May 18, 2018

ドアロッキングペグ

IMG_0753(1)
IMG_0752(1)


アルミ ロックノブ  正式にはドアロッキングペグ 

というものだが、ここを純正のプラスチック樹脂から

アルミに変更。

IMG_0750(1)

みてわかるが、クラシックとディフェンダーは共通である。

おそらくディフェンダーむけに出ている製品だとは思うけど

クラシックに装着。

アルミ(シルバー系)と、ブラック系の2種類。

ただしブラック系は、ちょっとわかり難いかな(笑)

IMG_0755(1)

ポイントということで、ここにさりげないアルミ製はなかなか

いいんじゃないかな。

ディフェンダーは全て交換 シルバーもブラックもお勧めするが、

クラシックは、シルバーで前席(左右)だけをお勧めとします。

理由は購入時に聞いてください、WEBサイトで販売中。







  

Posted by peach512 at 20:38

May 11, 2018

ゴールデンアイレビュー

先日クラシックレンジローバーに装着した360度モニターカメラ 

アラウンドビュー 「ゴールデンアイ」 を装着したお客様から

装着後のレビューメールいただきましたので、一部抜粋してご紹介します。


IMG_0525(1)
IMG_0535(1)
IMG_0526(1)
IMG_0528(1)




●●様
お世話になります。

5/2より5/5の日程で青森へ行ってまいりました(走行距離1,800km)
GW後半は雨の天候ではありましたが、十分満喫することができました。

簡単ではありましがご報告いたします。

☆ゴールデンアイ
駐車場での出し入れではとても重宝しました。
狭い駐車場内で対面に駐車している車への接触を気遣い、小回りの不得意である
クラシックレンジで切り返しを繰り返しながら自車をコントロールする際、
前方の左右バンパーコーナーがアラウンドビュー画像によりはっきり確認できる
という安心感はとても大きいです。もちろんバックの際の車庫入れも問題ありません。

このカメラを一度使用してしまうと、もうカメラなしでは考えられなくなります。
友人からも絶賛でした。今回はGWの旅行に間に合わせていただき感謝しております。
ありがとうございました。

以前乗っていた2014年レンジスポーツにも純正でカメラは装備されておりましたが、
それぞれのカメラ映像が単独のため結局車両間隔がつかめず、ドライバーヘのサポート
としては不十分でした。
****************

詳細なレポートありがとうございました。

まだまだ発展途上の部分もあるので、今後もお客様のご意見をメーカーに反映させて

アップデイトしていきますのでご期待ください。


さて、このI様 ゴールデンウィーク中に青森まで行かれまして

そのときの写真もいただきました。

aomorimap

私は知りませんでしたが、階段国道なるところまで行かれたようです。


L1004934rg

津軽半島の竜飛岬にある有名な国道へ。
もちろんここからは下の国道まで階段による徒歩となる国道です。




なんとも摩訶不思議ですね(笑)

日本にも全国にはいろいろな観光スポットがあるんですね。

お気に入りのクルマで日本のいろいろなところを巡る旅もいいですね。


ありがとうございました。


  
Posted by peach512 at 11:39

April 30, 2018

MOMO

弊社のデモカーであるディフェンダー・クラシックにはMOMOが装着されている。

ディフェンダーだったり、クラシコは出来ることなら

純正の汎用ステアリングではなく、いわゆる社外製のステアリングに変えた方が、

正直いいと思います、きっと納得する。  と思う。


ステアリングは、まさにクルマを操作する重要な部分。

一番繊細な手を基本的に常時接触している部分。


IMG_0500

RANGERSディフェンダーには、レトロを装着。(35,000円税抜)

古きよき時代のステアリングホイールを現代の技術で再現しました。裏グリップ付の360mmグリップは31mm×29mmの適度な楕円形状で、上質に鞣されたレザーの縫い目はグレイのステッチで仕上げてあります。DISH長は43mm(一般的なモデルは37mm)なので多くの車種に取り付けることが可能です。RETROごしに見える車窓からの景色をゆったりとお楽しみください。


hl-02_super_grand_prix_w400


お勧めはこちらの新製品 MOMOから

ヘリテイジライン スーパーグランプリ 39,000円

スポーク部分がこちらはポリッシュ仕上げ

普通のシルバーでよければ、

hl-01_grand_prix_w400
hl-01_grand_prix_image03
hl-01_grand_prix_image02

ヘリテイジライン グランプリ 36,000円 もあります。




こちらに装着したのはスーパーグランプリ

旧き良き時代のステアリングです。

今となっては装着できる車種はほんの一部ですが・・・。
IMG_0599(1)



とにかく、驚いたのはウッドの出来栄え 

触ったときからよかったが、素手でも滑ることなくきちんとしたグリップ力。

むしろレザーよりもグリップする気がします。

常に触っていたくなるステアリングです。


弊社ではナルディ装着の方が多いですが、MOMOもお勧めです。







  
Posted by peach512 at 22:30

April 29, 2018

360度モニタリング ゴールデンアイ CRR

人気を博してきた360度カメラにて周囲を確認できるアラウンドモニター。

装着車輌が日に日に増えております。

そして、アップデイトも随時本国とおこなっておりまして、使い易く改善をしている

真っ最中です。

装着してからのご意見はなんなりとフィードバックしていただければと思います。


IMG_0534(1)
IMG_0535(1)


