July 14, 2015

シート交換 スパルコ ディスカバリー

弊社社用車 ディスカバリー1 300Tdi シート交換。

長年の使用により純正シートの傷みが激しかったので

このたびシートを交換いたしました。

このディスカバリー1 Tdi  ディーゼルと言うこともあり弊社ではディフェンダーのお客様への

修理点検や車検などの代車としても活用している車両です。

基本的にディーゼルエンジンの方には、特性を熟知している

ディーゼルエンジン車を代車にお出しておりますが、この車両'97モデルと旧いんですけど

旧きよき時代のディーゼルエンジンということもあり、思いのほか好評をいただいております。


P7128311

今回選んだのは、こちらのシートになります。

シートと言えばレカロだけではありません。

P7128313

助手席とセットと交換したいところですが、あくまで運転される方に

純正シートとの比較をしてもらいたいという主旨のもとディスカバリー1に採用しました。

P7128314

座り心地は言わずもがな  純正のやれたシートとは桁違いの

フィッティングを実現しております。

P7128316


なんか旧い車いじるのってよけい楽しくなります。

P7128318


もちろんこちらのシート ディフェンダーにも装着可能かと思います。

レカロはちょっと高級志向が強いのでちょっとなぁと思われる方は、

リーズナブルな価格で交換できるシートも選択肢としてはありです。

  

Posted by peach512 at 18:53

December 09, 2013

LEDヘッドライトバルブ H4 Lo-Hi 

最近増え始めているLED H4バルブ 20W

交換が楽な上 比較的安価に手に入るのでHIDに変わる

ハロゲンバルブからの交換が増えています。

あくまでもハロゲンバルブH4のバルブ交換のみということなので、

LED専用に開発されたLEDヘッドライトと単純に比較できないことはご了承いただきたい。

いろいろモノがある中から弊社では完全保証をつけられるものを

パーツ卸業者から仕入れている。

LEDバルブ HID同様とても厄介な産物です。

なぜかというと、いいもの(クオリティが高い)と粗悪品(クオリティが低い)の区別が

装着前ですとつきにくい点があります。  一般的な人では区別はつきません。

当然プロであれば区別はつきます。

なぜか?

LEDバルブの場合は、LEDとイグナイターに分けることができますが、

同じLEDメーカー(例えばCREE社)でも、同じH4バルブでも使用しているLEDが違うからなのです。

大量に安く売らなければならないニーズ(場所)もある一方、

クオリティ重視するニーズ(場所)があります。

メーカーは当然使い分けます。

イグナイターに関しても同じこと、側は一緒でも中味が違うわけです。

いかに安定して電気を発生し続けられるか、放熱性に優れているかなど等。

ちなみにクオリティが低いLEDバルブは1時間点灯し続けると約30%程度光量が落ちます。

原因は1番は熱の問題です。

どんなLEDバルブでも熱によって光量が落ちるのは仕方のないこと。

当然点灯しっ放しでは温度が上昇するので明るさは落ちます。

ただし、10-20%程度では人間の目では識別できないでしょう。

30%でも怪しいところです(笑)

