February 27, 2014

レンジローバースポーツ ナビ(インダッシュ)取付

レンジローバースポーツ  今となってはスポーツ1と区別すべきか。

今回はスポーツに社外ナビの取付を行いました。

レンジローバースポーツ  個人的にも、とてもいい車(いい大きさ)なんですが、

どちらかというと、あまりランドローバー慣れしてない人がオーナーには多い気が個人的にはします。

カイエンとかの延長で買う方が多いのかな・・・。



このクルマ 実は社外ナビ取付は結構大変なクルマです。

3rdレンジローバーと要領は一緒ですが、スペースがない分作業が大変。

3rdの後期以上に時間が掛かる作業なので、弊社では工賃は一番高く設定されております。


理由は、純正のモニター位置に社外ナビを入れるのですが、

奥行きがない、モニター裏はすぐダクト等いろいろありますので、

そのまま入れたら、純正のオーディオパネルより飛び出してしまう状態になります。


素人さんが無理くり突っ込んだのを見たことありますが、無残な状態です。

とても800万円〜1000万円越えするクルマのインテリアではありません。



ナビ・オーディオ取付において何より大切なのがセンスです。

つけばいいというわけでは当然ありません。

職人の技もありますが、やはり私は最後はセンスだと思います。

弊社のメニューに載せられるセンスか否かが重要です。

P2263640

見事に取付完了  サイバーナビVH0009シリーズです。

ちなみに、2DINタイプ(ZH系)はNGです。  画面は収まりますが、モニターが開くので

スペースが足りません、そうなるとなると純正インパネを削って加工して作らないといけなくなくるので、

コストがさらにかかりますので、現実的ではありません。


よってスポーツには、インダッシュタイプ限定になります。

※ただし、純正モニターはそのままに、純正オーディオ部を移植して、

そこに社外ナビ2DINを入れるという方法もあります。

モニターがタンデムになるイメージです。 しかし、見た目の印象はちょっと疑問かな。



モニター側は上でも下でも構いませんが、見た目的には下でしょうね。

今回もお薦めして下側にモニター、上部に本体を置きました。



P2263639


レンジローバースポーツのポイントは、

\攤錣鉾鷯錣忙間が掛かること。

▲淵喙茲衂佞韻離好董爾硫湛の製作

に時間がかかるということです。 後は3rd等の大きな違いはありません。

P2263629

純正モニターは、助手席グローブボックスへ移動。

このように手前のスイッチも後々の操作が可能なように移動済。

グローブボックスもわずかながらのスペースは確保できます。




P2273659

収まり方もまさにパーフェクト。

上部とサイド部分のパネルも製作しております。

キットとしての販売もしないわけではありませんが、

簡単に装着できるというわけではないので、理解と技術のある方向けになりますね。


社外ナビに取付時間 切削加工等含)手間がかかるランキング


1位 レンジローバースポーツ  インダッシュナビ

2位 クラシックレンジローバー インダッシュナビ

2位 3rdレンジローバー後期 ナビ

4位 3rdレンジローバー前中期 ナビ

5位 4Thレンジローバー ナビ

6位 イヴォークナビ ナビ

7位  ディフェンダー2DINキットナビ

といった感じでしょうか。

ナビ取付に重要なのは、場数とセンスだと言えます。







  

Posted by peach512 at 22:33

October 10, 2013

KHAN カーン 

KHAN 

イギリスを、いやヨーロッパでも超がつくほど有名ないわゆるカスタマイズカンパニー

自社でオリジナルの製品や新車のカスタマイズカーを販売している。

おそらくというか完全に富裕層がターゲットとなっていると思うが。


私見として、日本では自動車文化がかなり遅れている部分もあり、あまりこのような会社はメジャーには

なっていないような気がする。

しかし日本のいわゆる関連カンパニーもこの逆境の中よく戦っていると中味を知ればわかってきます。

昨今のクルマ離れとかいうようなレベルではなく、私は日本の自動車文化の未熟さだと思っている。

PA092469

こちらは3rdレンジローバー 欧州ではすでにカスタマイズの世界でも4thにバトンタッチしたが

日本の市場ではまだまだ当面は3rdが主役。

販売台数でも2002年〜2012年位まで約10年間セールスしていただけあって、

都内では圧倒的にレンジローバーと言えば、3rdレンジローバーを見かけます。

PA092481

ど派手なスタイリングキットだが、やはり漂うオーラーはノーマルのそれとは別世界。

まだまだ日本での認知度は低いカーンだが、今後弊社は積極的にカーンの製品等の

販売をしていこうと考えております。

新車だけでなく、中古車もまだまだブラッシュアップしていかないといけないので、

3rdレンジローバー ディフェンダー に続く3代目のカーン仕様として、

レンジローバースポーツのカーン仕様も出来れることなら日本でお披露目したい。

いつになっても課題は続く。

12305
10268





バッキンガム宮殿でサッカー(フットボール)


