March 17, 2017

ステアリングコラムECU その1

とうとう弊社にもやってきたステアリングコラムECU不良。

ステアリングコラムASSYの値段が高騰しているので

丸ごと交換ってのもあまり現実的ではない。

数年前にまだ20万円前後で購入できた際に、不要になったステアリングコラムASSYを

万が一のときのことも考え数年前まで、ストックしておいたが、

中古部品ストック期限切れで廃棄処分にして1年でこんな状況になる。

image



1image

3rdRRの泣き所といってもいいステアリングコラム。
3image

この中にECU 基盤がはいっている。

ここを直さないと症状は改善しない。


4image



さて本当に直るのかなぁ


そちらの結果は、その2に続きます。(そのうち公開)








  

Posted by peach512 at 20:04

October 21, 2016

上巻きステアリング&ビスポークオーダー

昨日は臨時休業させていただきご迷惑をお掛けしました。

しかし、スタッフは全員出勤しておりました。

数年前までは必ず年に1回は、社員研修として平日1日を休んでおりました。

この1日の損出は、かならず取り戻せるという確信のもと終日研修を行いました。

10月も残り僅か、営業もサービスもフル回転しております。

IMG_5661

そんな臨時休業の最中、入間本社の屋内の照明をようやくLED蛍光灯に交換しました。

サービス工場は、来週の予定です。

必要な箇所に数セット増設しましたので、屋内は見違えるような明るさです。

サービス工場内はさらに明るくなるかと思います。

LED LED っていう時代ですが、私どもはクルマばっかりで、

建物のLED化はだいぶ遅れをとっていました。

省電力もさることながら、やはり作業のしやすさ、効率そしてやはり見た目ですね。



さて次は3rdレンジローバーのステアリング巻き直しになります。

ステアリングの巻き直しは私どもではできません。

信頼と実績のある会社(職人)さんに依頼をさせていただいております。

今回のステアリングはまさに、1本もの(笑) 世界ひとつ ビスポークステアリングです。

IMG_5656


通常ネイビーレザーとメッシュをコンビにして、お客様のご指定の箇所に

なんと5箇所にベージュマーカーをちりばめました。

IMG_5654


そして今回は、ヒーター付と言うこともあり、純正がやや細身と言うこともあり

上から巻き施工となっております。

ステアリングは太くなりましたが、むしろちょうどいい感じの太さとなっています。

IMG_5658

そして、ステアリングヒーターもしっかり効きます。

3rdレンジローバーのステアリングちょっと細いなと思うオーナーは、

巻き直しではなく、上から巻きにしたほうがいいかもしれません。

このクオリティはぜひお金を出して手に入れていただきたいと思います。


IMG_5627(2)

こちらは、納車準備中のディフェンダーヘリテイジエディション。

2DINナビをインストールしましたが、まさに純正にしかみえない仕上がりですね。

2DINキットを同色に仕上げております。

ここを好きなカラーに仕上げるのも、インテリアのアクセントとしていいかと思います。


  
Posted by peach512 at 22:18

September 09, 2016

カーナビ TDV8 L322 取付

納車準備中のUKから海を渡ってやってきた、3rdレンジローバー TDV8 VOUGUE 

イタリア仕様 左ハンドル

今回は、最新サイバーナビの装着をいたしました。



IMG_4689


今回は3rdいわゆる中期モデルなので、上部のダクトは使用は出来なくなります。

純正のモニターはいわゆるオンダッシュモニターが埋まっているというものなので

奥行きはほぼありませんが、日本で主流の2DINタイプは奥行きはばっちり普通にあります。

ダクトの加工等があります、そしてフェイシヤキットはワンオフ製作。

IMG_4710

純正モニターは、前期であれば助手席グローブボックスに移設ですが、

中期以降は上下式になってしまっているので、

グローブボックスに入れるとヒューズ交換が困難になるため

リアにもっていきます。

IMG_4694

WIDE版は収まりがきれいになります。

IMG_4706

フェイスパネルも3Dで製作して仕上がりのクオリティを求めています。


DSC_0407


DSC_0419

もちろんバックカメラもいまや常識ですね。


DSC_0416


納車まであとわずか・・・。



  
Posted by peach512 at 13:42

August 18, 2016

【納車】3rdレンジローバー 

P8104056


3rdレンジローバー  バッキンガムブルー 納車

今回のオーナー様は、目黒より入間に近いお客様。

やっぱりレンジローバーはいいね。

何ものにも替え難い独自のステータスと文化をもっているクルマ。

最近知り合いが、トヨタのランドクルーザーを買ったといわれてみたが

素直にレンジローバーとは比べてはかわいそうだなと心底思ってしまった・・・・。

一瞬、この世の中にランドローバーがなければ、乗ってもいいかなと思ったが

ランドローバーがなければ、ランクルもなかっであろうと思うので

それもないかい・・・・・。

DSC_0116

 家族4人で撮影  ありがとうございます。


今回はBMWからのお乗換えでしたが、、

アウトドアなどにも大活躍できるブリテッシュカー レンジローバーをご堪能ください。

P8104064

今回はご依頼があり、2DIN-WIDE ユニット

img00

ワイドはだすわ、8インチはだすわ、そして10インチまで後だしでだしてきたサイバー。

やはりポリシーより売上が重要なんだななと

テレビの視聴率みたいなものか

これ以上どう進化するのか、果たして一般人はついていけるのか(笑)