おそらく進化の鍵はいかに熱を持たないか、放熱性に優れていくかなどだと思います。


PC103023

ディスカバリー1 LED H4バルブ 装着点灯

PC103028


PC103026

HIDにも多少いえることだが、LED交換バルブの場合は、

ハイビームが弱く見えます。

実際は光量は出ているので、当然照らているのですが、人間の目に見える感覚では明らかに

長寿のハロゲン式バルブの方が遠くを照らしているように見えます。


弊社のLED H4バルブは ロービーム20W ハイビームではもうひとつのLED(20W)が点灯し、

40Wになります。

それでも白いLEDは遠くに行くほど人間の目には見えなくなります。

しかし、日進月歩の世界。

進化するLEDバルブができるのも時間の問題です。


まとめ

LEDバルブのピンからキリまで  粗悪品(安い)※得てしてネットで安く出回っています

もあれば、クオリティが高いモノまであります。  当然弊社はクオリティ重視に向けが主体です。

見た目では判別できないのが難点なので、ある程度価格で判断するしかないと思います。

実際弊社で取り扱っているLEDバルブより見た目が同じで安価なものはたくさんありました。


価格 安過ぎるものは避けたほうがいいでしょう。 安物買いの・・・となります。

 弊社は完全保証交換制度あります。即日対応します。


ますます広がりを見せるLED

年明けにはさらに改良版が発表発売される予定です。

私はハロゲンや今までのバルブには戻れない体になってしまいました。












  
Posted by peach512 at 18:09

January 24, 2012

雪 快適 Tdi

首都圏 雪降りましたねぇ。

ちょっと期待外れの量でしたが個人的には・・・。

お陰で通勤いつもならこ1時間のところ、今朝は2時間半以上も

渋滞等でかかってしまいました。

それにしても、Tdi(300) 快適です。

雪道では、まさに水を得た魚状態での、快適な走行。

P1000564

低速トルクもあって、雪道や渋滞でも走りやすいです。

このあたりはガソリン車とはまったく別物。

燃費も155K走っても、まだ4分の1以上

お財布にもやさしい  満タンで600K〜700Kは 走ります。




P1000570

雪がとけてきている過程ですが、面白い現象だったので・・・。

P1000571

きれいに空洞になっております。

この後 落ちました。



  
Posted by peach512 at 21:09Comments(0)TrackBack(0)

October 22, 2011

ディーゼル復活

デモカーのディスカバリー1 300Tdiのメンテナンスが

知らぬ間に完成していた。

ワンオーナーの個体ではあったが、見合ったメンテナンスをされていなかったので

今回はそれなりの整備が必要だったようだ、しかし一般的な常識的な範囲でメンテナンスは完了した。

エンジニアKが、作業をしながらも写真を撮っておいてくれたので

折角なのでご紹介。 しかし抜粋でのご紹介になります。



1110090008
1110090009
1110090010
1110120012
1110120018
1110130019
1110130020
1110130022
1110140002
1110140007
1110150012
1110150013
1110150014


エンジン系 と ブッシュ系 中心にメンテナンスをおこなった。

いよいよ継続検査を受けに行って、完成となる。

作業前にも多少通勤で使用したが、とにかくディーゼルは経済的且つ、

トルクフルで乗り易い。

個人的には特有の音と鼓動が好きなんだなぁ 


残念ながら市場的にはまだまだ乗れる V8 ガソリン にディスカバリー1は存亡の危機。

レンジャースでも、ディスカバリー1の車検修理は減少の一途を辿っています。

しかし、乗れば今でも十分なユーティリティと性能を持った車であることは間違いない。

費用対効果の高いクルマであると思います。

ディスカバリー1のパッケージングの良さを生かして、この300Tdi で向こう10年は乗ってやろうかと

思っております。

カプリスターコイズの300TDI  もう少しで発進します!




  
Posted by peach512 at 13:40Comments(0)TrackBack(0)

August 06, 2011

オーダー生地で天張張替

毎月ご紹介しようとして、忘れてしまう販売車輌の納車のご紹介。

今週末は、弊社サービス工場 夏季休業前最後の週末ということもあり、

販売車4台  修理車検5台ほどの納車がこの週末用意されました。

担当スタッフは大忙しのようですが、大事な技儀式と言ってもいい

販売車輌の納車  現場はフル回転です。


DSC01045


DSC01046

それぞれ新オーナーの下へ ランドローバーが納車されます。


近くは、ご近所世田谷  遠くは北海道 札幌まで旅立ちます。

 その中で ディスカバリーの天張り張替をご紹介いたします。


DSC01016

見るも無惨なディスカバリーの垂れ下がった天張り

ホチキスの跡は痛々しい・・・。

DSC01018

今回は外装カラー(ウッドコートグリーン)に合わせて、天張りの生地もグリーンを選択

実はこのグリーン  私もお気に入りのカラーです。

DSC01030

ディスカバリーの湾曲 凹凸だらけの天井も見事に綺麗に張替。


DSC01034

見事な復活  のグリーンのルーフライニング。

向こう10年、 いや10年以上 乗り続けていただきたいと思います。

時代や流行がどんなに変ろうと、いいものはいい。

これだけは普遍のような気がいたします。

DSC01025

レンジャースの場合は、DEFの販売は少ないのですが、今回は

取引際の担当者の方にご購入いただき、納車となりました。

きっと気に入っていただけると思います。

ありがとうございました。






  
Posted by peach512 at 15:34Comments(0)TrackBack(0)

December 18, 2010

CARRIGADA GREEN

ちょうど1ヶ月前にご依頼いただいたカリガダグリーンの

クロスロード(ディスカバリー)が車検整備とともに

完成いたしました。

これほど綺麗なカリガダグリーンをみたのは自信初めてです。

カリガダグリーンと言えば、色褪せているものしか今までは

みたことはありませんでしたので・・・・・。


DSC_0016











DSC_0035












全塗装に加え、各ピラーのブラックアウト処理

ルーフレールやフロントグリルの塗装

フロント・リア・リアクォーター・アルパインウインドウの

ゴムモール全交換

シルバーのスチールホイールの塗装などです。

車検整備も大きなオイル漏れはなかったので、

ウォータポンプ・IGコイル・ベルト・デスビ・ラジエターホース

プラグ・エキスパンションタンク・コード・ラジエター

各油脂類交換に加え

イグニッションスイッチ・ ウインカーレバー・

スタッドレスタイヤにキーレスを装着して完成です。


レンジャースには、本当に旧い車を大切にする方が多いです。


何より安さ(値段)を追求される方は、

他に行って頂く方が、双方のためなのでそのような方針を

とっているためか、そういう方がほとんどお目にかからなくなった。


しかしたまにご新規の問合わせで、このに作業はいくらですか?

