October 11, 2015

Understatement

とうとうボンネットインシュレーターが、ついに純正品が手に入らなくなりました。




PA039227


納車前のタスカンブルーのクラシックレンジローバー

オーナー様のご意向でインシュレーターを交換いたします。

さすがに、20年以上使用しているものは、いったいどれほどの効果はあるんでしょうか?(笑)

PA039228


ちょっと劣化が激しい上に、見映えもよろしくないので今回は市販のシートを使ってみました。

PA039230


かんたんに出来るので、ぜひ試してみください。

PA039231


この効果のほどはまだわかりませんが、やるよりやらないほうがいいのは間違いかと思います。


S__9248789


この名車に囲まれているのが普通になっているので、普段はあまり感じませんが、

こんなすばらしい車両に携わって商売が出来ていることに感謝しないと思います。

S__9248790




DSC00953


今回別の車両になりますが、こちらも納車前のクラシックレンジローバー

助手席用のグリップになります。

DSC00954

ホンモノの職人が、手仕上げで仕上げてくれる革巻きに、

RANGERSは惚れております。

純正の出来映えを越えるクオリティと自負しております。

こういうことをやりながら乗っていくクルマなんです。

よくやれたまま乗るのがいいなんていう方はいますが、

私はそれにはやや否定的な意見を持っています。

(やれ感が似合うのは、ディフェンダーではないかと笑)

やっぱり、クラシックレンジは仕上げて乗っていたいなと。






愛機である'97レンジローバーが今月車検を迎えました。

PA089278

19年目を迎える2NDレンジローバー

1年に1回の車検なので、逆にメンテナンスが行き届いていいのかもと思っています。

私の中ではP38は普段のりが出来て気を遣わないで乗れる万能クルマ。

恐らく冬のスキー場へも、彼が主役となることは決まっております。


PA109285



PA109284

今回は乗り始めたときから機能していなかった(笑)シートヒーターエレメントを交換することにしました。

今から冬が楽しみになります。


このクルマに取って代わるクルマはまだ見つからないので、まだ継続します。

ちょうど今月、2NDレンジローバーを2台乗り継いでいただいき10年以上お付き合いいただいた

方の継続車検があったのですが、思いのほか費用がかかるということと、今後の10年を考えて

乗り換えていただくことになりました。

また一人P38ユーザーが減り、少し寂しい感じもしますが・・・。

次の車両は、RRS1ということで今後も長いお付き合いをさせていただきたいと思います。



  

Posted by peach512 at 20:47

May 09, 2014

納車 P38 & P38愛

先日 2NDレンジローバーが納車になりました。

P5024390

一見 普通の2NDレンジローバー。

ステアリングは本革レザーで巻き直し。

後期のベトベトに劣化したインテリアは、ウッド塗装に変更。

P5024422


P5024399




P5024393

このパイピングが国内モデルではありませんね。

P5024388


P5024426


マイルメーター仕様にグローランプ。

ディーゼルエンジン。

ディーゼル車は特に耐久性があるので、長く乗ることで経済的になるクルマでもあります。

個人的には特有の音と振動が実は気にっています(笑)

クルマにのっている感がすごくしますので。

P5024431





2NDも最近はだんだんいい感じで旧い感がでてきており、

ようやく味がでてきたなと言う感じは私はします。

これからだろうなぁ  さすがに乗りっ放しってひとはかなり少なくなっているので、

逆にある程度余裕のある方向けのクルマになっていくのだろうなぁ、

そうクラシックレンジローバーのように。

でも、電子制御が多い分2NDレンジローバーの方が多少メンテナンス料はかかってくるかもしれません。

台数が多いせいか、まだ多くの日本人は気がつきませんね(笑)

しかし、飾って大事にしておくクルマではなく、大いに使って使って使いまくるクルマだと

私は思います。

必要以上の過剰なケアも不要なクルマ。

そこまで敏感にこまこまやらんでもいいとも思っています。

P5024427

ナビゲーションはサイバーナビ  基本です。






お客様の2NDレンジローバーみていたら、長年連れ添っている

自分の2NDレンジローバーの写真を撮りました。 

彼とは恐らく7-8年位は経つだろうか


当時のオンダッシュナビ サイバーナビを未だに使用中。

アナログTVだったので、地デジチューナー(しかも2チューナー)を後付したくらい。

必要にして十分です。

P5104478

購入当時からあまりアップデイトはしておりません(笑)

