October 01, 2016

ディスカバリー3 TDV6 マニュアル



ディスカバリー3 TDV6 2.7 マニュアル モデルの買付いたしました。

1

カラーはレンジャース一番人気の紺系 アドリアティックブルー

4


このボクシーなスタイルこそが、正統派ディスカバリーではないでしょうか。

7

6速マニュアル 3ペダルです。  これがクルマの基本と信じる時代の人間です。

9

グレードはSEなので、ブラックレザーシートになります。

10


12



日本に到着までまってからご紹介という選択肢もありますが、

そうなると、1ヶ月〜となってしまいます。

1台でも多くの良質な英国のランドローバーの日本導入をもくろむ弊社としては

なるべく早めにご紹介していきます。

ご希望の方やご興味ある方ははるはやでお問い合わせください。


こんなことも出来るのも過去の輸入実績があるからこそ。

最新のクルマはもちろんいいんでしょうけど。

そんなクルマにのってみると、ハイテク機能が満載、

さまざまなレーダーアシスト、全方位カメラなど、安全がもっとも優先されているの入は

わかるんだけど、  あまりに過保護な安全装備に半ば呆れてしまう自分がいる。

クルマとはなんだろう?  ということを考え直してしまう。

そういう意味ではディフェンダーは間逆にいるんだなとも思ってしまうけどね。


最新のレンジローバーでは、某機能によって複数車線走行中に横にクルマがある程度距離で

近くなると勝手にブレーキをかけ減速してしまう。

安全のための装備なんだが、運転しているドライバーは怖いなんてもんじゃない・・・・。

あまり短絡的に否定してはいけませんが、人間の5感を使って運転するのがクルマだと思っている

世代にとっては、なんとも余計なお世話な安全装置がどんどんついてきている・・・。



  

Posted by peach512 at 18:53

September 30, 2016

新型ディスカバリー

新型ディスカバリーが登場しました。

日本おいては、待望のディーゼルエンジンがラインナップに加わりました。

本国では2.0(4気筒)と3.0(V6気筒)のディーゼルエンジンのようですが、

日本では、3.0ガソリンと3.0ディーゼルエンジンが選べるようになったのは

大幅な進歩かと思います。   とはいえ、遅過ぎるという声も多く聞きますが・・・・。

後手後手といわざる終えない感もありますが、なんといっても天下のディスカバリーですから・・・。

なんでディスカバリー5ではなく、オールニューディスカバリーなのかはこのデザインだからでしょうか。

L462_17_EXT_LOC27_HSE_Device-Desktop_680x450_281-259202_670x385


早くもファーストエディションも登場したようなので、早速売れていくのかなぁ

3.0リッターTd6 V6 ターボチャージド・クリーンディーゼルエンジン(8速オートマチック) \10,360,0000~

本国では£68,295 なので価格的には良心的?かな

3.0リッターSi6 V6 スーパーチャージド・ガソリンエンジン(8速オートマチック) \10,160,0000~


価格には目を疑いましたが、1000万円越えです。

しかも、〜ですからから   



ディスカバリーはプレミアムSUV 高級車としての位置付けであることは間違いないですね。


Td6 DIESEL
AUTOMATIC (4WD) 3.0 litre Diesel (258 PS)

  • LENGTH 4970mm
  • WIDTH 2220mm (mirrors out) / 2073mm (mirrors folded)
  • HEIGHT 1888mm
  • 全長 4970mm
  • 全幅 2073mm(ミラー格納時)
  • 全高 1888mm

