November 07, 2017

エンジンECU 

今年もあと2ヶ月を切ってきました。

月並みですが、時間の経過はまさしく音速のようなスピードで過ぎ去っていきます。

つい先日のことが、もう何年前ってことがよくあります。

今年の春先のことが数年前に感じたり、数年前のことが数ヶ月前だったりと

頭なの中がやばいです。

毎月車検整備や修理依頼いただきサービス工場でのミーティングを行うと、

さまざまな点検のご依頼や故障不具合などを聞くわけですが、

以前にもあったね、という案件がほとんどですが、その以前の記憶がなかなか出てきません。

しっかり、トラブルシュートの結果をまとめておかないと、成長はありませんね。

IMG_3986

今回は原因不明のエンジンのかかりの悪さ、かかってしまえば調子がいいエンジンも、

エンジン始動がいつも悪い。

かかってしまえば問題ないのもあるので、修理もついつい延びてしまったようだが、

点火系・燃料系・空気系・電気系も問題なし。

そうなると昔の引き出しから引っ張り出してきたのが、エンジンコンピューター。

さっそくECUを外して、別のテスト用のECUを装着して、症状を確かめてみると

まったくエンジンのかかるの悪さはなくなる。

元に戻すとかかりが悪い。

そうなるとECUが犯人となる、専門のコンピューター修理をする業者さんに修理依頼。

数日後、修理後のECUが届き装着。

1週間程度何度も何度もかかりのテストを行うが、症状は出ない。

これで一旦納車してお客様に様子をみてもらうことになりました。

こんなことをしても、乗り続けていくのがクラシックなんです。

  

Posted by peach512 at 14:18

November 03, 2017

クラシックス 




先日発売したクラシックス

弊社からは2台のクラシックレンジローバーを掲載させていただきました。

写真が綺麗なのでぜひ保存版としてもお勧めです。

  • ムック: 103ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2017/10/31)
  • 言語: 日本語

Vintage Car Buyers Guide CLASSIX (ヴィンテージカー・バイヤーズガイド・クラシックス)はスペシャルショップにおける販売車両だけを取り上げたバイヤーズガイドです。

スタジオで撮影したかのような美しい画像と、モデル概要、個体概要の記述を掲載し、さらに日本国内だけに留まらず、世界の皆さんに楽しんで頂けるように、日本語に加え、英語での2言語表記としています。

世界的にも貴重になりつつあるヴィンテージカーの世界をどうぞご堪能ください。

なお、本書には豪華オールカラー28ページの2018年度版カレンダーが綴込み付録となっています。


【掲載車両】
1971 Porsche 911E Targa|ポルシェ・911Eタルガ
1965 Jaguar E-Type Series1|ジャガー・Eタイプ・シリーズ1
1986 Ferrari 328 GTB|フェラーリ・328GTB
1967 Chevrolet Corvette Stingray Convertible|シボレー・コルベット・スティングレイ・コンバーチブル
1951 Volkswagen Type1 Split Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1961 Porsche 356 B Cabriolet|ポルシェ・356Bカブリオレ
1971 Mazda Cosmo Sports|マツダ・コスモスポーツ
1970 Mercedes-Benz 280SL|メルセデスベンツ・280SL
1964 BMW 3200CS|BMW・3200CS
1966 Toyota Sports 800|トヨタ・スポーツ800
1959 Volkswagen Karmann Ghia|フォルクスワーゲン・カルマンギア
1973 Porsche 911S|ポルシェ・911S
1954 Volkswagen Type1 Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1994 Land Rover Range Rover Vanden Plas|ランドローバー・レンジローバー・バンデンプラ
1967 Mercedes-Benz 250SEC|メルセデスベンツ・250SEC
1994 Jaguar XJS V12|ジャガーXJS V12
1972 Porsche 911T Targa|ポルシェ・911Tタルガ
1969 Citroen DS 21|シトロエン・DS21
1958 Volkswagen Type1 Sedan|フォルクスワーゲン・タイプ1・セダン
1962 Jaguar E-Type Series1|ジャガー・Eタイプ・シリーズ1
1991 Land Rover Range Rover Bespoke A|ランドローバー・レンジローバー
1986 Citroen CX25 GTi|シトロエン・CX25・GTi

IMG_3781

IMG_3784




  
Posted by peach512 at 15:00

October 27, 2017

フェールポンプ クラシックス

IMG_3607


クラシックレンジローバーに限らないけど、旧車といわれる類のクルマで

エンジンがかからないーいっていう原因の一定比率を誇るのが

この燃料ポンプ。

こいつには、今ままで何十回泣かされたことだろうか?