fa-500x333

さすが英国 懐が深い。


5798_large


エリザベス英女王のロンドンの公邸、バッキンガム宮殿の庭園で7日、史上初のサッカー試合が開催された。


日本でいう皇居内でこういうことは出来ないだろうなぁ。






  
Posted by peach512 at 14:21

September 28, 2013

Loire Blue ロワールブルー

ディフェンダーとレンジローバースポーツSE

LR-TDV6 3.0 Litre Diesel Engine
の購入検討の方向けのカラー参考画像のご紹介になります。


ディフェンダーも現在はロワールブルーになります。

画像はスポーツになりますが、カラーの色目はだいたいわかるかと思います。



201307021305-201307021305-loireblue_v6supercharged_014

2014_range_rover_sport_272_1920x1080

2014_range_rover_sport_267_1280x960

2014_range_rover_sport_262_1920x1080


201307021305-201307021305-loireblue_v6supercharged_149
942

しかしこのスポーツ

英国で一番安くても日本円で900万円近い

これを輸入となると経費だけでも軽く1000万円は越えてしまいます。

なかなかの価格です。

ポンドも最近は強くなっている傾向が続いているので益々英国からの仕入れは

規模しい状況は続くが、企業努力と拡販に今後も精進したいと思います。


個人的にはやはりこれよりは安く買える イヴォーク SD4 

そしてディフェンダー魅力は今は感じる。

それでもスポーツを購入できる人は羨ましい。

10月よりディフェンダーを除く全てのランドローバーの新車は2014年モデルに

切り替わります。
















  
Posted by peach512 at 13:54

April 06, 2013

レンジローバースポーツ サーモ水漏れ



レンジローバースポーツ サーモスタット付近の水漏れ

DSC08367


最近実は多くなってきました。

DSC08368

さてどこから漏れているのでしょか?

単にガスケットを交換すれば直るといった感じではなさそうです。

DSC08369
取外すには諸々周辺の部品も外さなければ取外せません。

DSC08426

これだけの漏れがすでに発生しておりました。

DSC08425

隠れて見えませんがこの中にサーモスタットが内臓されております。

DSC08421

今回の選択は、サーモスタットハウジングASSYを交換をお薦めしました。

これが正しい選択かと思われます。

やはり弱いかなぁ 水周り・・・・。

走行5万K台でこれですので、やはりメンテナンスは重要です。







  
Posted by peach512 at 19:52

March 26, 2013

ALL-NEW RANGE ROVER SPORT

901939_553271708039215_632546697_o


レンジローバースポーツのお披露目会

884984_555422951157424_462344778_o

ロンドンではなく、ロスでもなく、ニューヨークってのが、にくいです。


480768_555779061121813_1119813578_n

しかも、これはないよなぁ

私が某ドイツ車ファン しかも愛車がSUV系のオーナーなら

絶対 「きたねーぞ ランドローバー」 

「ダニエル使うのは、いくなんでも反則だろう」 って思うことでしょう。


ただでさえお世辞にもデザインがカッコいいといえない、数々のドイツプレミアムメーカーのSUV

日本ではそれなりに走っていますが、恐らくデザインではなく、ブランドやディーラー

だけで選ばれているだけだと思う。

482206_555780131121706_1607653289_n

そんな中で、この演出・・・・・・。

601222_555780217788364_1679070447_n

これをカッコいいといわず何ていうんでしょう・・・・・・・。



10069_555614397804946_1775628494_n

今回のイヴォークから流れのデザインで、私の中では相当の差がついちゃいましたね。

クルマ単体ではもはや比べることがナンセンスなほど圧倒的な差がついてしまった。

レンジローバー と その他のSUV系のクルマ

しかし、日本においては特に販売網では圧倒的に差がつけられているので、

セールスが肉薄することはないと思うが、

新規にレンジローバーをチョイスする人は増えるだろうなぁ。

どっからどうみても、全方位、ライバルと呼ばれるクルマより、圧倒的に

デザインが優れていると断言できますね。

日本のディーラーではガソリン 5.0 3.0 が恐らくラインナップされると思いますが

英国では下記のディーゼルユニットが搭載されるようです。

ご要望があればこちらスポーツのディーゼルエンジンユニットも輸入をしたいと思います。




LR-TDV6 DIESEL

The 3.0-litre LR-TDV6 diesel accelerates from 0-60mph in 7.1 seconds.