この旧さもまたいいのかな。

P5104480

インテリアも素  まったくのノーマル。

前期のこのプラスチックの方が今となっては被害がなくて良いです。

P5104481

2ND独自のセンターのポケットは人ぞれぞれ。

P5104482

私はドリンクホルダー&電話置きとして使用。

P5104483


P5104477

もちろん室内灯はLED 最新版 面発光タイプ。

今納車整備中の2NDレンジローバーも室内は最新の面発光タイプ3発

こちらは次回にご紹介。


ということで、2NDレンジローバー街乗りするには未だ最高のクルマです。

私の友人はフリラン2こそ、2NDにとってかわる乗り易さナンバーワンといっておりますが、









  
Posted by peach512 at 22:53

March 07, 2014

噴射ポンプ交換 

2.5DT


P2153480

日本には導入されていない(この響き好きです)2NDレンジローバーの


BMW・M51エンジン 1991年7月から2000年2月まで生産されたエンジンである。

BMW325td 525td/s 725tds 等に搭載された直列6気筒エンジンである。

なぜこの代からBMWからディーゼルエンジンなのって思った時期がありましたが、

当時は、Tdiユニットや/td5 などの自前のエンジンが合ったにも関わらず。

いろいろな憶測や話は聞きましたが、私個人的には当時のBMWの下心のある(笑)積極的な

セールスによるものと(この後のランドローバー買収への布石)勝手に解釈しています。


しかし能書き抜きでディーゼルエンジンが好きな方がいますが、私もその一人です。

日本におけるフルエナジーを提唱する私としては、日本で精製し余っている軽油をもっと国内で

使わなきゃあかんということもありますが、エンジンの本質として人間の波動に馴染むと思っています。

やはり理想はランドローバー車は特にディーゼルエンジンで乗りたいと思います。

自慢のディーゼルランドローバーはディフェンダーにとどまらず、現在はイヴォーク、

そして今回ご紹介している2NDレンジローバーが弊社にはございます。

AT及びマニュアルモデル 2台ございますが、熱いぜ セカンドディーゼル!

今回は、内1台のディーゼルエンジンの肝となる噴射ポンプを交換いたしました。

P3043754

もちろん部品は全て本国からの調達。


P3043753

作業時に燃料ポンプも同時に交換いたしました。

噴射ポンプを交換した後の走りはまさにThat's diesel!

最高のディーゼルフィーリングを堪能できます。

こちらのエンジン キロ言うと20万Kオーバーですが、

噴射ポンプの交換で見違えるほどの調子の良さを取り戻しました。

さて気になるクルマはということでご紹介したかったのですが、

すでに売約済となりました。

流石は、貴重なディーゼル・レンジローバー。

味のあるクルマを乗っていただきたいと思います。


クルマの未来は自動運転と言われていますが、あんなもん邪道もいいところだと私は考えます。

自動運転なら、公共交通機関を使いなさいといいたい。

あとブレーキアシストとかいうのも、あまり好きじゃない。

70歳以上限定とか運転に自身がない人限定にしてもらいたい装備です(苦笑)

自動車業界は、自動運転なんていう技術は、自らの墓穴を掘るもだと確信しています。

だって、運転は本来楽しむものなんだから。

スポーツは自ら体を動かすから楽しい、運転だって同じです。

運転して楽しいクルマに乗りたいものです。

ここ1週間 理由あってずっとマニュアルディフェンダーに乗っていますが、

楽しいですね、運転って。










  
Posted by peach512 at 20:04

February 15, 2014

副変速機付トランスファ Sub transmission

ようやく雪かきが一段落し、ランチをしてコーヒーを飲みながら

ブログを書いております。

この雪で来店予約、入庫予定、納車予定は全てキャンセルです。

このしわ寄せがいやだなぁ・・・。

2月14日の帰宅の約50K  天気雪

雪かきやら何やらで19:30過ぎに出発。

986739_825932180756202_12675223_n

かなり雪が降ってきましたが、こいつとならいけると思う(笑) 