他ではいくらなんですが・・・・

といった値段ありきで問い合わせられるケースもありますが、

安さなら他店のほうが、安いかもしれませんとご案内しております。



そしてこれも結果ではありますが、

安さを求められている方は、あまり長く乗られていないような気もします。

あまり書くと、きわどい表現がでてしまうので。

本当にお客様に恵まれている会社になったと思います。

個人事業者ではなく、会社組織として機能するようになったことに感謝感謝です。

もっともっとランドローバーを取り扱う会社が日本全国に増えればいいなとも

思います。

ですので、弊社はけっこう毎月地方の業者様にパーツを販売しております。

北海道から沖縄まで


至らない点もありますが、すべてはランドローバーオーナーのために

今後も精進します。


さて今夜は深夜からアイスホッケー練習です。

こちらも怪我せず楽しく頑張ろうっと。


今宵はこれにて















  
Posted by peach512 at 21:05Comments(0)TrackBack(0)

November 15, 2010

心意気

先日のご入庫は遠方からの新規のお客様

クルマはディスコ(実際はクロスロード・・・・・)の継続検査のご依頼です。

数日前お電話でご予約をいただき予定通り

ご来店いただきましたが、心意気に感動したので書きます。

クルマはディスカバリーでいうシリーズ0 

名称はホンダ クロスロード ということになってます。

かなり使用感バリバリで、外装に関しては、弊社のパーツ取り用の

車輌の方がまだ綺麗ではないかと言う位

ヤレ感が進んでいる。 

ボディ 塗装 凹み 樹脂類の劣化もひどい状態、

ゴム類のひび割れや固着も極限マックス状態。


こちらの車輌は今回、継続検査だけでなく、今一度外装なんかは

新車の時の状態近くまで、綺麗に仕上げて欲しいとのこと。


弊社で販売しているクラシックRRのような

オールペイントなど、旧いクルマを仕上げている

作業を評価していただいたようです。

専門ショップに依頼すべく、ネットでいろいろ調べて

レンジャースに行き着いてきていただいたようです。

画像 102













正直ディスコ(0-1)をビスポーク作業するのは

新鮮な気持ち。

今回は同色でオールニューペイントを仕上げる予定です。

画像 087














ゴム類 モール類も全て新品交換

画像 103












もちろんホイールも同色塗装をご希望

ナットやタイヤも新品交換

画像 100













どんな状態まで復活できるか楽しみである。

正直なお話 対応したスタッフはお乗換えなども検討されては

お話などを十分にさせていただいたようですが、、

お客様は乗り換えたい車が見当たらないとの回答でした。

旧いクルマでも気に入っているのでこれからも

乗っていきたいとおしゃられました。


ちなみに今回のご予算で国産車新車はもちろん、

レンジローバーなども十分購入できるご予算をお持ちです。


恐らくこの年代のクラシックレンジローバーなら

我々も日常の仕事なので何の躊躇いもなくお話を進めさせて

いただいたと思いますが、それがディスカバリーということで

ちょっと躊躇してしまったのです、でもそれは間違いです。

すぐに気がつきました。


自分がいいと思っているクルマは他人の評価や市場の評価は

関係ありません。

そういう意味では日本は、周りの目を気にし過ぎな異常な民族という

気もします。

だってクルマを購入する時に、自分の好きな仕様やカラーではなく

先々査定(下取)のいいグレードやカラーを聞いたり調べたりして

買うんですから・・・・。

だから皆 同じようなクルマに決まったようなカラーになってしまう。

そしてそれを良しと思う方々がなんと多くいることか・・・・。

先日発売してばかりの某メーカーの小さいHV車

私からしたらあり得ない選択ですが、売れまくっているようです。

話はそれましたが、再生プランの予算ではその某クルマは余裕で

買える金額です。


詳細はお見積内容で検討し決めていきたいとこと、

私はそのお客様の心意気に感動して自ら今回の再生プランの

対応をさせていただきたいと思い、予定していたスタッフから

半ば強引に奪い、担当させていただくことになりました。

もちろん年内納車はお約束

相当な過密スケジュールになりますが、蘇るディスコ0/クロスロード

をお楽しみに。















  
Posted by peach512 at 21:38Comments(0)TrackBack(0)