August 28, 2016

ホイールベアリング フリーランダー2

フリーランダー2 走行中の異音

いわゆるゴーゴー下から鳴っている症状。

当初は。劣化したタイヤの音だったり、トランスファからの異音とも思えたが・・・・・。

きちんろ点検をしてもらったところ、やはりホイールベアリングからの異音が大きいことが判明。

走りながらの点検のほか、最後は車両を持ち上げて車輪を回しての確認作業。

走行は8万K程度  しかも鳴っているのは片側のみ。

IMG_4465

こちらが装着していたベアリング  参考までに分解してみました。

IMG_4467

異音していない方のベアリングの中味  問題なく綺麗でした。


IMG_4466

こちらが、ゴーゴーものすごい音がしていた方のベアリング中味

錆が確認できます、しかしこれであれだけの、異音ゴーゴーがするとは・・・・・。

このわずかな変化ですが、実際走り出すととんでもない音がする。

IMG_4468



足回りはイヴォークとも多くの部分を共有するので、おそらくこういった症状等も

今後はあるのでないかと思います。

ハブベアリングは非常に重要なパーツであることは言うまでもありません。

もちろん交換後のテストでは、異音は見事に消え快適になったことは言うまでもありません。








  

Posted by peach512 at 13:47

May 27, 2011

フリーランダー2

フリーランダー2 が インドで製造はじめたよというニュースの紹介です。

フリーランダーは、ランドローバーの入門車としてベストな車なので、

もっともっと台数を売って欲しい車輌だと思います。

私の知り合いで、 乗られてる方がおりますが、乗り易い 使い易い大きさ

大変絶賛しております。

そういえばレンジャースにはフリーランダー2のお客様はまだいないかも・・・・。


まぁ 親会社のお膝元なので英国製じゃなくても、いいのかなと思います 台数を伸ばすには・・・・。

bsk1105280504002-p1

印自動車大手タタ・モーターズは27日、同国西部プネーにある工場の操業を開始した。傘下のブランド、ランドローバー車の組み立てラインとして稼働し、高級車需要の高まる新興国市場への供給を強化したい考えだ。

 プネー工場で生産される最初のモデルは、コンパクトSUV(スポーツ用多目的車)の「フリーランダー」。印政府は輸入車に対し100%の関税をかけるため、現地生産への切り替えはタタにとってのコスト削減につながる。同社の英高級車部門、ジャガー・ランドローバー(JLR)のラルフ・スペス最高経営責任者(CEO)は、ムンバイで記者団に対し「ブランド戦略の重点地域を、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に代表される新興国市場に置いている」ことを明らかにした。一方で、プネー工場の生産能力に関してはコメントを控えた。




画像 009

とフリーランダー2のお話の後で

大変珍しいフリーランダー2が修理で入庫いたしましたので

ちょっとだけご紹介。

左ハンドル  マニュアル6速 です。 

画像 011

3.2 直6 エンジンではございません。

TD4 2.2 150PS ですが

なんとも素晴らしいエンジン  絶対に日本導入して欲しいNEW TD4 エンジン

画像 017






  
Posted by peach512 at 19:27Comments(0)TrackBack(0)