この時点で圏央道や関越道は通行止。

かろうじて中央道は八王子〜高井戸間はチェーン規制だけなのでなんとか八王子I.Cまでいければ

何とかなるだろうという軽い気持ちで出発。

いつもなら、下で30分もあれば余裕なのですが・・・。全ての悪夢はこの時点で始まっていました。

16号で拝島駅近辺までかなり低速で進んだのですが、渋滞発生のインフォメーションが

拝島橋辺りから動いていないようです。

この辺りは昔昭島で仕事をしていたので裏道裏道であっという間に新奥多摩街道までは出たが、

拝島橋はまったく動いていないようだ。

八王子陸自付近の坂が原因だろうかなぁ

とにかく多摩川をわたらなぁということで、多摩大橋を目指した。

ここまで約1時間経過。

全てはここがいけなったアンダーパスに近いバイパスで渋滞。選択ミスでした。

40分ほど動いたり動かなかったり。

新奥多摩街道を裏道を使っていっきに多摩大橋まで行ったが、橋の上でストップ時間21:15

ここで30分ほど渋滞にはまる。

結局は甲州街道に向かうクルマの渋滞につかまったようだが、

ここから一気に八王子I.Cまでだったが、入り口まで来た時点で事故通行止で入口には閉鎖の案内が・・・。

時間22:00  ここまで2時間半かけてきたのに通行止だと・・・・。

万事休すか・・・と思ったが、携帯の交通情報をみても通行止にはなっていないので、

Uターンやハザード出して止まっている車をよそに

道路公団らしき人に確認すると、こちら側の入口で事故が起きたので閉鎖したと、

反対車線からの入口からは東京方面は乗れるという。

やはり最後は聞くに限る。

即ダッシュでUターンでようやく八王子にのることが出来た。

1947732_825932060756214_2088284619_n

ETCレーンは全て閉鎖  料金所の人がチェーン(スタッドレス)を確認しながらの

料金徴収となっているようだ。 

あまりにもクルマが来ないせいか、チェックは甘い。

1922928_825933040756116_121734128_n

すぐの石川PAに立ち寄る。 もちろんガラガラ。

バスとトラック  乗車車はパラパラと動こうというクルマはあまりない。

さて高速道路 さすがにスピードがのるせいか左右に振られるし、ましてや走行車線を

走るクルマがフラフラしているのでちょっと怖い。

ここでローレンジに切替。 

1938103_825951804087573_1603122066_n

どうせそれほどのスピードは出ないので、ローレンジで一気に高井戸を目指す。

1931935_825947424088011_1941809766_n


抜群の安定感 ローレンジのため回転は4000回転を超えるが、

速度は60-80Kの範囲で走るので、他のクルマは全て抜き去る状態だが、

まったく左右に振られず、びしっとまっすぐ走ります。

アクセルを緩めればブレーキは踏まずともきとんと速度は落ちる。



1654534_825931990756221_487207897_n

この快適走行は病み付きになりそうだ。

さすがは、副変速機付き機械式センターデフ 

ローレンジ 恐るべし  まったく滑らず快適にこの雪の中走行できるなんて、

これが本来の4WDが持つべき機能。

今時のクルマは一部のクルマを除いて、省かれてしまっているが

やはり悪路走行には絶対欲しい機能だと今回は痛感した。

もう一度いいます、副変速機付き機械式センターデフ

悪路系では積極的にローレンジを楽しみましょう。 

ちなみに現行の最新モデルでは、副変速機有り無しを選ぶそうです。

無しを選ぶと18Kほど軽くなるようですが、4WD乗るならセレクトしておきたい機能です。

普段は使わないでしょう、でもいざというときに必ず役に立ちます。

保険みたいなもんです(笑)



到着時間 22:50 

3時間20分のスノードライブは終了した。

まだ走り足りないなぁ  渋滞は余計だった。

教訓 多摩川は早めに渡ることを肝に銘じるのであった。











  


