May 18, 2018

ドアロッキングペグ

IMG_0753(1)
IMG_0752(1)


アルミ ロックノブ  正式にはドアロッキングペグ 

というものだが、ここを純正のプラスチック樹脂から

アルミに変更。

IMG_0750(1)

みてわかるが、クラシックとディフェンダーは共通である。

おそらくディフェンダーむけに出ている製品だとは思うけど

クラシックに装着。

アルミ(シルバー系)と、ブラック系の2種類。

ただしブラック系は、ちょっとわかり難いかな(笑)

IMG_0755(1)

ポイントということで、ここにさりげないアルミ製はなかなか

いいんじゃないかな。

ディフェンダーは全て交換 シルバーもブラックもお勧めするが、

クラシックは、シルバーで前席(左右)だけをお勧めとします。

理由は購入時に聞いてください、WEBサイトで販売中。







  

Posted by peach512 at 20:38

May 09, 2018

エンジンかからない ディフェンダー アラーム

ディフェンダー 2.2 TDCI エンジンかからない症例

が同様なことが原因で3件目なので、ご案内します。

たった3台 すでに3台 か別として、ここ1年前後で3台目。

キーレスでロックが開きます、

エンジンがかかりません。

一瞬スターターは回るときはありますが、すぐとまりクランキングしません。

明らかにセキュリティ(イモビライザー)が働いている感じの症状です。

メーカーのテクニカル情報を調べると、2016年3月16日付けでそのあたりの情報がでていました。

件名/苦情

リモートコントロールで車輌をロック解除できない、またはエンジンを始動できない


状況

リモートコントロールが車輌をロック解除しない、または車輌が動かずクランクしないと

お客様から指摘を受ける場合がある。

この問題は、車輌のバッテリー供給の接続解除と再接続で解決できる。


 
とあるが、バッテリーの電源供給を切るだけでは直りません(3台共に)

3台共に少しずつ症状は違うが、原因は同じであった。

要は、アラームモジュールのエラーである。

メーカーでは、新しいアップデイトされたアラームモジュールに交換しろとある。

品番も新しくなっているので、まぁ交換することがメーカー推奨なのだろう。

現状交換までしなくとも、あることをすれば改善はされますが、

長期的にみればやはり交換が無難であろう。

ちなみに、キャリブレーションは必要な場合があります。

対象はデーター上では2014〜最終までのディフェンダーとあるが、

2013年モデルでも同様の症状はでているので、この品番の搭載モデルはすべてじゃないかなと

個人的には思います。

交換前の対策としては、定期的なキーレスの電池交換をお勧めする。








  
Posted by peach512 at 17:20

April 30, 2018

MOMO

弊社のデモカーであるディフェンダー・クラシックにはMOMOが装着されている。

ディフェンダーだったり、クラシコは出来ることなら

純正の汎用ステアリングではなく、いわゆる社外製のステアリングに変えた方が、

正直いいと思います、きっと納得する。  と思う。


ステアリングは、まさにクルマを操作する重要な部分。

一番繊細な手を基本的に常時接触している部分。


IMG_0500

RANGERSディフェンダーには、レトロを装着。(35,000円税抜)

古きよき時代のステアリングホイールを現代の技術で再現しました。裏グリップ付の360mmグリップは31mm×29mmの適度な楕円形状で、上質に鞣されたレザーの縫い目はグレイのステッチで仕上げてあります。DISH長は43mm(一般的なモデルは37mm)なので多くの車種に取り付けることが可能です。RETROごしに見える車窓からの景色をゆったりとお楽しみください。


hl-02_super_grand_prix_w400


お勧めはこちらの新製品 MOMOから

ヘリテイジライン スーパーグランプリ 39,000円

スポーク部分がこちらはポリッシュ仕上げ

普通のシルバーでよければ、

hl-01_grand_prix_w400
hl-01_grand_prix_image03
hl-01_grand_prix_image02

ヘリテイジライン グランプリ 36,000円 もあります。




こちらに装着したのはスーパーグランプリ

旧き良き時代のステアリングです。

今となっては装着できる車種はほんの一部ですが・・・。
IMG_0599(1)