わからないけど、相変わらずMAPは抜群にみ易い、カロのサイバーが弊社では

圧倒的になご支持をいただいております。


img05



P8104072


安全運転のためにレーダーもナビと同時に装着。

ナビ同時だとお求めやすいご料金で装着できます。



レンジローバーの世界をお楽しみください。


P8104075

なんの違和感もないサイバーワイド版


P8104050

P8104060



ありがとうございました。


  
Posted by peach512 at 14:49

July 03, 2016

3rdレンジローバー メンテナンス各箇所

3世代目のレンジローバーも2002年登場以降

14年目を迎え、中期後期といわれるモデルでさえ、10年を越えてきているので

定例的な消耗品と呼ばれる部品の交換も増えてきました。

まずは突然死する燃料ポンプ

IMG_2543(2)

昨日まで普通にエンジンかかっていたのに、今日動かそうと思ったらエンジンがかからない

なんてのは、普通に起こります。

こちらは'08モデル 8年経過ですからね、仕方ないです。

しかし、中期以降の交換はちょっと厄介です。

リア荷室も含めて、内装を全部外しが必要になります。

IMG_2540(2)


燃料ポンプ交換するのに、インテリア全部バラシです、効率が悪い。

それに比べると昔はよかったといわざる終えませんね。

これだけ外しても、交換箇所が全部見えるわけではありません。


続いて、これも最近多くなってきました、ACコンプレッサー不良。

コンプレッサーが動かなくなるパターンです。

これも交換しかありません・・・・。

こちらは、2007年モデル


P6212938P6212948


この時期に交換は特に多くなります。

1000万円を越える車体のクルマですから、それなりのメンテナンス料もかかります。

燃料ポンプもACコンプレッサーも、純正部品ではなく、弊社では信頼ある社外メーカーを使います。

お客様のご負担額には雲泥の差が出ます、差額でさらなるメンテナンスや

カスタムをして欲しいですので・・・。

P6212939

こちらも、作業性がいいとは言えない位置にコンプレッサーはあります。


3rdレンジローバーもこれからもメンテナンスはもっと奥深くなっていきます。

専門以外も取り扱いは、クラシック、P38より格段に増えてきています。


やはり専門店やメンテナンスをきちんとやっているとこで購入することをお勧めします。

新車時1000万超えのクルマなんでね、安く買っても

メンテナンスは1000万円のクルマですから。





  
Posted by peach512 at 20:03

May 10, 2016

TDV8  君臨

ようやくポスト新長期排ガス規制改善検査を終えて入庫しました。

当時のこのエンジンは、向こうで言うEU4エンジンですが

何度も言うように、ユーロの規制は日本の排ガス規制とは

別物なので、同じに考えないことですね。 シロウト的にはどうもユーロ5がどうのこうの、6がどうのこうの

いうレベルの話になってしまいますが、ナンセンスなのでやめましょう。



'08 RANGE ROVER VOUGUE TDV8 3.6

Twin Turbo V8 32valve Diesel 

271hp/@4,000rpm   640Nm@2,000rpm

当たり前ですが、4.2 Supercharged V8 エンジンを上回るトルクを

低回転から発揮します。

これに乗ったらガソリンには戻れませんとよく聞きます。

V8のディーゼルをぜひ一部の方にご堪能していただきたいと思います。

P5182103P5182096




Stornoway Grey   IVORY/JET 

Burr Walnut 


P5182092P5182099


今回は、イタリアモデル 左ハンドル

ワンオーナーモデル 整備記録簿付を輸入しました。

近々お目にかけられると思います。




  
Posted by peach512 at 12:07

September 25, 2015

液晶ドット欠け for レンジローバー

P9158959P9158960



液晶ドット欠け ドット落ち など様々な呼び方はあります。

画素落ち(がそおち)・画素抜け(がそぬけ)・画素欠け(がそかけ)などなど

またその箇所においても、ユーザーの許容範囲は変わってくるし、

修理に対する費用対効果というのもあります。


今回はレンジローバーでもドット落ちの代表格 3rdレンジローバー

弊社デモカーで活躍した車両になります。

メーター内に1箇所ではなく、複数箇所のドット落ちがあり、あまり気持ちはよくありませんでした。


このたびデモカーの人気を終え、新規オーナー様に販売となりました。

お客様のご依頼修理ではありませんでしたが、実はずっと気になっていた箇所なので

修理する運びとなりました。

さすがに、液晶を直す技術は弊社工場は持ち合わせていないので、

実績と安心のある、専門会社に修理を依頼いたしました。



P9208994

なんでもない当たり前だの点灯ですが、不良時を経験している者にとっては

気持ちがよくなります。






  
Posted by peach512 at 13:43