  
Posted by peach512 at 14:00

October 17, 2013

BespokeC 2ndレンジローバー

中古車も人気のランドローバー 

新車では1000万円近い車も中古車ではぐっと乗りやすくなる。

しかし、整備は当然ながら重要。

コツコツと壊れちゃ直しながら乗るのも良し、

しかし最初にしっかり整備して安心して乗りたいという方も多い。

今回はビスポークプランCで2NDレンジローバーをご購入いただきましたお客様の

車両の整備をご参考までにご案内。

はっきりいうと商売という概念はなくなりますが・・・・。


1375803_552146658198870_1077000667_n

画像が悪くて申し訳ございません。


書くのは容易いが実際は男の熱い思いと苦悩の日々の連続でした。

原因はいろいろありますが、とりあえずご紹介。

文字だけだと飽きるので挿画像入りで

1996年モデル レンジローバー4.6 オートバイオグラフィー


・24ヶ月点検一式
・ブレーキフルード
・シャシー洗浄
・ステアリング巻き直し
・カーナビ サイバーナビ&バックカメラ取付
・タイヤ ミシュラン4本
・カーフォルム施工
・エアサスペンション4本
・オイル&エレメント ドレンプラグ・ワッシャー
・エンジン内部フラッシング



DSC08962
DSC09003

・ヘッドガスケット
・ヘッド研磨
・油圧タペット
・インテークバルブ
・エキゾーストバルブ

DSC09110
DSC09119
DSC09120

・ヒーターユニットASSY
・レシーバータンク
・エキスパンションバルブ
・リサーキュレションドアモーター
・ブレンドモーターASSY
・インマニガスケット


DSC09157
DSC09116

・エアエレメント
・エアサスリレー
・フェールストレーナー
・ドライブベルト
・ポーレン
・ラジエター

DSC09115
DSC09117
DSC09114

・ドレインプラグ
・サーモスタット
・バッテリー
・ナックルボールジョイント左右
・ハブシール
・エアサスドライヤ
・ステアリングダンパー
・エキスパンションタンクキャップ
・エアサスコンプレッサ
・エアサスバルブブロックO/H
・パワステフルード
・ヒーターコアマトリックス本体ASSY


DSC09025
DSC08954
DSC08953
DSC08955

・ワイパー
・プラグ
・オルタネーター
・エンジンマウントブッシュ
・ビスカスカップリングファン
・フェールスイッチ
・ヒューズボックスASSY
・リアゲートダンパー
・ルームミラー
・リアラテラルロッド
・ブローバイホース類


DSC08961

オーナーご指定でステアリングまでビスポーク

本革巻き直し施工


恐らく普通のかたが安易に16〜7年前のレンジローバーを

安易に安く手に入れたのなら、即効諦めて売られることでしょう。

当たり前のことを申し上げます。

いいものを手に入れるのなら、相応の対価が必要だということを

お忘れにならないでください。

安物買いの銭失いということですね。

しかし、このような販売は月に何台も弊社も出来ません。

たまーにでいいんです、たまぁにで。







  
Posted by peach512 at 18:06

September 12, 2013

自分仕様のレンジローバー

私の知らないところでもレンジャースは入庫と納車を行っております。

後で写真とって紹介しようなんて思っていると、

すでに納車完了なんてことは日常茶飯事です。

WEBに公開しようなんて思うスタッフがあまりいませんからね(笑)

目先の仕事とそのお客さんにしか、うちのエンジニアは向いていません。

私はセコセコ撮影して、ある種の広報活動をしているわけです。

こちらは中途半端な撮影ですが、秋田県よりご来店いただきお車をお預かり、

下記作業をさせていただきました。

P9111866

ルーフライニング交換
P9111869

カラーはグリーンを選んでいただきました(画像は裏です)

