February 09, 2012

ディスカバリー2 コイルサス

最近作業が多くなってきたディスカバリー供.螢▲┘▲汽晃両秉ね

上級モデルはエアサス  他のグレードはコイルサスである。

どちらが故障するかしないかということは、一目瞭然なのだが、

新車ならともかく中古で長く乗ることを考えれば、コイルサスの方が

安心であることは間違いない。

たしかにエアサスの機能は魅力的だが、なにより優先されるのは

トラブルの少ないカーライフとされる方が多いし、当然といえば当然。

DSC06477


今回は、ショックアブソーバーも同時交換をおこないました。

これも、乗り心地など いわゆるクルマの走りという点において

新車から10年以上経過していれば、無条件に交換したいパーツである。

P1000601

UK コイルサスキット 

この派手な黄色のバネならどうしようと思ったが、

DSC06479

実際は黒いサスペンションでした。

ショックは4本 モンローに交換しました。


もちろん、フロントもショックは交換

DSC06492

しかし、これが大変な作業になることがあります、今回がそれでした。

錆でフロントショック交換時に取外すアイスレーターが外れません・・・。

結局最悪の壊すこともあります。

そうなると新品のアイソレーターが必要になります。



DSC06487
DSC06486


DSC06488

DSC06489


ディスカバリー1 クラシックRRコイルサスペンションの

ショック交換は注意が必要です。



最後にECUに、きちんとエアサス仕様からコイルサス仕様への

コーディングが必要です。

これを行わないと、エラーやエアサスの機能が動きっぱなしになります。


DSC06493

当初の設定はAIR と表記しております。

DSC06494

COIL に変更します。


UKのランドローバー専門誌を毎月みていて思うのですが

クルマで遊んでいます 彼らは・・。

クルマ的にディフェンダーが多いのはわかりますが、

負けずにディスカバリーもかなり多いんです。

さすがにディスカバリー2 も値段がこなれているせいか、UKでは

アソボウノ車輌として人気があります。

アフターパーツも充実しています。

UKではディスカバリー2が熱い感じがします。

もちろんTd5 だということは間違いありません。

私は今は300Tdi  + AT のマッチングの良さに感激しております。

満タンで700K   渋滞込み リッター10K 軽油で燃料費節約しています。



 

ちょっとこのあたりはレンジローバーとは、やはりキャラクターが

違うというか、役者が違います。







  

Posted by peach512 at 19:50Comments(0)TrackBack(0)

December 17, 2011

天張張替 

P1000433











ディスカバリー供 .襦璽侫薀ぅ縫鵐按ヂ愃邏

P1000434

いい感じで垂れてくれます。

P1000435

ディスカバリー1からのただしく継承されました。

フロントガラス上部もお約束の剥がれ

P1000436


私の知り合いは、この状態で半年間くらい乗っていました。

P1000437

P1000438

のりをすべて落とした状態。

完成の写真はまた後日。

ディスカバリーのリアの方は、幅が広い為に

通常のルーフライニングの用の生地では足りません。

前側と後ろ側で2枚で張り替えるところもあるようですが、

見た目があまりよろしくないので、RANGERSでは

リア後方 アルパインウインドウ付近で左右に生地を

たします(縫い付けます)。

見た目重視なので、このようになったようです。

この天垂れ、恐らくディスカバリー3には継承されていないようです

今のところレンジャースではご依頼はありませんので。






  
Posted by peach512 at 19:47Comments(0)TrackBack(0)