とにかく、驚いたのはウッドの出来栄え 

触ったときからよかったが、素手でも滑ることなくきちんとしたグリップ力。

むしろレザーよりもグリップする気がします。

常に触っていたくなるステアリングです。


弊社ではナルディ装着の方が多いですが、MOMOもお勧めです。







  
Posted by peach512 at 22:30

April 28, 2018

360度モニタリング ゴールデンアイ DEF

今回はディフェンダーに360度アラウンドカメラ  ‘ゴールデンアイ‘の取付。

IMG_0499(1)




ちなみに、こちらの社外製 後付けのアラウンドカメラはまだ発展途中で、

さまざまなアップデイトを日々繰り返しております。

実際に使用しながら、日本人好みの設定に随時バージョンをあげております。

とりわけ、モニターに映る車輌のデータもまだすべて揃っておらず、

今後、ディフェンダー、クラシックレンジローバー、など増やしていく予定です。

ディフェンダーは、まだカメラの付け方が確定ではなく、今後変更等バージョンを

あげていきます。

アップデイトは簡単にUSBにて行える予定です。

日本語のマニュアルも製作中です、すでにモニター上の設定は日本語になっています。


IMG_0497
IMG_0496(1)
IMG_0495(1)
IMG_0494(1)



取付は通常 現状のモニター(カーナビ)に映しておりますが、

日常的に使用して思ったのは、やはり別モニターで映った方が便利ということ。

この360度ビューを100%使うには、専用モニターが便利です。

しかし、実際には追加モニターはなかなかスペース問題と景観の問題でハードルがあります。



IMG_0503(1)


IMG_0502(1)


フロントはナンバーステーに専用ブラケットにて取付。


IMG_0506(1)

サイド両側に関しては、まだ取付方法模索中ということですので、

最終段階のものではありません。

配線を中に通すことになると思います。

IMG_0504(1)

IMG_0509(1)

リアに関してはかなり苦労しています、背面スペアを背負っているクルマは

映り込みがあるのでそれより下方向に設置。

今回はステーをつけての設置 こちらもクルマ毎に変えていく予定。

IMG_0500
IMG_0494(1)



USBポートにメモリーを差し込めば、全4カメラ(前後左右)の画像を

ドライブレコーダーとして記録可能。

しかも、設定にてエンジン停止後の映像も

30分・1時間・3時間・5時間・12時間・等 記録時間を設定できます。

こちらの画像はまた公開します。

ということで、現状のお車からドライブレコーダーとバックカメラは不要になります。









  
Posted by peach512 at 18:40

January 25, 2018

ディフェンダー Td5


26994043_1657208464359345_2916658456182147417_n

先だって納めさせていただいたディフェンダー。

とてもいい写真を撮らせていただきありがとうございました。


こちらのディフェンダー RANGERSお得意のTdci ではなく、

あまり整備実績の少ないTd5  のほうです。

結論から言うと、Td5の整備は昔から行っている専門店の方がいいかもしれません(笑)

弊社では引き出しがまだ少ないですね、整備に時間を要したのも要因があります。

ということで、Td5のメンテナンスは弊社販売車両限定となることでしょう。


今回も過去にきちんとしたところで整備をしている車両ということだったのですが、

蓋を開けてみれば、修理箇所も多数あり、想定外の費用と時間がかかってしまった。


その際たるメンテナンスがこれ

インジェクターハーネス交換

エンジンハーネス交換

DSC08755



DSC08757
DSC08758
DSC08760DSC08762


Td5ではよくあることだけど、おまけにハーネスには種類があり、

AC有り無しとあるので、エアコン付だと思ってオーダーすれば、

装着しているエアコンは後付製のものなので、ハーネスはすんなりつかず

といった具合で、普段あまりやらないエンジンは効率の悪いさ抜群です。

その他にも、足回り、電装系、ドアロック系など諸々のメンテナンスが加算。

ノーマルのTd5の加速感の低さにも驚きながら、サブコンをいれると見違えるような

加速レスポンスを得られるなど、これがディフェンダーなのかと思うところもあるけど、

ディフェンダー=PUMA Tdci と認識している弊社としては、まぁ今後の取扱いも

最低限にしていこうと営業サイドしては思う今日この頃です。


とは言え、オーナー様には大変お喜びをいただいたので、すべてそこで今までの苦労は

消えてなくなりました。

ありがとうございました。





  
Posted by peach512 at 17:32

January 21, 2018

使い易さをもとめて +α



IMG_4846(1)


さてこちらはなにかわかりますか?