Power (hp/kW): 258 / 190

Torque (Nm): 600

Maximum torque (rpm): 2,000

LR-SDV6 DIESEL

The 3.0-litre LR-SDV6 diesel engine accelerates from 0 -60mph in 6.8 seconds.

Power (hp/kW): 292 / 215

Torque (Nm): 600

Maximum torque (rpm): 2,000







  
Posted by peach512 at 15:37

March 18, 2013

2NDレンジローバースポーツ

602030570462499638935556795700n-1-1363190954


こちらが、2代目レンジローバースポーツ

2NDレンジローバースポーツって呼んでいいのかなぁ 

P38とかぶっちゃうかな〜  便宜上はスポーツ2かなぁ

rrback250

ちょっと意外だったのは、世界で最もRRS売れている都市が

ニューヨークだってのは、正直驚きました。

北米はずっと3rdが圧倒的かなと思って、先入観で思っておりました。

それが、ニューヨークだとは・・・・・。

26日がワールドプレミアだったっけ・・・。

イヴォークの流れを汲んでいるデザインだとは聞いていたが、

ここまでくるとは・・・・。

実車はもっとインパクトがあるのかもしれないなぁ



   
Posted by peach512 at 17:24

April 01, 2012

ダイナミックレスポンス

P1000715













ダイナミックレスポンスエラー

すべてはここからはじまった・・・・。

P1000714


レンジローバースポーツ スーパーチャージド 

これには本当に困りました。

詳細はかなり割愛しますが、まさに泥沼にはまったかのような

トラブルシューティングでした。



走行上は特になんら正常に走っていると、、突然エラー音がなります。

「ポッーン」 

なんやなねん  エアサスは正常に動いているし、

一度エンジンを切って、数分経つとそのエラーは消えてしまって、しばらく出てきません。

しかし、数十分乗っていると、またいきなりなんの前触れ無しに、「ポッーン] とエラーが入ります。

専用テスターで調べると、ダイナミックレスポンス バルブブロックのエラーとのこと。

エアサスなどの数値をみても、何ら異常な数値は入っていない。

サービスマニュアルをみると、、対応のリペアキットがにて修理が可能なので

こちらで修理を行えとのこと、早速パーツを取寄せて交換作業に入る。

P1000669
P1000670

バルブ と フィルターの交換を同時行う。

汚れ(金属片)などが、堆積していることもあるという。

こちらの車輌は走行は、僅か2万K以下  金属片などもなく綺麗ない状態であった。

P1000671

ちょうどこんな位置に取り付いております。

さて、交換完了後 テスト走行を繰り返す。

ちなみに、エア抜きは専用工具で行うという、これを怠っては完全にNGである。


1日目問題なくテスト走行を終える、 念のため2日目のテスト走行

長めの試運転  1時間経過過ぎ  またしもて、ポッーンだ。


症状は同じだ・・・・テストも同様のコード。

僅かにエラーが入るまでの時間が長くなったようだ。



ここまで、書けば一瞬だが、実際の道のりは長い。

さて、弊社のように専業店は、まだレンジローバースポーツに関してディ0-ラーさんがまだ

現役モデルだけあって、それほど多くの修理はない。

よって難易なトラブルの引き出しが少ない。 つまり絶対量が少ないために経験実績が蓄積されていない。

通常はここまで行えば、直るという思惑だったが、無常にもエラーは消えてくれなかった・・・・。

ここから先は、経験が豊富なところに相談しながらの作業となった。

結局ここからもわかるのは、過去の症例に従い、本体ユニットそのものを疑うしかない。

ディーラーでもそれほど多くはない作業になるようだ。

P1000771

これが、レンジローバースポーツ バルブブロックASSYである。

今のところ純正しか設定がない

価格は133,550円(税込)します。

弊社ではメンバー車両の方には、25%OFFの102,900円(税込)にて販売しております。


当初交換したバルブとフィルターはもちろんこの本体に新しいものが入っている。

それだって、19,600円 + 13,100円 はする。

これが無駄になってしまう。

しかし、こればかりは致し方ない。

こういう無駄だったり、苦労や労力をつかった経験が、専業店の引き出し=生命線に

つながってくるのだから・・・。

ご協力をいただいた方に多大な感謝を。

納車をお待たせしてしまったお客様にお詫びを申し上げます。


うちもまだまだだなと実感した今回のトラブルシューティングでした。