July 03, 2011

Each LAND ROVER by ディスカバリー


以前にも何台か行ってきた作業のご紹介。

クルマはディスカバリー供.皀妊襪任いΔ箸海蹐料梓モデル

今回は、後期用のツインポケットヘッドランプユニットへのアップデイト。

簡単に付け替えが出来れば、もっと広まっているだろうと思われるが、



実際には、専門の板金技術プラスαが必要になる。

画像 073

良くも悪くも ディスカバリー1とあまり変わらないフロントフェイス

画像 067


簡単に交換するだけは装着できません。

このあたりは量産メーカーのMCとは違います。

画像 002

イメージ変ります、 実際には後期とはバンパーなども違いますが、

オーナーはバンパーの形状はコチラの方が好みということでした。

ヘッドライトって、やはり人間の目と一緒で

全然イメージが変ります。

img58260908






  
Posted by peach512 at 17:30Comments(0)TrackBack(0)

May 22, 2011

ディスカバリー兇離灰ぅ襯汽

画像 066

コイルサスコンバージョンキット

なぜ2本かって?

ディスカバリー供.螢⇒僂世らです。

オーナーは悩まれた結果 リアはコイルでいくことにいたしました。

どんな選択が正しとか間違いとはないかと思います。


ランドローバーを長く乗り続けてもらいたい。

強いて言えば、長く乗ることを前提とした整備は正しくて、

そうでない整備は良くないといってもいいかな。


その為(長く乗るため)には出来うるパーツ提供やサービス提供はさせていただきます。



午後 サービスからの報告によると

近々かなり珍しいランドローバーが修理で入庫するようです。

インポーター輸入のいわゆる正規輸入モデル (好きじゃないけどこの言葉)

ではなく、欧州からの並行輸入モデルとなるようです。

当然ながらディーゼルエンジンであることは、言うまでもありません。



ディーゼルといえば、1週間ほど通勤で使用した300Tdi が便利でした。

いかにもって感じのエンジンフィーリング

これがとにかく心にしみちゃう・・・・・。

燃費は余裕で10K越えだし、

とにかく車すきからしたら、世の中の能書きや綺麗ごとはいいから

もっともっとクルマに乗りたいんです。

自分のできる範囲で経済的に許される範囲で、法律で許されている範囲で

クルマを思いっきり楽しんで欲しいと思います。

画像 008

こちらがディーゼルエンジンお薦めオイル

プロのオイルスペシャリストにランドローバーの一押しオイルです。


ディーゼルエンジンに適している油を調査の上

フィーリングと燃費はもちろん

数万キロを走破したエンジン内部が一番綺麗な油です。

オイルはどこも同じではありません。

かといって、一番いい! とか言うのも実はないんじゃないかなと思います。

フィーリングとエンジンをあけた時の

内部の色とか焼き具合とかそういうもので各社で判断しているんではないでしょうか。

私はフィーリング重視

そして何より 定期的なオイル交換  これが一番です。













  
Posted by peach512 at 20:01Comments(0)TrackBack(0)

May 08, 2011

雨漏れとディスコ

過去に何度か取り上げたことのある雨漏れ

車種によって多少なりとも違いがあるが

今回は最も多いディスカバリー兇離汽鵐襦璽佞らの

雨漏れの原因についてレポートします。('99モデル〜'02モデル)

ちょっと納得のいかない構造に・・・・・・。

まず、サンルーフゴムシールですが、これが根本の原因ではありませんが、

実はこれ今まではゴムシール単品で供給がありませんでした。

それが調べてみると前期モデルも、後期用のゴムシールを使うことが対策として

メーカーより指示がありました。

後期はあまり漏れが無いので部品を調べていませんでした。

画像 007

このゴムシールをかいくぐって浸水するわけですが、

通常はフレーム内の水路を取って排水パイプからホースに流れていくわけですが

ここの構造 ちょっと変!です。 

今回の雨漏れの直接の原因はフレーム(鉄製)に後付されている樹脂のパーツの破損。

画像 011
樹脂のパイプが根元から折れて、排水ホースの中に入り込んでおりました。
画像 018



画像 013

スチールのフレームにとってつけられた樹脂パーツ

粗めのコーキングがされております。

画像 016

こんな風にコーキングは簡単に外せます。

見る限りサンフールのゴムからしみ込んだ水はとっても

浅いフレームを通ってこの樹脂の穴からホースへ流されるし仕組み。

なぜ、ここだけ樹脂の後付なのか?