アルミホイール マッド系塗装

珍しいカラーでのご依頼です。

IMG_0263



ドアハンドル 塗装

こちらはブラックでのご依頼です。

P9111868


カーナビ&バックカメラ取付


自分のお好きな仕様に変更されて、オーナー様もご満悦で

お帰りになったんではと勝手に想像しております。

わざわざ遠方よりのご来店ご依頼ありがとうございました。





  
Posted by peach512 at 20:39

September 04, 2013

ヘッドレスト張替

ヘッドレスト張替

愛犬にリアのシートのヘッドレストを咬まれたらしく、レンジローバーのヘッドレストの

張替の作業のご依頼をいただきました。

幸いブラックレザーとパイピングだったので、色合わせも問題なく

綺麗に張替が完成しました。

P9051850

新品を購入となれば、相当に高価な商品 というより部品の供給も

メーカーの在庫分のみということで、今回も供給終了ということでした。



P9051851




  
Posted by peach512 at 12:25

July 29, 2013

マッドブラック&アンスラサイト

P7281483


前回のアンスラサイトのホイールの件ですが、私は数年前から装着ししている

ZU製の16インチアルミ + MT タイヤ

私の中では手放せなくなった快適クルマ 2NDレンジローバー

いろいろと制約もありますが、長期保有計画もあり、複数所有ともなると

1ナンバー登録可は避けられませんでした、

よって年間17,000円の自動車税なので当面乗り続けることが自他共に確定しております。

1ナンバーは1999年モデルまでの車両限定になります。 2000年以降は原則不可です。


私はツートンが自分でも気が付かなかったけど、ツートンが好きなのかもしれません。


P7281482



P7281485



今回は何年ぶりにリファインをいたしました。

P7281478

センタールーフがかなり塗装の劣化が酷かったので、

マッドブラックで仕上げました。

同時にボンネットも塗装の劣化がみえたので同時にマッドブラックに塗装。

ディフェンダーもレンジローバーもツートンカラーが空きなのかなぁ くしくも。









  
Posted by peach512 at 19:36

July 04, 2013

2nd RANGE ROVER Autobiography

P7041186


オートバイオグラフィー 在庫3台全て完売です。

まずは納車1号車

P7041185

ステアリング本革巻き直しを施工しています。

ずっと触っていたくなるほど気持ちがいい新品の本革亀甲縫い

亀甲縛りではございませんのであしからず。


P7041188

今回はシフトノブも本革で巻き直しを行いました。

素晴らしい手触りです、ずっと握っていたくなります・・・・。



P7041187


P7041189

超耐久性ガラス撥水コーティングを行い、納車準備完了です。

P7041190


P7041184



P7031183

今月号のROSSO8月号

お決まりの付録DVDが見もの

あのときの衝撃は子供ながらに忘れることは出来ない

小学生ながら感動した童夢・零 

感動を再び。



  


  
Posted by peach512 at 12:46

June 21, 2013

大切な技術

P6210989













P38 レンジローバー オートバイオグラフィー シフトノブ

新品では供給が終わってしまっているABGのシフトノブ。

このように巻き直しによる日本の職人の技術で蘇ります。

P6210991

むしろ革も丈夫なっているんじゃないかと思わせるくらい

いい作り込みです。

P6210990


新車は楽です、当たり前ですが全てが新品なので、しかし15年〜20年も前のクルマを再生する

中古車販売のビスポークによる整備は、大変だけど、決してなくなっていはいけない文化だと

私は思っています。

数には限度がありますが、今後も1台1台の中古車販売 ビスポークプランを

大切にしていきたいと思います。




P6210996

ステアリングももちろん巻き直ししております。

この技術大切にしないといけないと思います。

P6210997

早く装着をして握ってみたくなるステアリング。

P6210998



オーナー様 今しばらくお待ちください。


巻き直し前は、こんなにテカテカでした、

テカテカ スベスベ  もはや本革巻きステアリングとはほど遠い状態です。

実際よく滑ってグリップしないので、危険かもしれませんね。


P6211040

P6211039
P6211038
P6211041

約17年分の手垢や汗が染み付いております。

バックなら味が出てきたなんて言えるんですが、

ステアリングは運転している以上常に手に触る部分なので

ここはリフレッシュ 新車と同じ感触で、自分で馴染ませていきたいところです。



  
Posted by peach512 at 20:15