMG_4187

  
Posted by peach512 at 16:08

August 17, 2017

あぁ夏休み

今年の盆休みの天気には本当に参った。

恒例のキャンプも、川が増水していて、灯篭流しも川遊びも出来ずに

BBQと昼寝で過ごした。

まぁこれも後になれば、いい思い出かもしれない。

IMG_1962


夜はクルマ越しにみえる花火で今年の夏休みは終了です。


IMG_1970IMG_1972





  
Posted by peach512 at 11:23

June 23, 2017

乗りたいクルマがない

弊社に来店されるお客様でよく聞くフレーズだ。

厳密には、最近クルマ、乗りたい・買いたいと思わせるクルマがないということになる。

こう言われる方、意外と多いんです。

こう言われるかたの傾向として、やはり今までいろいろなクルマを所有されている方が多い。

こういう方が興味を示す車両の1台が、クラシックレンジローバー。

IMG_7540

別に1970年代に登場した90年代のクルマに快適性を求めているのではない。

速さを求めているわけでもない。

もっと言えば、最高レベルの安全性を求めているわけでない。

もちろん、現代レベルの経済性も求めていない。

求めているのは何でしょう。

IMG_7541


IMG_7543



IMG_7548



IMG_7544

IMG_7545

それを求めない方は現代カタログからクルマを選べばいいわけです。

わざわざ、新車よりリスクのある買い物をする必要性はないんですね。

自分が納得できるのか、満足できるのか

この点が非常に重要です。

絶対的な数値スペックや、評論家の能書きが決め手ではないんです。

そういう方が非常に弊社では多くなってきました。

この傾向は年々に増える一方です。

そういったニーズにお応えできるように私どもも進化しなければなりません。

つまりは同じことをしていてはだめで、新しいこと=苦労もしていかなければなりません。

このたび、本場英国を探し回り、複数のレンジローバークラシックを入手しました。

8月には日本の大地を踏み入れることになるでしょう。

もちろん、そのまんまお乗りいただくことを前提としておりません。

お客様の細かいニーズにこたえるべく、 ビスポークする車両です。

乞うご期待。



  
Posted by peach512 at 14:07