恐らくディスカバリー兇世韻覆茲Δ糞いします。


また、少しこの浅めの水路を密閉するとかしれば排水を塞いでも

漏れなくなったかもしれませんが、あまりの浅さと詰ればすぐどこからでも

漏れそうな構造に驚き。



画像 027
画像 030

この樹脂だといつかは割れてもおかしくないかもしれません。

新しいロアフレームを見る限り特に対策はされてはいません。

上記画像は新しいロアフレームと排水部分です。

とにかくせめて、この樹脂製の部品だけでも供給があれば

部品代は安く済むかとは思うんですが・・・・・。

結局 ルーフライングを取外しましたので、

たるみがひどかったので、張り替えることにいたしました。

お客様の希望でちょっと純正よりやや濃い目のベージュで仕上げました。

ディスカバリーのキックアップルーフは、非常にアール箇所が多く、

施工は大変です。

素人でしわがいたるところによるのは間違いないと思われます。


画像 023


施工場所によっては2枚で張替をおこなうところもあるようですが、

レンジャースでは1枚で貼り付けます。

もちろんそのほうが仕上がりも純正風です。

画像 026

これだけのパーツを外さなくては

ルーフライニングを外せません。

いやいや手がかかりますが、 オーナーの大切にする気持ち一つで

どうにでもなるのも事実です。

少しずつでもいんです、いま持っているランドローバーを見直す方が

多くなっている気がいたします。









  続きを読む
Posted by peach512 at 17:19Comments(0)TrackBack(0)

April 14, 2011

Rain leak

毎月最低1台は行っているんではないかという雨漏れ点検

レンジャースで圧倒的に多いのは

ディスカバリー1&2

しかも、サンルーフ付近からというのはD2の専売特許

他のモデルは弊社では例がありません。

ディスカバリー1が減っているのだが、これは雨漏れを直そうという方が

減っているのだからかもしれない。


何回もご紹介しますが、それだけ修理依頼が多いということになります。

今回は、Aピラーやサンルーフ付近(運転席頭上)の雨漏れ点検

車体の傾斜などの角度によって、漏れる場所が変わったり

直ぐに症状が確認できない場合もあるので、点検には時間が

かかる場合がありますが、そこは過去の点検台数が専門店の強み

今回は、漏れ箇所が複数個所見つかった。

フロントドア左右のゴムシール部と、お決まりのサンルーフロアフレーム

img57141361
点検には、ルーフライニング

をすべて取外して行う関係で

同時に、ルーフライングの

張替をされる方が多い。

工賃がお得だからね。




1103010010














原因は排水部の破損によるものが多い。

補修でも直る可能性はないことはないが、

再度雨漏れしたときに、またここまで分解しないといけないので、

結局交換というこが、安心ということになる。

部品代は約8万円もするが、雨漏れが直るのであればと

ほとんどの方は交換されます。

これも、今後大切に乗っていこうというオーナーの表れだと思います。

とにかく、直らない雨漏れはないので、雨漏れで悩むオーナーの方は

諦めないで専門店に依頼して欲しいと思います。






  
Posted by peach512 at 09:20Comments(0)TrackBack(0)

February 25, 2011

風音

車検整備で預かりのディスカバリー兇望茲蠅泙靴拭

と言っても、納車前の最終点検の一環 特にこの車両は大がかりなエン

ジンに関する整備をしたので、最後の高速走行点検は私が担当。

エンジニアでもない私が運転するのは、あくまでも一般の目線・感覚

でクルマを最終判断・点検することが責務。

さすがは毎月4,000K走破するわたしの運転時間がものを言います(笑)