今回はクラシックレンジローバー 2台目への取付。

モニター画像はスポーツになってますが、こちらは近々のアップデイトで

クラシックレンジローバーの画像になりますのでご容赦願います。

IMG_0525(1)


IMG_0524(1)

今回はフロントは右側にオフセット (前回は左側でした)

IMG_0527(1)IMG_0526(1)

IMG_0531(1)
IMG_0528(1)


こちらの4つのカメラがVR画像を作ります。


お勧めなのは本体にあるUSBスロットル



IMG_0533(1)

今回はUSBポートをラインで外に出してあります。

ここにUSBメモリーを入れていただければ、ドライブレコーダー&セキュリティカメラとなります。

もちろん動画は、そのままナビモニターで確認ができますが、USBですので

パソコンで確認することも可能です。

走行中の動画は綺麗に取れておりますので次回ご紹介します。

IMG_0516



  
Posted by peach512 at 19:40

April 27, 2018

メッキフィルムシート施工※参考

クラシックレンジローバーのメッキバンパーが供給終了になって

もう何年になるのか、その後はブラックバンパーをメッキ加工してくれる工場に

だして施工をしてもらっておりました。

しかし、その加工をする工場はどんどん減り続けているようで、あの大きさをメッキ加工

する工場は日本全国でもかなり減っているのではないだろうか。

さまざまな問題はあると思うけど、時代とともに変化をしていかなくてはならないのも

いたしかたないところ。

そんなところに、メッキのシートを施工するという選択肢が増えるかもしれません。

早速、ご依頼をうけサンプルを行うことにしました。

IMG_0476


こちらは作業中 


IMG_0477



IMG_0480


まだメニューとして販売するか否かは仕上がり次第ですが、

これであれば、メッキ加工する費用の半額以下、そして何より施工期間通常だと

数週間 へたすれば1ヶ月以上かかっていたものが、たった1日ということになります。

画像はあえて粗いものがアップしておりますが、仕上がりが楽しみです。

クラシックレンジローバー ブラックバンパー装着のオーナーの皆様

お待たせしました。

もうすぐです。





  
Posted by peach512 at 11:51

April 10, 2018

便乗商法

4月にはいってか買取査定依頼を頂いております。

年度末である3月が本来では多いのではないかと思うんですが、

なぜか今年は4月にはってからが多い気がします。

クラシックは全国から、ディフェンダーも遠方から 

いずれも弊社の販売車輌ではないので、日本は広いなぁと感じながら日々査定をしておりますが、

正直出来るだけ高い値段がさせないものかといろいろ考えております。

やはり中古市場での高値安定は、乗る人にも安心感を与えます。

オークション相場では買取専業店と同じですし、勝てません。


IMG_6763




30年近く前のクルマに乗るのはそれなりのリスクもあります。

ちょっとがんばったよくらいのメンテナンスから安心感は生まれません。

部品を交換してもまた同じ箇所が壊れます。

なぜかは、場数を踏まないと理解できないことも多々あります。

それでも、多くの現役オーナーを抱える弊社には取扱いはもちろん

それをフォロー(車検・12点検・修理)していることによる、

圧倒的な情報のアドバンテージがあります、これは弊社の財産です。


しかし、最近クラシコにおいては便乗商法ではないかと思う個体も多くみられます。

その値段本当に適正? 意味があるプライスのクラシックをご購入ください。

今年の8月オートモービルカウンシルの出店が決まりました、

第一回の2016年から3年連続での出店となります。

ここに出てきているお店はおそらく客観的に認められている会社ショップだと

私は思います。

日本においてはまだ歴史は浅いですが、これから5年10年20年と、旧い車をリスペクト・

大切にするする文化や社会を日本も作っていかなきゃあかんと思います。

便乗しているだけのショップでは、たとえ欲しいクルマがあっても、高いお金をだして

買うのはいかがなものかと私は考えます。















  
Posted by peach512 at 18:09

March 15, 2018

ヴィンテージマーケット



3月13日発売

おもしろい雑誌が出ました。

最近の市場の動向がよくわかります。

もちろんクルマもあり、そこには十数台のクルマが登場します。

一部抜粋

Ferrari Dino 206/246

Chevrolet Corvette "C2"

Ford Mustang 1967/68 Fastback

Dadge Challenger 1970

1932 Ford "DEUCE"

AMC/Jeep  Wagoneer

Volks Wagen Type "Beetle"

Mercedes-Benz SL "W113"

Porsche 911"Narrow"

Nissan Skyline GT-R

Nissan Firlady Z 1969-1978

そして我らが Range Rover Classic も鳳で登場です。


IMG_5978


もちろん価格は高騰 UP  

今後はまだ高騰すると傾向にあります。

しかしそこには、正しいコメント(注意書き)にも注目(笑)

IMG_5979


ぜひ手にとってご覧ください。



  
Posted by peach512 at 11:21

March 10, 2018

アルミホイール

IMG_5732(1)

クラシックレンジローバー用のアルミホイール。

もはや新品で購入することができないシロモノ。


IMG_5733(1)



その他、いろいろな車種のアルミホイールのお問い合わせをいただきますが、

やはり皆さん探しているのは、かつて売っていたけど、今は売っていないものばかり(笑)

しかし、クラシック・ディフェンダー・ディスカバリー1 のアルミはいいデザインが

多いのは気のせいなのか? 