以前は交換サイクルだけを気にしていたが、どうもそうでないことが

多くの案件から発覚。

その中で、出来るだけ長期動かさないときは燃料を満タンにして、

いわゆる浸からせておくことが長期間持たせる秘訣ということも言っておりますが、


IMG_3608



今回はもう少し突っ込んで、原因から再分析を行った結果。

改良をすべきではないかと言う仮説をたてることにした。

まず、ポンプが動かなくなる原因のひとつ、いわゆるショートである。


IMG_3604


内部が焦げているのがわかりますね、 ちなみにこのポンプ

まだ交換して2年経過しておりません。

でも死にました・・・・・・。

IMG_3605
IMG_3606



ポンプ側の配線が焦げております、燃料メーター側の配線はなんともありません。

ここでわかるのは、熱を持ち過ぎてしまっているということ。

ここの配線やけに細いんですね。

ポンプからガソリン内の配線はぶっといんですが、

タンクからでてカプラーまでの配線がそれまでの配線と比べると細いんですね。

続きはまた明日。





  
Posted by peach512 at 19:42

October 08, 2017

技術のクラシックレンジローバーパーツ

クラシックレンジローバーのエアコンに関する部品。

そのほとんど全てが供給終了となっている。

しかし、クルマはまだまだ存在し、乗り続けなければならない。

無い部品は作るしかない。

IMG_3383

IMG_3385

エアコンコンデンサー  コアはもとよりさまざまな箇所を修復して完成しております。

こちらの部品はRANGERSで販売する車両に使用いたします。

最近はコンデンサーの漏れなども多くなってきています。


IMG_3386

こちらは定番になりつつあるエバポレーター。

以前は英国内を探しまくっておりましたが、さすがに英国内にもないと言ってもいいでしょう。

ぜんぜん見つかりません。

IMG_3387

こちらはもう何機目でしょうか、 かなりの個数を製作しております。

おそらく壊れない限りオーナーは

見かけることはないでしょうが、こういう見えない箇所にも費用はかかっております。


こんなことをしていかないと、安心して四半世紀以上前のクルマに乗る事は出来ません。

レンジローバークラシック もはや四半世紀前後のクルマが多くを占めてきました。

その価値は下がるどころか、あがることしかないと断言してもいいのでしょう。

もはや今後はさらに上がり続けていくと、某車のように手が届かないクルマになってしまうのでしょうか。


私どもは1台でも多くのクラシックを残す為に何をすべきか、出来るのか?

そんなことを考えるようになってきました。




  
Posted by peach512 at 18:12

October 01, 2017

熱対策のためのバーチカルグリル? 

IMG_2372


デザインで好きなのでこのレンジローバー当初から装着しているが、

冷却目的の為にもこのグリルはとても有効的だとわたしは思っています。

特にクラシックはエンジンルームに熱がこもりやすいので、

多くの空気をエンジン(ラジエター・電装機器も含めて)に取り込み、エンジンルーム内の

温度を下げると共に、各部品が壊れないよう抑止する効果も期待できると確信しています。

年内には最終ロッド販売分を発売する予定ですので、クラシックオーナーの方には

グリルの2個もちをお勧めします(笑)