しかし今回は、誰でも乗ればすぐにわかる異常が判明。

80キロもだすと、リアドアあたりからかなりの風が入ってくる。

後部座席にいる人はもちろん、運転者であるドライバーにまで

冷たい風を感じる。

もちろんウインドウは完全に閉まっている。

しかし、お客さまからの点検等の依頼を受けた用紙にはそのような

依頼事項の記載はない  

おかしい、気がつかないはずがない。

すぐにオーナーに電話にて確認したところ

オーナーはやはり気が付いていた。

後席に座る妻や子供からは寒いというクレームまで入っているという。

じゃなぜ点検の受付時に依頼をしなかったのかを聞いてみると、

実は当時購入時、すぐに気付き販売店にて(某専門店)クレームをいったようだが、

販売店の回答は、この車種の場合、ルーフからの流れる水の水路のため

ドア内に空間があり、そこから風が入っていると説明をうけたようだ。

これはクルマの構造上の問題なので直すことは出来ませんと説明を

うけましたとオーナーはいう。


コメントのしようがない・・・・・・。意図的に嘘の説明をしているのか、

はたまた本当に素で言っているのか真偽のほどはたしかではないが

少なくともオーナーは言った通り信じていたようだ。

ありない・・・・・。

画像 033
私がみたところ、

ドアの立てつけ問題なし。

取付位置も問題ない。

ウエザーストリップ異常なし。


でも間違いないほどの

風が入っていくる。

まるで、ウインドウを少し開けているような

・・・・。

じゃ窓だ。

試運転してすぐにエンジニアがで原因を突き止め

すぐに直してくれた。

なんだったのか?

原因はこれ


画像 030画像 029














こちらはフロントドア側              こちらはリアドア側


違いはわかりますか?

フロントドア側が

上部と一体あであるのに対して

リアドア側は上部と立ての

ガラスとサッシの間に入っている

ものがセパレートになっている。

これが、長年のリアのガラスの昇降によって

立てのおさえのものが下に落ちてしまったのだ。

必然的に、サッシとガラスの間に隙間があき

そこから風が入ってきたということだ。

なんともお粗末な結論だが、こんな状態で1年も我慢していた

オーナーもよく耐えたと思います。

しかし、疑問は次のステップへ

なぜリアはセパレートなの?

あれではいつかは下に落ちてしまうは明らか・・・・・。

フロントのように窓枠に沿って造形されていれば

こんな問題はおこらないのに・・・・・・。

ちなみに、左リア側も3センチほどていました(右側は15センチほど落下)