引出がひとつ増えた経験であったが、リペアキットを行えば直るケースと

本体ASSY交換の判別は、残念ながら不可能といっていいだろう。

よって、順番に行うわけだが、当然 時間と費用もかかる。

リペアキットで直れば、ラッキーということだが・・・・・。

なんか釈然としない。

リスク回避目的なら、最初からASSYで交換を薦めることしかできない。














  
Posted by peach512 at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

October 31, 2011

スポーツの良さ

レンジローバースポーツ スーパーチャージド

の入庫です。


img58684571
img58684596

新車時 1000万越えのクルマが、現実的な価格(?)に

ようやくなってきました。

とにかくスポーツの良さは、大きさ。

このタイト感 2NDレンジローバー譲りの車格が

欧州でも売れている理由かと思います。

他のメーカーのSUVも、ライバル的にはこのスポーツが対象かと

思います。

ヴォーグは、現状ではライバル車はないでしょう。

私はそう思います。




  
Posted by peach512 at 20:34Comments(0)TrackBack(0)

October 15, 2011

カーナビ色々

CAVLAWYO


これは珍しい クラシックレンジローバーにインダッシュナビ

通常は、前期モデルであれば、オンダッシュタイプが主流です。

最近はポーダブルも増えてきましたが・・・・。

レンジャースでは、

クラシックレンジローバー前期モデル カーナビの割合は概ねこんな感じです。

45%・・・・オンダッシュタイプ

30%・・・・カーナビなし

20%・・・・ポーダブルタイプ

5%・・・・・ワンオフ(インダッシュタイプ)

ちなみに私のクラシックレンジローバーはポーダブル+ワンセグフィルムアンテナ仕様です。

しかし、問題がありまして、オンダッシュタイプのカーナビがほとんどなくなってきている。

ほとんどが、インダッシュタイプか2DINタイプになってきている。

理由はあるとしても、上級機種ではオンダッシュタイプは姿を消した。

そこで、かなりニッチなマーケットだが、クラシックレンジローバー前期モデル用の

インダッシュタイプのものを装着できるキットを販売しようかと考えております。

先日入庫したレンジローバースポーツに、これまたワンオフのキットで

インダッシュタイプの」カーナビが装着されておりました。

DSC01508
DSC01506

なかなかの力作ぶりに拍手です。

スポーツは、幅が足りないためちょっと前に出さないと入らないのだが、

うまく処理している。



ということで、今日は午前様寸前まで仕事をして、さきほど帰宅。

夕飯と言うには日付が変わってしまっているので、サラダとワインを軽めにとりながら

ブログを書いている。


TVで流れているニュースをみて気がついたが、昨夜友人と渋谷で飲んだ帰りに、

店を出て歩いていると、やたら歩道に座り込んでいるがいるので、

なんだろうと思ったが、 いまわかった! iPhoneの発売待ちだったんんだ・・・・信じられない。

時間がたしか24時ちょい前くらいだった・・・・。

いやぁ 恐ろしい   その労力というか忍耐力 別のものに使ったほうが・・・・・。

と思うのは私だけでしょうか・・・・。


といいながらも、視点を変えて考え直しました。

熱いファンを取り込むということの大切さを学んだということにしておきます。












  
Posted by peach512 at 01:34Comments(0)TrackBack(0)

September 23, 2011

2011年モデル ナビ装着

レンジローバースポーツ 2011年モデルに

社外ナビの取付が完成いたしました。

今回は、純正のモニターをダッシュボードやリア荷室に移設しないで、

助手席前にインストールいたしました。

理由は、運転席から5カメラの確認や、車輌情報が確認取れるようにいたしました。

DSC01248

こちらが、純正の状態・・・・。


DSC_0075

今話題の サイバーナビ AVIC-VH09CS になります。

見易さを重視して、2DINタイプではなく、インダッシュ式をセレクトしました。

純正のモニターは運転席からも確認できるよう、やや左側にセット。

DSC_0071


2011年モデルに装着するという 初仕事をやってのけてもらいました。

さすがに初作業ということもあり、電気配線 光配線 さまざまなセンサーや回路で

かなりの時間を要しました。

また、パネルのワンオフ制作においても、すべて手作業での作成しております。

いくつかの、残作業と追加作業はありますが、一旦納車とさせていただきました。

  
Posted by peach512 at 13:20Comments(0)TrackBack(0)