気分によって入れ替えるのもいいのかもしれません。

ちなみに交換に関しては数分で出来ますので、自分でも簡単に出来ます。

  
Posted by peach512 at 15:21

September 22, 2017

ABSポンプ 修理◆by クラシック

P9148969


ABSポンプの部品の供給がなくなたので、部品交換でなおしていくことなりました。

まず壊れている箇所の特定

定期的にブレーキフルードを交換していても、26年目を迎えれば経年劣化しても

文句は言えまい。

ましてや、フルード交換を怠っている個体はもっと早い段階で壊れたのではないだろうか。


P9078889



基本的にはO/H 清掃ですね。

ガスケットやらも交換

内部は汚れなどもある。


しかし、モーター新品交換が現段階では最善の策。

それを丁寧に組上げる。 

プレッシャースイッチが単独壊れている場合もあるが、今回はモーター(ポンプ)が

壊れていること判明してた。

これを海外から調達、通常取引しているサプライヤーはすでに供給終了なので、

単独部品を取り寄せる。

初めての作業なので丁寧に組上げて装着。


P9108945


見事に復活  直りました。



P9148974

ODOも、210,000Kをオーバーしていますが、

まだまだいけます、クラシックレンジローバー。


P9299063

プラグコードも今回純正から、みたび社外製に交換。

この辺りは試行錯誤というか、どこがいいというより、そのときのタイミングで

当たりはずれがあるのかもしれない。


P9148973



P9299062



いまだ数台の修理マチのクラシックレンジローバーがあります。


こういった作業がこれからも増えることはあっても減ることはないでしょう。

クラシックレンジローバー ABSポンプ 修理 


  
Posted by peach512 at 12:47

September 02, 2017

ABSポンプ 修理  by クラシック

とうとうこの領域を入ってきました。

少し前までは、新品で交換して完成と言う部品であったが、

ここにきて英国での供給もなくなってしまった主要部品 ABSポンプ


しかも、ここにきて数台のトラブルでの入庫が続いている。

故障の原因はさまざまだが、ひとつ考えなければいけないのは普通に経年劣化(金属疲労)なども

あるであろう。

とは言っても、直していかなくてはならない主要部品。

ABSポンプは、大きく分けて、本体・モーター・プレッシャースイッチ(アキュムレーター)という構成で

成り立っています。


P9028870

P9028871

P9028872


さてこちらの修理はどう進むのか、進めていくのかいくつかのプランがあるので

まずはひとつひとつ進めていきます。

またご紹介します。


  
Posted by peach512 at 18:30

September 01, 2017

【BRL】 Vertical Grill Reborn 

名称未設定-3


久々にBRL オリジナル部品が発売(再発売)する予定です。

出せば完売する(時間はかかる)クラシックレンジローバーの往年の部品。

バーチカルグリルキットになります。

今回も限定ロッドでの発売となりますので、クラシックオーナーはぜひこの機会に

お手に入れてください。

DSCN4463

DSCN4464

開発責任者談 

厚みも精度も 文句が出ないほどのクォリティだと思います。

とのことです。

わたしは、バーチカルグリルに当時のままネットなどをいれずに装着しています。

中のオイルクーラーとかファンが露骨に見えるのがたまりません。こんなのいまどき無いですね〜

2017-09-05-16-04-182017-09-05-16-05-15




やはり、当時の重みを感じる伝統あるバーチカルグリル


IMG_2372


もちろんメッシュを入れることも可能です。

2017-09-05-15-59-422017-09-05-15-59-35

と言うことで、このバーチカルグリル・リボーン  

お早めにご予約のほど。

04-2934-1234

rakuten@yoonjp.co.uk

名称未設定-1

  
Posted by peach512 at 16:14

August 29, 2017

クオーターガラスモール交換

クラシックレンジローバーの泣き所でもある、クオーターガラスモールの劣化

数年前まではこのゴムシール供給終了で、当時国内で製作をしたこともあったが、

当然限られたロッドはとうに売れきれ、しばらくの間供給できない状態があったが、

現在は本国での供給は再開している。

IMG_2255IMG_2256

IMG_2258IMG_2259


まぁまぁ20年も超えればゴムは当然ながら劣化します。


IMG_2264
IMG_2262


IMG_2267
IMG_2269



ノーマルのゴムを取り外して、ガラスを外します。

IMG_2268IMG_2272


IMG_2271

IMG_2269IMG_2270



ガラスに新しいゴムシールをつけて、ボディにはめ込んでいきます。

IMG_2292

IMG_2290


仕上げていけばきりがないクラシックですが、こういったところは

よく見える位置ですし、折角ボディがきれいでもゴムが劣化が激しいと

見た目も悪いし、ボディ内部への水侵入も考えると交換したいところですね。

ここまでしても、乗りたいクルマなんです。




  
Posted by peach512 at 15:11

August 28, 2017

ブライトスモーク

納車準備中  クラシックレンジローバー

透明なガラスで乗りたいところだけど、やはり実用上の必須のカーフィルム。

断熱透明ガラスもありますが、こちらは主にフロントガラスや運転席助手席の施工が多い。

リアに関しては色をつける施工が一般的ですが、

今回の施工のように、一番薄いカラーで施工するのもありですね。

IMG_2250


リア5面はブライトスモークと呼ばれる一番薄い濃度のカーフィルムです。

画像だと光の加減により濃さの感覚はわかり難いですが、

あまり濃いと折角のレンジローバーがDQN的な仕上がりになっては台無しです(笑)

IMG_2252

車内の人影は認識できますが、表情までは読み取りにくいと言うのがこのブライトです。

IMG_2251

もちろんUVカットや断熱効果はありますので、センスもよく、実用上のことを考えるとベストな

カラーかもしれません。


  
Posted by peach512 at 14:56