ディフェンダーPUAM TDci 用の部品ですが、

こちらをこれからちょっと加工していきます。

こちらはヒーターレジスターになります。



なぜ、加工が必要なのかは、オーナーでないわからないでしょう。

実際わたしたちもデモカーであるディフェンダーにのっていたからこそ、

気付いたことでもありました。


ブロアレジスター別に壊れたわけではありません。

クラシックは交換時期来ておりますけど(笑)

時間があればやろうと思っていたことが、出来なく何年も経過してしまいました。


今年は、やろうと決めたことはどんどんやる。

そんなふうな1年にしたいと思います。

加工がどうなったかは、完成次第ご報告します。
















  
Posted by peach512 at 18:02

January 09, 2018

DEFENDER Bespoke Selection.





DSC_0916DSC_0921


 フルレザー張替 外装色 ケスウィックグリーンにして、

 内装色をキャメルブラウンといたしました。


DSC_0913
DSC_0914DSC_0934



ディフェンダーとは思えない仕上がりとなっております。

カスタムできる許容が多いのがディフェンダーの特徴ですね。


DSC_0915

オートサロンに持ち込みたくなるほどのインテリアになっています。

DSC_0924

もちろんぬかりなく3rdシートまで全て総張替となっております。

DSC_0937


ディフェンダー 二度とこのようなクルマが新モデルででてくることはないでしょう。

いまあるディフェンダーをとことん楽しむ、おそらく生涯、ある時期に人間が作った

これがクルマという乗り物。

今となっては遺産といっても言い過ぎではないでしょう。

この価値ある遺産を手にした幸運なオーナーは限定されますが、

今後もその遺産をさらに発展させ、そして新しいオーナーへの引継ぎ役としても

まだまだRANGERSにとってもディフェンダーは重要なクルマです。




  
Posted by peach512 at 18:27

December 21, 2017

ビスポーク セレクション センターアームレスト

DEFENDER Bespoke Selestion.

購入時以外でも、点検時、車検時など無限に広がるディフェンダービスポークセレクション。

アフターマーケットは部品ばかりでなく、こうありたい、こうしたいなど

とにかくいじって自分だけのクルマを作ってください。

全力でお手伝いいたします。 


DSC_0947


こちらは、ノーマルのキャビーボックスの蓋をちょっと膨らませて革張にしてみました。

ノーマルはけっこう薄いので、硬さと高さを出すにはこちらのカスタムがお勧めです。

前回キャビーボックスを社外製に交換する方法もありましたが、

社外製のキャビーボックスの入荷がとにかく時間がかかります。

レザーシート張替えと同時に行うとな効果的ですが、単品での張替えも

いいのではないでしょうか。



  
Posted by peach512 at 16:41

December 17, 2017

ステアリング巻き直し

2017-12-19-14-56-19


ステアリング 巻き直し   

インテリアに合わせてグリーンの本革で巻き直しを施工しました。

まさにオンリーワンのステアリング

2017-12-19-14-56-25


こういう職人がいないと、カスタム業界は成り立ちません。

この時期ステアリングの巻き直し新調も大変多くリクエストを頂いております。


年内の受付は終了しました。




  
Posted by peach512 at 14:33

December 12, 2017

アップデイト 

IMG_4653(1)


キャビーボックスを社外製のものに変更。

オーナーは高さが欲しいということで、高さのあるキャビーに変更しました。

実際はしたに下駄を履かせて高めに設定しました。

運転中の肘掛がほしいということで、アームレストの無いディフェンダーは

そのように思っているオーナーも多いのではないでしょうか?

IMG_4654(1)IMG_4655(1)

 
もちろんドア側の肘掛も装着しました。


IMG_4652(1)

こちらは左右別のドアに引っ掛けるタイプの肘掛です。




IMG_4656(1)

そして、ペダルもアルミペダルに変更しました。




IMG_4658(1)

相変わらずダイヤモンドステッチのシートは高級感があります。


IMG_4659(1)

フロントに装着のレカロシートはBRLオリジナルベースフレームにのせてあるので

ディフェンダーで多く見られる、異常に高くなったりしません。

こちらのベースフレームも残り僅かとなってきました。

このたびはありがとうございました。

  
Posted by peach512 at 13:49