かなり大きくなりました。


これを街で見かける日が待ち遠しいですが・・・・。



ということで、新型ディスカバリーはジャガーランドローバーディーラーですが、


弊社RANGERSでは、引き続き日本未導入の本国のUSED CARを取り扱いますので、


中古車で本国ディーゼルモデルをご希望の方は御気軽にお問い合わせください。


3rdレンジローバー      TDV8 3.6 / Td6 3.0


レンジローバースポーツ1  Tdv8 3.6 / Tdv6 2.7


ディスカバリー3        Tdv6 2.7


イヴォーク           2.2SD4 


ディフェンダー         2.4/2.2 Tdci



ディスカバリー4 レンジローバースポーツ 3.0SDV6 は来春以降の予定。


canvas


個人的にはどうしてもこのリアスタイルは、ディスカバリーとは思えない。











  
Posted by peach512 at 18:34

June 28, 2016

Arctic Frost – TDV6 Disocover3 MT

貴重なカラーの【名車】ディスカバリー3の入庫です。

私もはじめてみるカラー「Arctic Frost」 – アークティック フロスト と呼ぶのでしょうか。

フロストフラワーのイメージなんでしょう。

当初シルバーかと思いましたが、よくみると薄い水色というか、光によっては薄いグリーンっぽくも

みえます、なんとも珍しいカラーです。


P6293144


写真じゃ伝わらないなぁ やっぱし。

P6293151


frost_blossoms570

イメージはこんな感じかなぁ


しかもこちらの車両は、ガソリン車ではありません。

P6293150

 バランスにすぐれた名機 TDV6 エンジンです。

P6293146


そして、こちらはオートマチックでもありません。


P6243059

P6293148

ディスカバリーにはよくあう マニュアルトランスミッションになります。


日本に上陸したばかりのディスカバリー3 TDV6 2.7TDV6 MT

しかも、貴重カラー

これは売れきれ間違いなしです。

P6243038






わかり易い感じのスポーツの画像がありました、光によってはこんな風にもみえます。

38580455


  
Posted by peach512 at 20:42

May 10, 2016

TDV8  君臨

ようやくポスト新長期排ガス規制改善検査を終えて入庫しました。

当時のこのエンジンは、向こうで言うEU4エンジンですが

何度も言うように、ユーロの規制は日本の排ガス規制とは

別物なので、同じに考えないことですね。 シロウト的にはどうもユーロ5がどうのこうの、6がどうのこうの

いうレベルの話になってしまいますが、ナンセンスなのでやめましょう。



'08 RANGE ROVER VOUGUE TDV8 3.6

Twin Turbo V8 32valve Diesel 

271hp/@4,000rpm   640Nm@2,000rpm

当たり前ですが、4.2 Supercharged V8 エンジンを上回るトルクを

低回転から発揮します。

これに乗ったらガソリンには戻れませんとよく聞きます。

V8のディーゼルをぜひ一部の方にご堪能していただきたいと思います。

P5182103P5182096




Stornoway Grey   IVORY/JET 

Burr Walnut 


P5182092P5182099


今回は、イタリアモデル 左ハンドル

ワンオーナーモデル 整備記録簿付を輸入しました。

近々お目にかけられると思います。




  
Posted by peach512 at 12:07

March 03, 2016

ディスカバリー3 TDV6 ジャバブラック

ディスカバリー3 GS 2.7TDV6   入庫しました。

DSC_0470

ジャバブラック RH 7人乗り

DSC_0479


DSC_0585

英国モデルになりますが、オーディオシステムは前オーナーが弊社にて

2DINナビをインストールしておりますので、むしろ国内モデルよりも

快適な仕様になっています。

パナソニック CN-RS01D 

DSC_0628

DSC_0640


快適なTDV6をぜひ日常の足としてお使いいただければ思います。

まさしく、道具としての完成度はディスカバリー至上1だと思います。


そしてディスカバリー3の特徴でもあるフルフラットになる室内に

シェラフを使えば、まさしくそこはホテルディスカバリーと変身します。

DSC_0658


  
Posted by peach512 at 17:28

August 22, 2015

かき回しという選択

S__7856174


見慣れたディスカバリー3のインテリアだが、シフトが違う

この違和感がたまらない、今後生存の危機に瀕していると言っていいマニュアルモデルである。

やはりクルマはかき回しと思っている方、案が多いと思うんだけどなぁ。

しかし、一人1台と言う方は別として、一家に一台となれば、

家族が運転する、奥様がお子様が運転するとなると、

やはりオートマチックしか選択肢がなくなるのも事実です。

スマホと一緒でクルマはやっぱり、自分のが欲しいですね。


スポーツカーと呼べる車両には間違いなく残ると思われたマニュアルもいまや、DSTやセミオートマが主流

となっている、公道ではラップタイムなんて関係ないので、シフトアップやシフトダウンは

遅くても自分でやるべきと思いますが・・・・。


マニュアルだけの頼みのディフェンダーはなくなるし、

ディスカバリーも4となった今オートマチックしかなくなっている。

なんだかなぁ 変な方向にクルマは向かっている気がしないでもない。

もっといろいろな選択肢が必要ではないかと。

どんなにコンピューター化や自動化が進もうと、人間がアナログないじょう、

アナログとの相性を考えてもらいたい。

時計でいえば、デジタル時計ではなく、アナログ時計のほうがしっくりくるという感覚。

料理で言えば、機械が作る料理ではなく、人間(料理人)が感性と経験で作る料理や

自ら作ることを楽しむバーベキューなど、 人間にはアナログが重要だと言いたいんですわ。

S__7856176
S__7856175

シフトポジションはメーター内で確認できるご丁寧な設計。

これでビキナーにも安心(笑)

この機能、実はディフェンダーにあってもいいかと個人的に思います。

だって、一部の方ですが、普通に3速スタートする方がいらっしゃるので(笑)

当然エンスト(笑) 

ディーゼル+マニュアル はアナログの理想とも思えるんだが・・・・。

と言うことあり、ディスカバリー1やディスカバリー2という

いわゆるディスカバリーの流れを正しく継承しているのは、このディスカバリー3

しかも、ディーゼルではなかと思います。

それにマニュアルがプラスされれば、これはもう言うことはありません。




  
Posted by peach512 at 13:18