July 28, 2015

レザー張替 サンバイザー&リアボード 

続き


3rdレンジローバー インテリアカスタムの続き

今回はルーフライニング張替ついでに、サンバイザーのレザーでの張替も

行いました。

クラシックレンジローバーでのサンバイザー張替は中味がボロボロとなることで

張替えを必然的におこなったが、3rdレンジローバーの場合はまさに、カスタムとして

行いました。

P7248434

ちょっとわかり難いかもしれませんが、純正カラーをベースに

サンバイザー(4個)をレザーにて張替えを行いました。

P7248430

バイザーをレザーなんて・・・なんて贅沢なんだろう

P7248429


P7248435


そして、今回はリアボードもレザーにて張替えを断行しました。

P7248419

これも画像ではわかり難い(笑)

一見するとノーマルっぽいんですが、レザーにて張り替えております。

オーナーの意向で純正に近い色で施工したので、たしかに見たときの

インパクトは大きくありませんが、

質感は申し分ありません。

P7248418


  
Posted by peach512 at 20:10

July 23, 2015

3rdレンジローバー アルカンターラ張替

やはりお前もか? という天張りたれ

ディスカバリー1 途中からだが定番お決まりというルーフライニングの経年劣化による垂れ

接着剤の問題だとは思うけど、クラシックレンジローバー、2NDレンジローバー、ディスカバリー2などに

受け継がれてきているが、やはりこの伝統は3rdレンジローバーにもきちんと受け継がれていた。

こんな嫌味な事いいたくないけど、もう少し改善してくれればと思う所存。


P7188380
P7188378

 かなり大きく垂れてきた'05レンジローバー

P7188383
 

新車価格1000万円を越える車が経年劣化とは言えこれじゃいけません。


今回は、2台のご依頼をいただきましたが1台目は同時にインテリアをカスタムすること

なりました。






ルーフライング張替えになりますが、折角張り替えるならと通常のSTDの布生地ではなく、

アルカンターラやレザー等も使用することが出来ます。


レザー生地に張り替える場合のメリットとデメリット

・なんといっても高級感 それ以外ありませんかね

・革の場合は生地が重たいので、経年劣化での垂れの問題がつきまといます。

・生地の幅の問題があり、1枚で仕上げることが基本的(費用対効果)に無理という結論になりました。
 よって革で張り替える場合は数枚つなぎ合わせることが前提になります。


アルカンターラ生地での張替えでは、特にデメリットはなく

布生地よりもやはり高級感(質感、デザイン)という点で大きな差がでます。

よって今回はアルカンターラで張り替えることになりました。


P7248454

 質感伝わりますでしょうか?


P7248453
 
P7248452
P7248451

こちらのオーナーは、純正色に近いカラーのアルカン生地をチョイスしました。

派手なカラーでの張替えも検討いただきましたが、最後は純正風という選択をされました。

P7248437


こちらの画像でおわかりだと思いますが、ピラー合計8本も今回は

アルカンターラでの張り付けとなりました。

こちらは次回ご紹介します。

 
   
Posted by peach512 at 18:26

July 09, 2015

直引き配線 3rdレンジローバー 社外ナビ

3rdレンジローバーへの社外ナビ取付後の事例



ffe83ef8


※画像は8インチナビ装着 弊社デモカー


前期中期後期いろいろあり、そのモデルによって取付手法などは異なります。

今回ご紹介は、'02-'04までのいわゆる前期BMWと言われるモデル。

社外ナビAVの音は、純正のアンプを通して音を出しています。

よってステアリングのスイッチなどが使用できるということになります、が

音自体は、カセットテープのラインを使用しています。

今回社外ナビ(地デジ・DVD)の音ははじめ、純正のラジオ等の音も一切でなくなるという

トラブルに見舞われました。


点検後、原因が判明しました、純正アンプの故障です。

純正アンプを直しても、新たに購入しても非現実的な価格になることは

かんたんに想像できます。

よって今回は、折角社外ナビを入れているので、社外ナビの直配線という

修理というか取付方法を行います。

S__6864944


S__6864943

リアの純正アンプより、スピーカーなどの配線を探します。

配線の数は膨大  やりたいことはシンプルですが、施工は手間のかかる作業です。


S__6864947

純正より配線の直径が太くなるので、音は期待できる?かな。


S__6864946


まぁ12年経過していますから、壊れるときは壊れます。

こういうときはシンプルにいきましょう。

ということで、純正アンプが壊れたので、社外ナビをAVアンプとして

使用することになりました。

今後は、純正アンプが壊れるなんてことも可能性はあると思いますので、

その際は社外ナビをAVアンプとして使用するという延命処置がございます。






  
Posted by peach512 at 20:12