16インチがなせる業なのか?



  
Posted by peach512 at 17:02

February 10, 2018

モノの価値

モノの価値は人によってそれぞれ違うと思う。

ある人にとっては、価値の無い(低い)不要なものでも、

ある人にとっては、価値のある(高い)ものだったりする。

その価値を認める(欲する)人の数だったりで、価格というのは決まってくる要素がある。

世の中には、実際の価値以上に評価され取引されているモノもあれば、

実際の価値以下の価格で取引されているモノもある。

ある人によってはゴミでも、あるひとにとっては宝だったりする。

扱う商品に本来の価値を見出し、または他では付けられない付加価値をつけて、

商いをさせていただいている。


IMG_5180(1)


私どもはメーカーではないので、クルマそのものは作ることは出来ない。

でも、そのクルマに付加価値をつけることは出来る。

その付加価値を不変につけさせていただいているひとつにレンジローバークラシックなる

クルマがある。


IMG_5170(1)

このクルマに高い価値があるのは、弊社ではなく世界中同一の事実である。

しかし、その付加価値はどこでも付けられるかというと、それはNOだろう。

そんなこともわからないで、手を出すと火傷をする。

それは、レンジローバーに限った話ではない、どのメーカーにも存在する。

その付加価値をつける(それはブランドであったり、実務的な作業・整備なども含めて)ことは

実は一番難しい問題で、そうかんたんに出来ることではない。

弊社とて、散々商売にはならない問題を長年抱え続けて、今がある。

年数にして15年以上はこつこつ続けてきて、ようやくこの分野では

ちょっとは名がというレベルである。


IMG_5139(1)

そんな続けもしないで、後出しじゃんけんみたいなことを言われても心外である。

そんなことが最近あった。

しかし、わかっているのである  本人も。

それを素直に認めたくないだけじゃないのかなと最後は納得した。

商売だけを考えれば、途中で投げ出した方が正解だったと私も思う。

でも、うちは投げながった、というより厳密には投げ出せなかった。

どうしてか? それはひとつの答えではないが、

自分自身がずっと旧い車のオーナーであったからではないかと思う。

周りは最新モデルなどに乗り換えていたころに、私はひたすら旧い車を乗り続け、

整備し続けた。

最新モデルのクルマを買うお金がなかったからだけかもしれないけど(笑)

結果的には、今の会社の財産ともいえるものを手に入れつつあるのかもしれない。

今月もそんな旧い車の取材をいただいた。

IMG_5134(1)


アルパインホワイト&フジホワイト  


共に弊社で仕上げたレンジローバー・クラシック





  続きを読む
Posted by peach512 at 14:58

January 28, 2018

永遠のレンジローバークラシック

今年わたしもクラシックレンジローバーに乗り始めて、

9年目に突入することになる。

3 x 25


数百人以上のオーナー様の状況などをみさせていただている中で、

私が乗っているクラシックは大きなトラブルがない。

これは私が乗っているという事ではなく、1割程度の割合ではやはり入退院を繰り返す

個体も確かにある。

個体によってというより、特定の部品(パーツ)が連続して

トラブルに見舞われるケースもある。

その時は本当に申し訳なく思います。


整備していない車輌は論外だけど、整備していてトラブルに見舞われるのは

本当に運とかツキとか言う事を言っては行けないけど、製品の品質という

話になってしまうこともある。

そのあたりの、信頼度を高める努力とテストを今後も進めていきたいと思います。

という事で、トラブルシューティング完了後、お渡しまでテストを繰り返すので

お時間を頂戴するケースがあります事をご理解願います。


IMG_5205

クラシックレンジローバー こちらはアルパインホワイト

ロングボディ ヴァンデンプラ こちらも人気あります。

IMG_5206

クラシックレンジローバー  こちらは珍しいフジホワイト

ノーマルボディ 御指名のお客様も多く頂いております。



クラシックレンジローバーの個体は本当に少なく、

探している潜在ニーズは一般的に思われているケースより多いのが事実。

販売後そして売却までフォローできるところは限られております。

弊社も在庫がないときは、1台2台ということもここ最近は多くなってきました。

出会ったタイミングを大切していただきたいクルマであることは間違いありません。

今後、高くなり買い難さも高くなることも間違いないと私は思っています。

ご相談お待ちしております。










  
Posted by peach512 at 19:07