とくに部品交換もしなかったので、部品の名称はわからないが

こちらの作りもちょっとと感じる結果となった。

とにかく、いい加減なことをいうところは、こんなことは普通にいうものなのか。


先日 修理で入庫のクラシックRRオーナーが

昨年夏 修理で預けた某販売店(自称専門店)は

オーバーヒートするクラシックレンジローバーに対して

中東仕様のラジエターをつけないとオーバーヒートは避けられないと

説明されたという・・・・。

しかもそのラジエターは日本にはないという。

つまりクラシックレンジではオーバーヒートを起こしてしまうので

夏は乗らないほうがいいという説明をうけたという。


頭いたくなった・・・・。


まったくの嘘なので、間違っても信用しないように

あまりこういうことは書きたくなかったが

今回はあえて書きました。





  
Posted by peach512 at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

October 08, 2010

ディスコ2 雨漏れ

ディスカバリー2の雨漏れです。

メンテがし易いようにボンネットは外します。


CA4RDO05




















ディフェンダーでは珍しくない雨漏れですが、ディスコ2も最近は多いようです。


例えば2NDRRの場合でも、ポーレンフィルターからの雨漏れというのは

結構あるので、インテークプレナムフィルターを交換する際に

コーキング等で予防対策を施します。


しかし、ディスカバリー2も同じようなことが起きます。

経年劣化と言えばそれまでかもしれないが、雨漏れ対策は必要です。


よくみると水抜き用の穴はあいてますが、

穴の位置が高いのでどうしても水が溜まってしまいます。

水が溜まると言う事は、当然ゴミや泥も溜まってしまいます。

CAUJ9YJ1












しかし、原因はここだけにあらずやはり、ロアモールの劣化も

雨漏れに起因していると考えられます。

ここに水が溜まること自体おかしいと言えばおかしいんですが・・・。

ここあたりはあまり追求私はしません。


室内への水の浸入はここからです(外気導入部分)。

CA1S2L5G












2NDRRのようにポーレンフィルターは、ここにはD2の場合つかないので、

インテークプレナムフィルターを交換しないとここから

ゴミ等が侵入してしまいます。

ゴミが侵入すると、室内に入り込んだりブロアモーターに

溜まったりします。


よって壊れることもないとは言えないので、インテークプレナムフィルターは

交換した方がいいですね ディスコ2の場合は・・・・・・。


CAROW1LQ











このフロアがぬれた場合は真上からの水漏れとみて

間違いません。

  
Posted by peach512 at 12:17Comments(0)TrackBack(0)

June 08, 2010

ABSモデュールユニット

ランドローバーの中での不思議ちゃんといったら怒られるかな

ディスカバリー2 


私はオーナーとしてこの車と向き合ったことはないけど、

当時足として乗っていたディスカバリー1から乗り比べた時に

まったく別の乗り物だと感じたのを覚えている。

これはドイツ車だと思ったなぁ D1と比べると

見た目は似ているのに・・・・・。

D1もD2 クルマ好きでない人はおそらく見分けはつかないだろう。


今はレンジャースの社用車としてもディスカバリー2は活躍している。

厳密にはいろいろなトラブルの発生を確認しているといっても

いいだろう。

先月になるが、整備中のディスカバリー2がちょうど3台ほど

あったが、たまたま必然? 同じような箇所にエラーが出た。

ABSモデュラーエラーである。

よりによって3台が3台ともである。

エラーの発生する警告音の頻度の差はあるが、

いずれもここがエラーとのテスターの結果である。

もちろんエンジン一旦切れば、何事も無かったかな用にしばらくは走ります。

その内に、「ボーッン」と警告音がなりランプが点灯します。

ブレーキに関するところなので、当然ながらそのままというわけにはいきません。


なんでこんなに壊れるのかと思ったが、調べていくと徐々に

なるほど そういうわけだったかと納得してこないこともない。

ブレーキフルードが徐々に浸透し、基盤系を狂わしているのではないかと

推測されます。

てなわけで交換しか道がありません。

DSC02374


















DSC02375


















しかしこのパーツ10万円以上します、

交換にはエア抜きに専用のテスターも必要ですので、

必然的にディーラーか専門店での作業になります。

ここを直していないディスカバリー2が世にはかなりの

潜在台数があると確信しました。

ディスカバリー2購入の方は要チェックです。









  
Posted by peach512 at 12:13Comments(0)TrackBack(0)

February 19, 2010

ディスカバリー2 By Td5 

日本未輸入のディスカバリー2 Td5 マニュアル車

ディスカバリーの性格にあったエンジン&ミッションだと

思うのは私だけではあるまい。

こんな完璧な組み合わせのクルマが日本で乗れないなんて・・・・。

そんなディスコニアの夢を叶えるべく、これから何かが始まろうと

しています。 

乞うご期待


CALK5O6X












CAHCAEVX

















バンクーバーオリンピック

いよいよ花形

男子アイスホッケー予選が始まりました。

夜な夜な録画したHDDで続けて2試合も観てしまって

寝不足気味・・・・・。

いたしかない 4年に1回なのだから・・・・・。

なんといっても感激はロシア代表のフェドロフ 

私がアイスホッケーに興味も持ったときにファンになった選手

40歳でありながら未だ動きは衰えず。


この歳でもやはりロシア大表の中でも目立つ存在。

優勝候補のロシアは揺るがない。


カナダとロシアの応援を決勝リーグまで続けようっと。


  
Posted by peach512 at 19:57Comments(0)TrackBack(0)